fc2ブログ

英国医学研究留学記

ほんの息抜き

R0018246.jpg
GRD2 ISO400 f2.4 1/40s マクロ
今日は曇りがちで冴えない天気でした。
僕は午前中と午後に日系クリニックのお手伝いに。
上の子は、今日は英検準2級を受けに、会場であるImperial College(Natural History Museumのすぐ側。「秋深し」参照)に出かけていました。僕は、クリニックのお手伝いの為にSouth Kengingtonまでついて行けませんでした。
試験会場には、なんとDerbyに住んでいる僕の高校のテニス部の後輩ご一家もお子さんの英検受験のために来ていて、会場で僕の妻とばったり会ったのだとか。僕が仕事でそこに居なくて、ちょっと残念でした。後輩は試験の間にちょっと買い出しにハロッズまで出かけて来て(South Kengingtonから距離的に近いのです)、ハロッズで美味しいクリーム入りのパイを買って差し入れてくれました。美味しかったです。Dさん、ありがとうございます。

夜になって子供たちが寝静まった後、surgeon24hrsさんに教えてもらって今はまっている作家Michael Connellyの第一作「The Black Echo」があと残り30ページ程だったので、一気に読み終えてしまいました。最後の最後に意外な展開が待っていて、いや~、面白かった。刑事Harry Boschのシリーズだけで15作品くらい有るので、これは当分楽しめそうです。Amazon UKで、たった今、何冊か注文してしまいました。もう既に買って手元にある第2作の「The Black Ice」を早速読み始めたいと思います。

写真は英国ではスターバックスよりも店舗が多いのではないかと思われる、イタリアン・コーヒーのチェーン店、COSTAで頼んだカプチーノです。チェーン店でも、英国で飲むコーヒーはとても美味しくて、コーヒーを片手にのんびりとペーパーバックを読む時間は、なかなか贅沢な気分にさせてもらえます。

GR BLOG トラックバック企画「ハッピー」に参加

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/01/22(土) 23:59:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<春の気配 | ホーム | ライバルが手を結ぶ日>>

コメント

カプチーノって小さいカップに苦めのコーヒー、で砂糖をタップリ入れて楽しむものかと思っていたのですが、ちょっと印象が違うので驚きました^^;
いろいろな楽しみ方があって良いと思うので、こだわる必要はないのですが、日本人は型に入れてしまう傾向が強いのかもしれませんね^^
  1. 2011/01/23(日) 02:26:45 |
  2. URL |
  3. TOYO #LkZag.iM
  4. [ 編集]

こんばんわ~

チェーンでもこんなおしゃれなハートのカプチーノがいただけるんですね~v-343
でもやっぱりロンドンならお紅茶のイメージです
  1. 2011/01/23(日) 11:17:49 |
  2. URL |
  3. yo #vYXebdWU
  4. [ 編集]

なんとオシャレなカプチーノでしょうか。 日本もこんな洒落た表現が欲しいです。 シアトル系全盛ではどこも遊び心が無いような。。。確かに英国は紅茶のイメージが強いですね。
  1. 2011/01/23(日) 11:56:20 |
  2. URL |
  3. tak+ #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

TOYOさん
おっしゃっておられるのは、エスプレッソの事ではないかと思います。エスプレッソも、好き好きでたっぷり砂糖を使う人とストレートの人と、まっぷたつになりますね。ぼくはいつもエスプレッソを飲む時はダブルショット(普通の倍量)をストレートで楽しみます。僕は深入りの濃いめのジョーヒーが好みです。逆に日本人が好むブルーマウンテンのような浅煎りで酸っぱいコーヒーはちょっと苦手。
カプチーノとカフェラテの区別がもう一つ良く判らなかったのでいま調べてみたのですが、カフェラテは牛乳でエスプレッソを割れば何でもラテと言って良い様ですね。スタバなどではスチームド・ミルク(蒸気で暖めたミルク)で割る様です。カプチーノは、エスプレッソをスチームド・ミルクとフォームド・ミルク(蒸気で泡立てたミルク)の両方を添える様です。COSTAではチョコレート・パウダーで無料でトッピングしてくれますが、その際にコーヒーの豆の柄か♡柄の絵になる様にしてくれます。
  1. 2011/01/23(日) 12:10:06 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: こんばんわ~

yoさん
確かに英国人は紅茶を好みますが、外で飲むよりも自宅で楽しんでいる方が多いのではないかと言う気がします。こういうコーヒー・チェーン店でも紅茶のメニューは用意されていますが、ほとんどの人はこういうお店ではコーヒーを楽しまれてますね。観光地の街中はまた観光客相手の店構えになるので郊外の生活区とは様相が違うと思いますが、紅茶だけを飲ませるお店と言うのは、生活している所では見かけません。意外かも知れませんが、英国人のコーヒー消費量はとても多いのです。
  1. 2011/01/23(日) 12:13:57 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

tak+さん
シアトル系はやっぱり米国発祥ですから、こういった遊び心は少ないかも知れませんね。しかも競争相手がドトールとかでコンセプトが違うので、事実上競合する相手が居ないと、なかなかプラスαが出て来ないかも知れません。英国でのスタバは、苦戦していると思いますよ(店舗は思った程多くないですし、わざわざスタバを探してまで入ったりはしません)。
COSTA自身はイタリア系の移民がロンドンで始めた喫茶店が始まりの様ですが、今は空港にも入っていますし英国のどこの街に行っても有ります。スーパーのTescoの店舗内やWH Smithと言うチェーン店の本屋の中にもあって、買い物途中に一服したり、本屋の中で本を持ち込んでコーヒー片手に読書も出来ます。サンドウィッチやパニーニもとても美味しいんですよ。
  1. 2011/01/23(日) 12:21:53 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

「The Black Echo」ハマりましたか、面白いですよねえ。ボッシュシリーズは屈指の名シリーズだと思います。
日本でもここ数年間に文庫化されてブレイクしてると思います。私も新刊文庫は迷わず買ってますが(翻訳家も
売上に比例する収入があるそうなので、例の先輩の翻訳家もおいしいはずです)、何だかもったいなくて
読めないんです。根っからの貧乏性です(苦笑) シリーズを読み進まれたら、また盛り上がりましょう。
すぐに追い越されちゃうかな(笑)
  1. 2011/01/23(日) 14:10:30 |
  2. URL |
  3. kk #1jhbtX.k
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kkさん
Michael Connelly、こんなに面白いとは思いませんでしたね~
日本では翻訳権が高いので、“The Overlook”, “Nine Dragons”,そして最新刊 “The Reversal”はそういう理由でまだ翻訳本が出ていない様ですね。英語だとそういうのは無いので、仕事が今週から忙しくなるのですが、通勤の時間は読書に使えるので、1~2週で1冊くらいのペースでは読み進められるのではないかと思っています。
Boschシリーズじゃない"The Lincoln Lawyer"なども関連したストーリーになっていると聞きましたので、Boschシリーズであるかどうかに関わらず、発表順に読んで行こうと思っています。半年後くらいには大分読めているかな?また、盛り上がりましょう。
  1. 2011/01/23(日) 14:45:36 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

そうでした^^;
何を勘違いしていたのか…。
イタリアに行ったときに、本場のエスプレッソを飲んだのですが、あまり好みではなかったことを思い出しました。恥ずかしいことに、カプチーノもカフェラテもあまり飲まないので、区別がつきません^^;
ちょっと勉強になりました♪
  1. 2011/01/24(月) 15:34:01 |
  2. URL |
  3. TOYO #LkZag.iM
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

TOYOさん
エスプレッソは濃くて苦みも強いので、好き嫌いがはっきりしますね。
牛乳などで割って薄めると、ひがみは消えますけどエスプレッソらしいコクは味わえますから、スタバのラテなどがにひんに入って来て人気が出たのもそういう理由じゃないかなと思います。
知り合いにイタリア人の研究者が居て、この方のコーヒーへの拘りは尋常じゃないですよ!
  1. 2011/01/28(金) 23:00:50 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/676-f9804d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード