fc2ブログ

英国医学研究留学記

Light Up A Life

R0015553.jpg
GRD2 ISO400 f2.4 1/4s
久々の更新。気づいたら2週間も空いてしまいました。この2週間でずいぶんとロンドンの気温が下がり、今週末は特に寒気団が下がって来て、寒い日々となっています。

相変わらずバタバタした日々か続いていますが、やっと今週で医学部2年生を相手にしたデューティの一つが一段落します。これが片付くと、もうちょっと自分自身の本来の仕事に集中する事が出来る様になりますが、学生が提出したレポートの採点や、年明けから始まるBMedSciのコースに興味を持った5年生の学生と個別に面接をしたりなど、ちょこちょことした雑用はまだまだ続きます。年が明けてBMedSciの実習が始まるとまた手がかかりますので、なんだか金太郎あめを切っている様にキリが有りません。

私生活でも、ぼちぼちクリスマス・カードを準備しないと行けなかったりとか(年賀状みたいなモノですね、コチラでは)、やはり師走と言った感じで(まだ12月前ですけどね)慌ただしくなって来た気がします。本日の日曜日の夕方には、すぐ近所のホスピスで、大きな木にライトの飾り付けをしてライトアップをする恒例の行事が行われました。これが灯ると、一気に年末にさしかかったなと言う気分が高まります。昨年は観に行きましたが、今日はあまりに寒いので、家の中で明日の学生実習の準備にいそしんでいます。

今日の日曜の夜から月曜の夜まで、またまた地下鉄がストライキに突入しました。はっきり言って、ストをうち過ぎです。皆がいい加減にして欲しいと思っています。ここまでやると市民の同情もへったくれも無く、反感を買うばかりで労働組合にとっても却って損だと思うのですけどね。金曜日に、大学からは「ストが有るけど、学生には出来る限り努力して講義には間に合う様にと連絡してあるので、通常通りに授業は進めて欲しい」とメールが回覧されて来ました。簡単に言ってくれますが、交通事情が麻痺した状態で迂回経路も考慮して間に合う様に家を出ようと思うと、いったい何時に家を出たものかと、ちょっと頭が痛いです。今日は早く寝ないと行けません。

週末からコメントへの対応も出来る様になると思いますが、頂いたコメントへのお返事は遅れると思いますのでご了承ください。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/11/28(日) 18:42:31|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<Snow falls. | ホーム | Remembrance Sunday>>

コメント

こんばんは

こんばんは。随分とお忙しいようす、結構なことです。

どうやら丁度私と同じ時期に東京にいらっしゃったようですね。

前に書いたかどうか忘れましたが、私がいたときにはRoyal Mailがストになり、なんと2ヶ月半郵便がとまりました。

ストはヨーロッパが誇る文化の一つ、もう芸術的水準ですよ。諦めるしかないですね :D
  1. 2010/11/29(月) 00:01:22 |
  2. URL |
  3. surgeon24hrs #xJW3mR9c
  4. [ 編集]

忙しい様ですねえ。 すっかり大阪も晩秋、冬近しというか冬のようです。 私も鳥取へ帰省してのんびりとしました、この間は平和な時間です。 ゆとりの時間も見つけましょう。
  1. 2010/11/29(月) 12:00:56 |
  2. URL |
  3. tak+ #-
  4. [ 編集]

Re: こんばんは

surgeon24hrsさん
先生、ご無沙汰しております。なんだか忙しくて、息抜きであるブログにも向き合う気力を無くしたまま、もう1ヶ月近くすぎてしまいました。師走で忙しいのは変わらないのですが、もう少しがんばれば、ブログを楽しめる時間も見つけられるようになると思います。先生のブログへもとんとご無沙汰しておりますが、また時間が出来たおりに、お邪魔させていただこうかと思います。

ほんとに偶然にも、同じ頃に東京に滞在していたようですね。もし機会がございましたら、直接お目にかかれると医療からカメラに至るまでいろいろ教えてもらえそうで、楽しいだろうなと思いました。

Royal Mailのストには、ちょうど3年前に渡英したばかりの頃に直面しました。住み始めた当初はあまりRoyal Mailのストで困った覚えは無かったのですが、いまはやっぱり困りますね。なるほど、欧州の文化ですか。分かる気がします。自分たちの主張をする事は「当然の権利」という社会ですからね。日本は労使が馴れ合っていて、こういう権利意識は低い気がします。そのかわり「自分勝手」な権利意識ばかりが大きく成長しているようで、個人主義をはき違えている昨今の日本の風潮には、ややげんなりです(小児科の夜間救急をしていたときに、この10年で親の立ち居振る舞いには大きな差が明らかにありますからね)。
  1. 2010/11/30(火) 17:09:32 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

tak+さん
ご無沙汰しています。コメント、ありがとうございました。
ばたばたしていて、そちらのブログにもとんとご無沙汰してしまっていますが、そのうちにまたお邪魔したいと思います。
ゆとり、大事ですよね。ほんとにそう思うのですが、やはり母国語ではない言葉で仕事を進めて行かないと行けないことに依るゆとりの無さが、ちょっと忙しくなるとてきめんに効いてきて、いっぱいいっぱいになってしまうのですよね。
  1. 2010/11/30(火) 17:11:42 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
お疲れ様です。
更新されていて実は嬉しかったりします。
お忙しそうなのに。。。

英国もライトアップがあるのですね。
でもそんなに派手派手じゃないのでしょうか。

京都はお寺のライトアップが凄いです。
ちょっとやり過ぎかなぁ?って思ったり。。でも楽しませてもらってます。

  1. 2010/12/01(水) 14:24:13 |
  2. URL |
  3. kaotti1 #Oob10Koc
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

こんばんは、kaotti1さん。
とんとご無沙汰してしまっていますが、すこしゆとり(時間的、肉体的、そして精神的にも)が出てきました。
そのようにおっしゃっていただけると、うれしいです。

英国のライトアップは果てしなく「地味」ですね~。日本のと比べちゃ行けません。
国民性ですかね。
ラテン系の国、スペインとか行くとクリスマスのライトアップは派手なんですが、色合いが日本とは違いますね。青色発光ダイオードの恩恵か、日本の最近の傾向は青っぽい「寒色系」にあふれていますが、欧州では基本はオレンジ色の「暖色系」です。
  1. 2010/12/02(木) 19:44:45 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/639-388a7a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード