fc2ブログ

英国医学研究留学記

想定外

img035.jpg
Rolleiflex 2.8FX Planar 80mm f2.8 HFT/Fuji Pro 400
今日も良く晴れていました。やはり最高気温は7℃程度と低めでしたが。
今日は研究室に出てきました。

朝一番にトラブルが待っていました(といっても、僕はほとんど何もしませんでしたが)。
研究を行う上で培養細胞なるモノを使ったりします。
培養液のpHが一定に保たれるように、適切な培養液を使って、二酸化炭素濃度が通常は空気よりも濃い濃度の5%になるように設定された保温機のなかで維持します。
空気よりも濃い二酸化炭素の濃度を保温機の中で実現するには、二酸化炭素のボンベから保温機に二酸化炭素が常に供給されている状態に無ければなりません。
今朝は、この二酸化炭素を供給する元になるボンベが空になりそうになっているというアラームが鳴り、普通は予備タンクがあってそちらに切り替えれば済むのですが、大学のこれを管理してくれている部門のちょんぼで予備タンクまでからのままで、夕方に新しいタンクが業者から運び込まれて設置されるまで保温機を開けることが出来ない状況に追い込まれました。
もしかすると今日中には新しいボンベが手に入らないかも.....という懸念を隣の研究室のラボ・マネージャーのNさん(インド系英国人)は言っていましたが、もしそうなったら今培養しているものがみんなだめになってしまったかもしれません。
大事に至らず、セーフでした。
日本にいたときはこんな話はほぼ聞いた事が無かったので、英国で中央部門の仕事が遅いのはまだ目をつむるとして、やることはきちんとしてほしいなあと思います。
この辺は日本はきっちりしているので、本当にうらやましいです。

午後になって、1月の終わりから僕が面倒を見る事を大学から申し使ったBachelor of Medical Scienceのコースを選択した5年生の医学部の学生さんに、僕のオフィスまで来てもらって、僕のバック・グラウンドと僕が今行っている研究の概要、具体的にこのコースでどういう目的のどういう実験をしてもらうのかについて話をし、コースが実際に始まるまでに目を通しておくようにと参考文献を数編渡しておきました。話した感じではまじめそうな男の子でしたが、まあ学部学生が研究の使い物になるなんて話はほぼあり得ませんので、あまり期待はせずに、昨年の実習(僕にとっては初めての経験)の反省を踏まえ、様子を見ながら与える課題の難易度を上げて行こうかと思っています。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/01/19(水) 18:00:16|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<大寒 | ホーム | 久々の青空>>

コメント

のどかなイイ風景ですね。山には積もってないんですね、不思議。

他国は知らないものの、おそらく日本のロジスティックスはダントツに世界最高じゃないでしょうか。
Amazonのすごさのうち半分は宅急便に負ってますよね。夜のオーダーが翌日には来ちゃうんですから。
時間指定の宅急便やらネットで配達状況のチェックが出来るなんて便利すぎですよ。
iPhoneに宅配状況チェックアプリが出て人気です。
  1. 2011/01/20(木) 02:41:14 |
  2. URL |
  3. kk #1jhbtX.k
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kkさん
雪が止んで1日ほどたって日が射していたので、なぜ加山の雪から溶けてしまったみたいです。麓にはこんなに残っていたんですけどね。

確かに、Amazon Japanのデリバリーの早さは尋常じゃないですね。Amazon UKは、追加料金無しの場合はだいたい3~5営業日かかります。翌日欲しかったら追加料金を支払えば「多分」きます(←この辺が英国のサービス業を信用できない点です、笑)。日本は追加料金払わなくても在庫があれば速攻で来ますからね、びっくりです。

デジタルはPCと同じで、スペックを気にしだしたらきりがないので、スキャナーを手に入れたので、さらにしばらくはGRD2だけで遊んで背を向けても良いかも、なんて考え始めています。とか云いながら、Nikon D700が結構こなれた値段になってきたなあなんて.....、おっと、あぶないあぶない。
  1. 2011/01/20(木) 17:49:41 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/674-3a5d5edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード