fc2ブログ

英国医学研究留学記

Credit crunch

R0010781.jpg
GRD2 ISO400 f8.0 1/1000s
月曜の夜から火曜日にかけて、米国の下院での金融安定化法案が否決された事がずっとトップニュースでした。
連日トップニュースは世界規模の景気縮小・経済危機の話題です。
日本の新聞のweb siteでは、それなりに大きく取り上げてはいるものの、そこまでクローズアップされている様に見えないので、なんだか随分温度差があるなあと思います。
昨日今日の朝日新聞のweb siteは、メインは内政と三面記事的事件の報道がメインで、世界経済ではありません(と言う様に僕には見えます)。
BBCの記事に依ると、ひとえに、バブルで荒稼ぎしたウォール街の金持ちをなんで75兆円!も税金を投入して助けないとあかんのやと云う一般市民の反発に、次期選挙を睨んだ議員達が敏感に反応した形のようです。

僕の専門領域の研究者と会って話をすると、ブッシュ嫌いは相当根強くて、米国のどこへ行っても良く云う人がいませんでしたが、一般市民にも支持されなくなって来ているのでしょうか。
驚いたのは、ブッシュの支持基盤である共和党議員の大半が反対票を投じている事です。
日本の自民党では考えられない事ですね。
何れにしても、日本はイザ知らず英国の経済は世界規模の経済との連動が強いので、米国が速く安定してくれないと我々庶民の生活を直撃しているので、早くなんとかしてもらいたいです。
経済システムが大きく変化しているので、1929年の株価暴落から始まった世界恐慌の様にはならないだろうとの大学の経済学の教授のインタビューを月曜日の夜のBBCニュースで流していましたが、最悪なことにならない事を祈るばかりです。
月曜の(英国時間の)晩に、直ぐにゴードン・ブラウン首相は米国に向けてメッセージを発信したようですが、世界規模の金融危機に我々が直面しているにもかかわらず、日本の政治は全く存在感が感じられず(と言うより関係無いかの様な第三者的立場に立っている様な気もします)、「何してるねん」という率直な感想です。
日本もそんなに景気がいい様には思わないのですし、勝手に独り相撲で米国が転けて相対的に円が強くなっているだけの様な気もするのですが、日本経済がそれほど強いのでしょうか?
学生時代は理系にありがちで経済等みじんも興味が無かったのですが、ちゃんと勉強しておけば良かったと少し後悔(今からでも遅くないかもしれませんが)。

写真はKing's CollegeのMedical School内の建物です。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/10/01(水) 09:51:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<HIBワクチン | ホーム | 霧のロンドン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/85-ae23bf9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード