英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Vienna day3 (2)

R0019006.jpg
GRD2 ISO80 f4.5 1/200s
今回の旅は、暑さとの戦いの様相を呈してきました。
高々、最高気温30℃くらいなんですけどね。
Sisi博物館も空調が無く、しかも人が一杯で、特に子供たちがばてばて。ハプスブルク家の宝物なんかも展示されているほかの建物も有るのですけど、皆が気力を失ってしまったので、エリザベートゆかりの展示を見た後は、ひとまず一服することにしました。

ホーフブルク城の隣のVolksgarten(訳すと国民庭園、凄い名前だ)のカフェへ。
庭園内は芝もきれいに手入れされていて、皆のんびり過ごしています。

R0019004.jpg
GRD2 ISO80 f4.5 1/200s マクロ
公園内のVolksgarten Pavilionという名前のカフェへ直行。
娘はウィーンへ来て甘いものばっかし、バナナパフェをチョイス。美味しかったそうです。

R0019005.jpg
GRD2 ISO80 f6.3 1/640s
欧州の公園はどこへ行ってもきれいに整備してありますが、特に花がきれい。

R0019007.jpg
GRD2 ISO80 f8.0 1/800s
結構この公園も広いんです。5℃気温が低かったら、気持ちよかっただろうなぁ。

R0019008.jpg
GRD2 ISO80 f6.3 1/640s
水分と甘いものを補給し、このまま次の目的地へ。
リンクを挟んでお城の反対側にある美術史美術館を目指します。

vienna staatsoper - Google マッフ#12442;

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2011/09/16(金) 19:04:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<Vienna day3 (3) | ホーム | Vienna day3 (1)>>

コメント

こんばんわ~

やっぱりヨーロッパの公園はステキですね~v-398
お手入れは大変なんでしょうけどきちんと短く刈ってある芝生とカラフルなお花
噴水と彫刻も欠かせませんっv-46
ただあちこち歩き回る観光客にとって暑さは危険です
水分と糖分の補給はきっと大正解です~e-287
  1. 2011/09/17(土) 12:19:15 |
  2. URL |
  3. yo #vYXebdWU
  4. [ 編集]

ウイーンシリーズ、素敵すぎてため息ばかりです。
いろいろ、実にいろいろなことで壁を破りたいと思う今日この頃ですが
まずはやはりカメラをもって、コンチネンタルを放浪したいです…
  1. 2011/09/17(土) 14:05:58 |
  2. URL |
  3. kk #1jhbtX.k
  4. [ 編集]

Re: こんばんわ~

yoさん
こちらの公園は、ほんと、きれいにしていますね。芝と花がいつ観ても感心するくらいきれいにしてあります。
暑さは、ほんと、きつかったです。日本から来た人たちは、きっと日本よりは気温も湿度も遥かにましなので、居心地が良かったのかも知れあせんけど、寒いロンドンに慣れきってしまった僕たち家族にはきつかったですね~。宿泊しているホテルの近所のスーパーで、毎晩2リットルほどミネラル・ウォーターを仕入れていましたからね。
  1. 2011/09/17(土) 21:48:40 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

kkさん

オーストリア、むっちゃお勧めですよ。ウィーンも良いけど、ザルツブルグも良いんです。
ウィーンを楽しむには、すこし予備知識が有った方が良いかも知れませんね。
特にリンクなどの著乗りを理解するためのちょっとした歴史的背景、19世紀末の芸術運動に簡単なハプスブルク家の歴史、それに映画「第三の男」を復習してあらかじめ観ておけば完璧かも。
まあ、そんなこと知らなくても、秋冬にはコンサートなどを楽しめますし、オフ・シーズンでも「音楽の都」の雰囲気は十分楽しめますけどね。
  1. 2011/09/17(土) 21:52:55 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/834-220b50a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。