英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Asian Cup

R0018232.jpg
GRD2 ISO80 f5.0 1/400s
すっきりとしない天気ばかりが続きます。
昨日今日と、ちょっと冷えこんでいます。

久々に明るい話題。
日本代表がアジア・カップで因縁のオーストラリアを下して優勝!
宿敵韓国に競り勝った時点でひょっとしてと思いましたが、ワールドカップのベスト16は決してまぐれでは無かったと胸を張って云えるのじゃないかと思います。
もしかすると、中田選手などスター選手が居てちやほやされていた時代よりも、今のチームの方がずっと強いのではないか、そう思えて来ました。
あの頃と違う点は、一点有ります。
「欧州に移籍して、しかもレギュラーで出ている選手の数が、おそらく過去の日本代表のチームと比べて最多である」という点じゃ無いかと思うのです。
世界で戦うには、その土俵に出て行って敵のレベルややり方を良く知らないと戦えないというコトじゃないのでしょうか?
世界と対等にやって行く為には、どんどんと世界へ飛び出して行くべき、そう思います。

ところが産業も科学の世界も、海外から日本を見ると「鎖国に等しい」状況です。海外の資本、海外の研究者が日本へ入って来て食い荒らすのではないか、そう恐れてからを閉ざしてしまっている様に見えるのです。外から入れなくても、外へドンドン出て行っていた時代は良かったのですが、いまや「外へも出て行こうとしない」のですから。海外留学者数の数は、ドンドン減っていると聞いています。韓国や中国とは全く逆です。
その状況では、世界の中で取り残されて、結局食い荒らされはしない代わりに「魅力的なパイ」も奪えないのですよね。
この辺は素人なので、詳しいことは知りませんが、英国人は英語圏なら出て行く事に抵抗はないはずです。英国の農牧業や商業・銀行・産業も、海外に食い散らかされて英国事態がえらい眼に遭っている様にも見えません。米国に根こそぎ持って行かれている様にも見えませんし、日本の企業も英国に入って来ていますけど、雇用されている人の大半は英国人ですからね。結局、国としては良い思いをしているのではないのでしょうか。

僕個人は、英国人達に「日本はすごいだろう!」と言ってやりたいのはやまやまなのですが、先行き、今の状況を続けていればもはやそうは云えないでしょうし、国民が別にそれでも良い(国際社会での存在感も別に無くても良いし、国自身がそう裕福じゃなくても日本人だけが寄り添ってよそ者が入って来さえしなければ幸福なんだ)と云うのならば仕方が無いことかも知れません。
一介の民間保険会社の評価ですが、日本の国債の信用が一段下げられて中国並みになった事に関する首相の最初の発言を見ても、「なんでそんなに鈍いんやろ?」と感じざるを得ないんですけどね。日本での日常生活は英国のそれと比べてもはるかにスピーディーにものごとが動いているのに、政治の意思決定はものすご~く「スロー」なのも何でなのでしょうか?

なんだか何が言いたいのやら支離滅裂になって来たので、この辺で辞めときます。
Michael Connellyの「The Black Ice」を読み終えました。実は木曜日には読み終わっていました。忙しくても、通勤で往復の2時間は読書に割けるので、活字を気晴らしに追えるのはありがたいです。やはり最後の最後に、ほほ~と思う仕掛けがあって、Bosch刑事がそのからくりに気づくきっかけはちょっとあっけなかった気もしますが、とても面白かったです。次の「The Concrete Blonde」と第4作の「The Last Coyote」をAmazon UKに先週の土曜日にネットで注文したのですが、実はまだ届いていません。配送予定を見ると、2月1日以降となっていて、日本での素早い対応のサービス業を知っていると「なんやねん」と思うのですが、本屋で買うよりも安いので(本屋で2冊買うお金でAmazonなら3冊買える)、早く読みたいのですが待たないと仕方ないかなと思っています。先を見越して、もう何冊か注文しておこうかなと考えています。

読むものが無いと寂しいので、いままで何故か手に取る機会が無かったDick Francis著の「Odds Against(大穴)」を読み始めました。この有名なミステリー作家は、昨年亡くなっています。
ロンドンを含め、英国の知っている地名や行った事の有る土地の名前が出て来て、まだ4分の1程しか読んでいませんが、英国に土地勘が出来た今読むととても面白く読めそうです。
亡くなった時にBBCでdick Francisの晩年のインタビューの様子が放映されたのですが、「ファンと言う人が、『おもしろくて、新刊が出て3日で読み終えてしまいました。』なんて云うのを聞くと、複雑な心境。取材や調査を重ねつつ死ぬ程考えてトリックを考え、時間をかけて書き上げたものを、そんな簡単に読み終えられてしまうなんて!一つのお話を書きあげるのに、いったいどれだけの労力と時間をコチラはかけていることやら!」と言っていたのが印象的でした。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/01/29(土) 22:33:38|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<明日からBMedSciも開始 | ホーム | 再びPBL開始>>

コメント

こんばんわ~

かわいいお家がキレイに並んでるのがヨーロピアンな雰囲気です
特に赤い部分が効果的です
今日の日本のTVは朝からサッカーで大盛り上がりでした~v-424
  1. 2011/01/30(日) 12:14:35 |
  2. URL |
  3. yo #vYXebdWU
  4. [ 編集]

サッカーはナショナルマッチを見る程度のなんちゃってファンです。
でも今大会の日本チームは今までとは違って粘り強さみたいなのがあったなあと思います。
おっしゃる通り、世界を知る個人技の優れた選手が増え、監督の戦略もうまくハマってるようですね。

ボッシュシリーズ、集中攻撃で読まれてるんですね。すぐ追いつかれそうです。
土曜に“The Overlook”(2007)の文庫が出ていたので購入しましたが、まだ5冊目の
“Trunk Music”(1997)までしか読んでおらず、ボッシュシリーズで8作、別シリーズの
FBI捜査官 "テリー・マッケイレブ" もの1冊が積ん読になってます。積ん読文庫本は
すでに50冊を越えてます。お弁当の好きなおかずは最後まで取っておくタイプなんです。
これはもう性格ですね(苦笑)
  1. 2011/01/30(日) 15:00:12 |
  2. URL |
  3. kk #1jhbtX.k
  4. [ 編集]

Re: こんばんわ~

yoさん
ここは自宅から車で15分程行った隣町の住宅街です。
街により家の作りに差が有りますが、同じ住宅街には大概似たような家が並んでいるのが普通ですね。
そりゃ、日本では盛り上がるでしょうね~
  1. 2011/01/30(日) 22:32:18 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kkさん
世界のレベルを普段から知っていてその中で適応している選手達と、監督がうまく機能しているみたいで、中田や小野の世代が退いた後が心配されていましたが、ひょっとすると今からが後で振り返ると黄金期になり得る、そういう期待を抱かせてくれますね。

Michael Connelly、面白いです。早く次のが読みたい!仕事をしながらも、早く帰りの電車で続きが読みたいと思ってしまうくらい。
Amazonの配達が遅くて、足踏み状態です。Dick FrancisのOdds Againstも読んでしまったので、早く届いて欲しいなぁと思っています。

僕も好きなおかずは最後に食べる口ですが、本に関しては全然違いますね。
だいたいConnellyは一年に1冊新刊を発表していますから、毎年1冊は楽しめると言うのは、これもなかなか楽しみな事です。
  1. 2011/01/30(日) 22:37:54 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

シッドハレー

シッドハレーものはホントおすすすめです。
前にもいったと思うけど、読む順番を守るように。

大穴(Odds Against)
利腕(Whip Hand)
敵手(Come To Brief)
再起(Under Orders)

ね。再起は結構最近に翻訳ものがでましたね。
訳者の菊池光もたしか亡くなったよね。
  1. 2011/01/31(月) 02:17:29 |
  2. URL |
  3. たかし #-
  4. [ 編集]

アジアカップの優勝は素晴らしいことだと思います。
欧州のスカウトがたくさん来ていたことからも重要度が伝わります。
ブンデスリーガだけでなく、プレミアやスペインで活躍する選手が出てくれば、
ワールドカップでのベスト4も夢ではないかもしれませんね^^

首相や大臣などという者は、ただの御飾りでしかないのでしょうね。
自分では何もわからないし、実行する力もないのだろうと思います。
他人の意見を聞いて決めるのですから、迷って当然なのかもしれません。
  1. 2011/01/31(月) 11:50:32 |
  2. URL |
  3. TOYO #LkZag.iM
  4. [ 編集]

Re: シッドハレー

たかしへ
Sid Halleyモノの第一作、大穴は確かにおもろかったです。
残りの3冊も注文しましたが、Michael Connellyにはまっちゃっているので、後回しになりそうです。
君もConnellyを読んでみてください。
  1. 2011/02/08(火) 17:16:22 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

TOYOさん
いや~、WCが自信になったのか、今のナショナル・チームは良いですね。
監督が良いのかも。今一番使える選手を使っているように見えるのも好ましいです。
長友がインテルに移籍したのも、まだ一試合しか出ていませんが立派に役割を果たしている様子にも頼もしいと思いました。

大臣一人が何もかも把握できないというのは分かります。だとしたら、周囲の「ブレイン」が少なくとも無能なのでしょう。やはり人材がいない事には変わんないのですよね、寂しいことですが。
  1. 2011/02/08(火) 17:19:20 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/679-c9a76fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。