英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Vienna day2 (2)

R0018959.jpg
GRD2 ISO80 f7.1 1/640s
シェーンブルン宮殿のカフェで一服し英気を養った後、次の目的地へと移動です。
次は、ベルベデーレ宮殿(Schloss Belvedere)を目指すことにしました。
そのためには、一度、Karlsplatzまで戻る必要がありますので、地下鉄U4線で戻ってきました。
写真は、建築家オットー・ワーグナー(Otto Wagner)が設計したカールスプラッツの駅。この建築家も19世紀末に活躍した世紀末の人物で、町中にはこの人が設計したマンションなど、どれもがインプレッシブな建築がいくつも有ります。

カールスプラッツ駅の地上にこのようなアーチが二つ対になっていて、片方がカフェ、もう片方が地下鉄への入り口および博物館になっています。

R0018960.jpg
GRD2 ISO80 f5.6 1/500s
ベルベデーレ宮へ行くには、トラムのD線に乗って行くことにしました。これを捕まえるためには、一度リンクまで出ねばなりません。

その途中に、見えてきました!音楽好きにはたまらない、これは楽友協会、ムジークフェライン(Musikverein)です。ウィーンのニュー・イヤー・コンサートが行われる場所というとピンと来る方が多いのでは。そして、ここはウィーン・フィルのホームでもあります。

悔しいかな、この時点で後2週間もすれば音楽のシーズンはスタート。楽友協会の掲示板には、例えば9月6日(この記事を書いている日から4日前)にはシカゴ交響楽団がリッカルド・ムーティ(Riccard Muti)指揮でプロコフィエフの「ロミオとジュリエット」を演奏するなんてポスターなんかが張ってあったり。写真の右下にはクラウディオ・アバド(Claudio Abbado;2002年までのベルリン・フィルの指揮者)氏の名前も見えていますね。9月28日にOrchestra Morzartを指揮してモーツァルトの「ハフナー」やメンデルスゾーンの交響曲「イタリア」をやるみたい。実は、卒業旅行で、音楽好きの同級生W君(6月7日の記事に登場したW先生と同一人物です)と、ここへ当日券を買って聞きに来ました!18年前のことです。その時はウィーン・フィルのコンサートは滞在期間中は無くて、ジュゼッペ・シノーポリ(Giuseppe Sinopoli;2001年に心筋梗塞で急逝)指揮ドレスデン・ザクセン州立管弦楽団でシュトラウスの曲を数曲とメンデルスゾーンの交響曲「イタリア」でした。また聞きに来たいな。

R0018961.jpg
GRD2 ISO80 f6.3 1/640s
トラムD線に乗り、Belvedere駅で下車すると、目の前が宮殿です。ハプスブルグ家に仕えるプリンツ・オイゲン(Prinz Eugene)公の夏の宮殿として建てられたものです。

R0018963.jpg
GRD2 ISO80 f8.0 1/800s
現在は、美術館として使われています。ここの魅力は何と言っても19世紀末のウィーンを代表する画家、グスタフ・クリムト(Gustav Klimt)の最大のコレクションが有ることでしょう。残念ながら館内は撮影禁止(皆ぱしぱし撮っていましたけど)。興味の有る方は下記URLを参照。
http://www.belvedere.at/jart/prj3/belvedere/main.jart?rel=en&content-id=1169655781728&j-dummy=active&reserve-mode=active
有名な「接吻(Der Kuss)」「ユディトI(Judith I)」もここに展示されています。

この画家は僕の好きな画家の一人ですが、妻もとても気に入ってくれたようです。子供たちは空調が利いていて涼しかったのが良かったみたい(笑)。

Musikverein - Google マップ

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2011/09/10(土) 21:58:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<Vienna day2 (3) | ホーム | Vienna day2(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/828-21af3823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。