fc2ブログ

英国医学研究留学記

珈琲


GRD2 ISO400 f4.0 1/250s
今日は朝から肌寒く、小雨がさめざめと断続的に降っています。
天気予報に依れば、週末に向けて高気圧が張り出して改善するらしいのですが、どうなる事やら。

英国と言うと紅茶の国と言う印象があります。
それは全くその通りだと思います。
実際に、スーパーで紅茶を皆さん沢山買って行きますし(意外に思われるかもしれませんが、ティーバックを買って行く人が多いんですよね)、僕の住んでいるフラットの一階に住んでいるおばあちゃんも、毎日紅茶は欠かせないと言います。
でも、研究室で周りを見渡すと、結構みなさんコーヒーもよく飲んでいます。
それもインスタントではなしに、わざわざ挽いた豆からコーヒーを入れて飲んでいる人も結構いるのです。

英国に来てすぐに思ったのは、日本で飲むよりも自宅で入れたコーヒーと紅茶がとてもおいしい事です。
一方、緑茶は日本から良いやつを持って来ていてもなぜか全然駄目です。
ほうじ茶は大丈夫です。
本当か嘘かは裏を取っていないので解りませんが、コーヒーと紅茶には硬水が、一方緑茶は軟水でないとうまくないと聞きました。
もし詳しい方がいらっしゃれば、教えてくださると嬉しいです。

日本では一時期シアトル系と言われるコーヒーショップが次々と入って来て、ちょっとしたブームでした。
最初は東京でしか見ることが出来なかったスターバックス(大阪流に言うと、スタバ)も、いまや日本では至る所で見つけることが出来ます。
大阪にはスタバがまだ入っていなかった頃、銀座のスタバに弟と二人で入って初めて飲んだときには、「へぇ、うまいもんやな」と驚いた事を覚えています。
話が脱線しますが、シアトルにいる有名な先生(研究者、米国人)に会いにシアトルを訪問した際に、スタバの一号店に連れて行ってもらいましたが、すごく小さい店舗なんですね。
小さなお店からいわば世界を制覇したサクセス・ストーリーなのでしょうが、彼に云わせると、スタバよりも味の良いお店はシアトルにはいっぱいあるよと言っていました。

さてさて、ロンドンではシアトル系はスタバしか見かけません。
ここではチェーン店ではCOSTAやCoffee Republicといったお店をよく見かけます。
始めはスタバに妻と入っていたのですが、おそるおそる他のお店で飲んでみると、なかなかどうして、香りも味も僕のストライクゾーンのど真ん中だったりして、最近はすっかりスタバからは足が遠のいてしまいました。
チェーン店でこの味なので、地元の拘った親父のお店とかもしあるとしたらどんなにおいしいのかと思ったりしますが、なかなか外出したときに子供連れでちょっとコーヒーでもと思える店構えが少ないので、未だにそのようなお店に出会えていません。
写真は、妻と二人で今はまっているCoffee Republicのお店で出してくれるラテ用のマグカップです。
実は英国はコーヒーもおいしい国だったのでした。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/10/15(水) 08:57:00|
  2. 英国
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<ラベンダー | ホーム | ウエストミンスター寺院>>

コメント

こんばんわ~

フランスならクロワッサンとカフェオレって感じですけど...
イギリスはやっぱり紅茶とスコーンていうイメージですねぇ~v-273
エスプレッソ系のコーヒーはちょっと意外ですっ
去年シアトルのパイクプレースマーケット行ったんですけど...
1号店が見つかりませんでした~v-390
  1. 2008/10/15(水) 13:33:31 |
  2. URL |
  3. yo #-
  4. [ 編集]

紅茶がメジャーなのは間違いが無いです。

コーヒーが結構飲まれているのは、意外ですよね、やっぱり。日本よりもコーヒーの消費量は多いそうです。旧英国領にコーヒー豆の産地は沢山あることも一因なのかもしれません。
スコーンはスーパーでも売っていますが、妻がレシピを仕入れてきて自宅で焼いてくれるので、手作りのスコーンで休日はお茶をしたりしています。
日本人がイメージするアフタヌーン・ティーのコースは、大概は値段が高いので(リーズナブルな値段のお店を知らないだけかもしれませんが)、多分、庶民にはそんなに馴染みのあるものでは無い気がします。

こちらに来る前に思っていたよりも、英国の一般庶民は慎ましくて質素な暮らしぶりに見えます。もちろん、お金持ちはとんでもないお金持ちですけどね。

スタバ一号店は、パイク・プレイス・マーケットの中ではなくて、道路を挟んだアーケードの反対側にありましたが、僕もジモティー(死語?)に連れて行ってもらわなければ見過ごしたかもしれませんね。お土産にマグカップと豆を買いました(←只のうれしがり)。シアトルはこざっぱりとして良い所ですよね。乾燥していますが日本人にも住み易いのではないかと感じました。
  1. 2008/10/15(水) 14:32:33 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

水質と茶葉にも相性があるとは知りませんでした。
硬水のミネラルウォーターでお米を炊くとパサつく感じがすると
聞いた事はあるのですが、そちらではどうですか?

私の職場が四天王寺で近鉄上本町から歩いて通勤しています。
Seattle's Best Coffeeが上本町の駅構内にあったのですが
撤退して今は別のカフェになって残念です。

昔ながらの喫茶店は減る傾向ですが、私は英国屋心斎橋店が
結構好きです。
  1. 2008/10/15(水) 14:58:25 |
  2. URL |
  3. satothing #7UVZ4oV6
  4. [ 編集]

おはようございます、satothingさん。

こちらは今、夜中です。
日本からのお米は超高級品でめちゃめちゃ値段が高くて僕には買えないので、日頃はカリフォルニア米のコシヒカリやあきたこまちを買って食べています。味音痴の僕には、おいしく食べられます。
こちらの水で炊いているのですが(炊飯器はこちらにはいいのがないので、日本から持参)、特にぱさぱさしているようには思いません。日本で普通に皆さんが購入しているお米とは厳密には違うので、水質による比較になるのかどうかはよくわかりませんが、妻によるとお米に対する水の分量の丁度良いさじ加減は、日本にいたときの感覚とはだいぶ異なるようです。でも、何をしてもぱさぱさでどうしようもないということはないですよ。

僕はマイカル茨木近辺にすんでいたので、買い物に行ったついでに中に入っているSeattle's Best Coffeeやスタバには子供連れで買い物の中休みによく利用しました。今ネットでマイカル茨木を調べたら、ここでもSeattle's Best Coffeeはなくなってしまっていますね。マフィン、おいしくて気に入ってたんですが。英國屋はどこのお店も店内は落ち着いた雰囲気で安心して入れますよね。

上本町ですか。卒後、大学で研修中に小児科を離れてICUで修行していたことがあって、その時の上司が上本町に住んでいらして時々ホームパーティーをされるので、よくお伺いしてごちそうになっていました(13~14年くらい前の話です)。そういえば、社会人になって稼いだお金で、初めて回っていないお寿司を食べたのは、ほてい寿司でした(ローカルねた、すみません、笑)。


  1. 2008/10/15(水) 22:39:59 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/80-8ef1413a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

硬水

GRD2 ISO80 f2.5 1/25s マクロ 先日(だいぶ前ですが)、お茶(珈琲)の話題で少し反響があったので、もう少し水道の話題を。 水道水は一応飲め...
  1. 2008/11/12(水) 17:03:17 |
  2. 英国医学研究留学記

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード