fc2ブログ

英国医学研究留学記

文章を書く力

Nikkor50E100G007.jpg
Nikon FM3A Ai Nikkor 45mm f2.8P Kodak E100G
再来週の木曜日が締め切りの医学部学部生のBMedSciコースの論文の仕上げの作業に終始して、この週末は時間が過ぎて行っています。締め切りの数日前には、最終形に近い形で、教授に一度見せないと行けないので、実質的にはもう1週間くらいしか時間がありません。
この週末は学生が書いたたたき台に目を通して、アドバイスしたり一部手を加えたりしながらメールでやり取りしているのですが、去年と比べて今年の学生はさらにこんなに書けないのかとちょっとびっくりしています。文法もむちゃくちゃだし、僕が書く文章の方が(内容はもちろんですが英語の文章として)マシやんか!!と言いたくなって来て、ちょっといささかうんざりして来ました。
そもそも、論文の各パートについて、「こういうストーリーで、こういう論旨で書いたら良い」「図録はこういうものを作ったら良い(しかも、絵コンテを描いて、具体的に指示してある)」と言うような打ち合わせを綿密に行っていたにも拘らず、全然違うものを書いて送って来たりした日には、
「人の話を聞いとんのか!!!」
(ノ`Д´)ノ ==== ┻━┻ (←ちゃぶ台、ひっくり返しています)
と叫びたくなります。
議事録として、箇条書きでプリントアウトした書類まで渡しているにも関わらずです。
う~ん、ついつい愚痴っぽくなってしまいました。
考えてみたら、日本人の全員が良い文書を書けるかと言うとそういう訳ではないのと同じなんですけどね......
僕は英国に来る前にもっと英語で文章を書く力を磨いておくべきだったとすごく後悔しましたが、英国人でこういう僕が見てもダメダメなレベルの連中は、もちろん大学でのポジションなどとはほど遠い存在なんでしょうけどね。
医者として仕事をしても、レターとかは書かないと行けないはずなんだけどなぁ。
頼むから研究に専念させてくれ~←心の叫び

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/04/30(土) 20:02:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<連休なのに.... | ホーム | Royal Wedding>>

コメント

ちゃぶ台返しの絵文字おもしろいですね。しかしすでにちゃぶ台なんかない世帯が大多数だと思いますよ(笑)

似たような話で、「やってトライ」という街中で通りかかった若い女性に簡単な料理をさせるという日曜昼のTVが
あって、そりゃもう見てると泣きたくなるような非常識ギャルばかりが出てきます。もちろんTV的なものもあるので
しょうが、一事が万事で若者が総じてあまりにもものを知らなさすぎるのは、いまや世界共通なんじゃないでしょうか。

料理は近い将来、完全に機械化されるにしても、文章力というのは物事の本質なので、そこをしっかり教育すると
いろいろな問題の改善が図れると思いますね。
  1. 2011/05/01(日) 08:59:27 |
  2. URL |
  3. kk #1jhbtX.k
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kkさん
そうですね。今時ちゃぶ台なんて無いですよね。
僕らの世代だと、「巨人の星」の星一徹のイメージで、ちゃぶ台ひっくり返すのはイメージしやすいですけどね。
若者が「経験が無くて」モノを知らないのは仕方が無いと思いますが、「非常識」なのはちょっと勘弁願いたいですよね。今面倒を見ている学生の問題なのは、取り組む態度と謙虚さが無いことでしょうか。
周囲にいる教授達の書く文章を見ると、僕の文章力との差に愕然とするのですが、学生に目をむけると、書ける人材が少ないことに気づきます。要するに、コチラで教授にまで上り詰める人達は、ほんの一握りの非常に良く訓練された人達であると言う事が、良く判りました。
  1. 2011/05/01(日) 20:27:44 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/746-680f2a79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード