fc2ブログ

英国医学研究留学記

馴れ

R0011335.jpg
GRD2 ISO400 f7.0 1/800s
学生時代に観光に来たことはあったのですが、ロンドンに住み始めた当初は、それでもやはり周囲の景色、展開している光景など、見るモノすべてが新鮮でした。
二階建てバスなど見ようものなら、「うわ~、ロンドンやなあ(←そりゃそうやろ!)。」などと感激していました。
それが、たったの一年しか暮らしていないのに、周囲の光景は何気ない平凡な日常へと化してしまいました。
馴れとは恐ろしいです。
あんなに旅情を誘った二階建てバスも、ここでは観光客に向けたものではなく普通の市民の足で、珍しくも何ともない普通にそこにある存在なのです。

R0011334.jpg
GRD2 ISO400 f9.0 1/1600s
思うに、先日も日常と非日常の話を書きましたが、海外旅行で来るとこういった景色が「非日常」であるのに対して、生活するとなると平凡な「日常」になってしまう訳で、随分と視点が大きく違ってしまうものなんだなと思います。
ですから、旅行で来ると有名観光地へ寸暇を惜しんでお金は惜しまず?(つまりけちけちせず)に観光して回ろうと思うのですが、妻も僕も生活していくとなると、なんとなく足しげくロンドン市内を観光して回ろうかという雰囲気にならないんですよね。
妻は、まだ大英博物館にも行ったことがありません(もちろん、そのうちに連れて行ってあげようと思っています。僕は学生時代のバックパック旅行で訪問済み、ただし約20年前)。
しかも生活がかかかっているので、旅行で出かけたときの様なお金の使い方はできませんしね。
妻が言っていましたが、たとえばスーパーに入ったときに観光で来た人が目がいくモノ・感じるコトと、実際に住んでいる我々を含めた在留邦人の目が向くモノ・感じるコトは、あたりまえですがかなり違うと思うのです。
なかなか海外で生活してみることの出来る人はそうたくさんはいないと思うので、とても貴重な体験をさせてもらっているのですが、ふと冷静になってみると、随分と日本から遠くに来てしまっているなあと思いました。
でも、まだそれでも暮らし始めて日が浅いので、日本に対する望郷の念と言うのは、ほとんどというか、いまのところ僕には全くありません。
物価の高さや今進みつつある経済危機はさておき、慣れてしまうと英国と言う国がとても僕たちにとって居心地の良い国であるからかもしれません。
日本で当たり前に享受出来る・手に入る事や物のかなりの部分がここでは手に入らない・手に入るけども贅沢品、であるにもかかわらずです。
言葉の問題など日本で生活している様には自由にはなりませんが、日々勉強、今おかれている状況を楽しみたいと思います。
GR BLOG トラックバック企画「旅」に参加

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/09/25(木) 08:20:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<迷走 | ホーム | 家路>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/73-056607aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード