英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Tuition fee

R0018083.jpg
GRD2 ISO80 f6.3 1/640s
今日の日曜日は久しぶりに晴れ間が覗きました。
金曜までほとんど雪は溶けずに残っていましたが、土曜日から気温が上がり(といっても最高気温は4~5℃程度ですが)、今日には雪は全て溶けてしまいました。
本格的な冬に突入してから、今年も昨年に続き英国にしては寒い冬になっており、先週の大雪の際には、スコットランドなどで-21℃という記録的な寒さも報道されていました。
明日からまた冷え込んで、週間予報では水曜日辺りに雪が舞う様です。

ブログから遠ざかっていた間に、来春にロイヤル・ウエディングが決まるなど明るい話題も有りましたが、ワールド・カップの誘致に失敗するとか、経済も含めどちらかというと先行きが明るく見えない話題の方が多かった気がします。大学の授業料をめぐるごたごたはまだまだ続いています。授業料が3倍もの金額に引き上がると言うのは、やはりちょっと問題が大きい気がします。英国の大学は基本は国立大学ですし、国益を考えるならば個人的には教育への予算の削減は最も最後に手を付けるべき箇所で最小限にすべきと思うのです。今日になって、貧困層には新たに援助の基金を設けるという案を政府は出して来た様ですが、学生ユニオンはそんなちょっとの効果しか見込まれない方針は評価していない様です。

今週末のThe X Factor(英国の人気タレント発掘番組)は、今日が準決勝で、ほぼ下馬評通りの挑戦者達が来週末の決勝へと進みました。日本の「使い捨て」に見える多くの芸能人と違って、「先ずは歌唱力や表現力」という所に好感を持ちます。来週の決勝も楽しみです。

いま、医学部2年生が書いて提出したレポートの採点をしながら、その休憩にこれを書いています。
いまだに忙しいのは代わりませんが、毎日更新はちょっと諦めて、2~3日に一回程度の更新で、頑張って行きたいなと思います。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/12/05(日) 21:58:17|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<大雪 | ホーム | Snow Chaos>>

コメント

新しい記事がアップされるのはうれしいけど、忙しいのにあんまり無理しないでくださいね。
  1. 2010/12/06(月) 06:08:59 |
  2. URL |
  3. 成記 #7daZ1kYE
  4. [ 編集]

お久しぶりです!

ちょっと来れない間にそちらはスッカリ冬景色ですね。
日本は・・東京では12月をまわったというのに
20度越えもあったほど、気候もおかし過ぎます。

ロイヤルウエディングにオリンピックと
イギリスは今後、活気が出てくるのではないでしょうか?
それに引き換え、日本は・・全くもって明るい兆しも材料もありません。
この先、日本はどうなっていくのか
本当に不安です!!
(久しぶりのコメントが暗くなって、すみません)
  1. 2010/12/06(月) 06:16:44 |
  2. URL |
  3. 金田 #.gUhmmJ6
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

成記さん
ありがとうございます。
それと、そちらに未だに顔を出せずにご無沙汰してしまって、ごめんなさい!
  1. 2010/12/07(火) 18:26:18 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: お久しぶりです!

金田さん
20℃ですか~、いいなあ、暖かくて。でも、それはちょっと気温が高めですね、この時期からすると。
おっしゃる通り、明らかに日本の気候もおかしい気がしますね。

とんとご無沙汰してしまって、そちらのブログもまだのぞきに行けなくて済みません。

ロイヤル・ウエディングのために、子供の通うprimary schoolでは例年よりも春休みが2週間ほど長くなることになりました(笑)。子供たちは単純に喜んでいます。オリンピックも含めて、確かにイベントが盛りだくさんですね。オリンピックなどはチケットが手に入るかどうか分かりませんが、家族で楽しみたいです。

日本は苦しいですね。長いトンネルの先にまだ光りが見えてこない感じ。いろいろと原因はあるのでしょうけど、やっぱり「内向き」の政治・経済が根本的な問題かも知れません。内政や支持基盤の事しか考えていない政治家ばかりだから、「選挙に勝つ事」優先の政治活動ばかりで、世界の中で日本がどう立ち回るかなどということを考えた事も無いし、考えた事が無いからそういう視点におよびもし無い。日本国内の市場で売れるかどうかしか考えてこなかった企業ばかり(一部トヨタなどは例外として)なので国際競争力が無い、国際社会でタフに渡り合える人材の育成という視点が無く、与えられたことをそつなくこなす事に重きを置いた「官僚養成」教育がずっと続いているから、一流と言われる大学を出ていても、世界で活躍できる人材とは言えない(本人の努力次第ではなれると思いますが)、などなど。きっと、国がつぶれるかどうかの存亡の危機になったときには、タフな人材が出てくるのかもしれません(明治維新の頃のように)。いま、改めて龍馬なり坂野上の雲と言った話が好まれるのは、皆がそういった「タフで頼りがいのある人材」を渇望している裏返しなのかもしれませんね。
  1. 2010/12/07(火) 18:37:35 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/642-6de1321f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。