fc2ブログ

英国医学研究留学記

足踏み

R0017881.jpg
GR Digital2 ISO100 f7.1 1/540s
昨日の晩には、今日の天気はよくないという予報でしたが、実際は朝から良く晴れていました。
ロンドンらしい、天気の読みにくい季節になりました。

今日はついていない一日でした。

まずは、先週の頭に注文していた酵素が、今日になっても未だ届いていなかったことが判明。それを使って実験をする予定を立てていたため、予定が狂ってしまいました。確認を怠ったことにほぞを噛みましたが、普通は注文した翌日に届きますので、全く油断していました。ラボマネージャーのSさん(英国人)に注文の状況を確認してもらったところ、受付はされていましたが何かの手違いだったようです。月曜日に確認してクレームを付けていれば、防げたことでした。

もう一つは、PCRを使って増幅した遺伝子の断片に変異が入っていないかどうか確認するため、研究所のGenome Centreにsequencing(遺伝子配列を解読すること)を依頼していました。月曜日にオーダーすれば、水曜日の午前中に通常は結果が帰ってきますが、今日は運が悪く機械の不具合かなにかで、夕方になってようやく結果が帰ってきました。この結果を解析し、それをもとに次のアクションを起こそうと予定していましたので、ここでも仕事が足踏みせざるを得なくなりました。

悪いことばかりでなく、良いことも多少はありました。まずはこの3週間の間に試行錯誤を繰り返していた新しい試みが、今日の条件設定でどうやら旨く行きそうだということが判明。来週から結果を刈り取っていけそうなめどが立ちました。負の面ばかりみていても仕方がないので、こういうちょっとした「良い事」を見つめるようにしていかないと、研究は気持ちの上で落ち込むばかりになってしまいます。なぜならば、たてた作業仮説が正しい事の方が、圧倒的に少ないのですから。

もう一点は、小児科で大阪で医師をしていたときにお世話になっていた小児科のO教授(今は退官され、名誉教授です)の恩師R教授(英国人)が、ロンドンの郊外に住んでいらっしゃいますが、高齢の上に最近体調を崩されたとかで、大阪のO名誉教授から心配なので僕に連絡を取って安否を気遣ってくれないかと以前から頼まれていました(もちろんご家族もおありなのですが、一人暮らしなので)。折りをみてメールなどでコンタクトを取っていたのですが、上記の具合で今日は昼間にずいぶんと空いた時間ができたので、ご機嫌をお伺いするために電話をすることができました。ここ1週間ほどでだいぶ加減が良くなってきたとかで、声もお元気そうでした。普段は日中は忙しくて、仕事以外の電話をする余裕がなかったりするのですが、これも災い転じての類いでしょうか。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/09/15(水) 20:52:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<歴史 | ホーム | 黄昏>>

コメント

失敗は成功の元とか、3度目の正直とか、仰るように災い転じて。。など、
良いほうへの解釈と同じ失敗を繰り返さない(努力^^;)ように動いていれば、
何かとハッピーな事に出会ったり、嬉しいお知らせが舞い込んできたりがありますよねぇ。
私自身そういう風に感じております。。。でもそれに馴染みすぎて色んな事をぼんやり考えたりしているようで、
そこは反省です(ホントにしてんのかは疑問)
まぁ、でも、ハプニングもラッキーに♪を心がけております(脳天気なのかも)ハハハ

R教授さま、お元気取り戻されたようで良かったですね^^
英国も日本も季節の変わり目、身体を労わらないといけない時季ですね。
  1. 2010/09/16(木) 06:19:36 |
  2. URL |
  3. kaotti1 #Oob10Koc
  4. [ 編集]

今晩は!

それはついていなかったですね。
なんて言いつつ、こちらも今日は娘のノートパソコンが完全に壊れてしまって
ついていません。
娘はバックアップを取っていなかったと
泣きそうになっています。
その他、発覚(笑)

発想の転換、ポジティブシンキングは大切ですね。
そして次に同じ失敗をしないよう生かしていければ
それもまたいい経験だったという事になりますね。
見習いたいと思います!

写真ですが自転車の入り方、影がとってもいいですねv-10
  1. 2010/09/16(木) 13:34:43 |
  2. URL |
  3. 金田 #.gUhmmJ6
  4. [ 編集]

大変な1日だったようですね。
そんな中、お仕事での新しい試みが成功されたとの事、
おめでとうございます。
R教授様もお加減が快方に向かわれたようで良かったですね。

先日、飼い猫の処方食をネットで購入したのですが
既に登録されている振込先の口座番号が変更されている事に
気付かずそのまま旧口座に振込んでしまい焦りました。
私は日々ぼんやり過ごしているので、kenさんの仰る
ちょっとした確認で未然に防げるついてない事などは日常茶飯事ですv-388
仕事も含めて人生はなかなか思い通りにばかり進まないものですが
私もKenさんを見習って前向きに生きて生きたいと思います。
  1. 2010/09/16(木) 17:02:12 |
  2. URL |
  3. ★めぐみ★ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kaotti1さん
確かにおっしゃる通りですね。
幸福感を感じられるかは、お金の有る無しとか社会的に成功したかどうかよりも、個人の人生に対する相対し方に大きく依存している気がします。
ちょっとした事に喜びを見いだし、日々経験するネガティブな事にはくよくよしない事が、幸せな人生を送るこつかも知れませんね。
  1. 2010/09/16(木) 17:54:19 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: 今晩は!

金田さん
娘さんのパソコン、それは残念でしたね。特にハードディスクは「消耗品」と考えて、バックアップは必ず取った方が良いです。我々は貴重な研究データが損なわれると、一文無しになったも同然になるので、2重3重にも必ずバックアップを取っています。

失敗から学ぶ事、くよくよしないこと、日々のちょっとした事に幸せを感じる事、これが幸福な人生を送るこつなのでしょうね。ちょっと視点を変えるだけで、つらい仕事が楽しくなったり、思った以上にはかどったりします。写真も然り。だから人生は興味深いのかもしれません。
  1. 2010/09/16(木) 18:02:10 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

★めぐみ★さん
たいした成功でもないのですが、苦労している事に光が射すとうれしいものですね。特に研究は受験勉強のように「答えが既にある」ものを対象にはしていませんから、自分が知りたい事を検証するためには、時には誰もした事のない方法を試さねばならず、これには必ず「うまく事が運ばない」という苦痛が伴います。

実は、僕自身はもともと物事をくよくよする「悲観論」者でした。医師が治せる病気なんてありません、治るのは患者さん本人の生命力のおかげです。医師はほんのちょっと病気に患者さんが負けないように手助けしているにすぎません。一生懸命やっても、無力感が募る場面も多々ありました。

思考方法が大きく変わったのは、もう医師をやめて基礎医学研究で食べていこうと決めた頃からでしょうか。研究者は、医局に所属する勤務医のように、周囲から勤務先を指示される事もなく、仕事の中身も「患者さん」「勤めている病院」「職場の仲間」によって完全に規定されほぼマニュアル化している臨床の仕事と違い、進路も研究対象も何もかもが「自己に拠る決定」に基づきます。受け身的な生活では生活そのものが立ち行かず、常に「能動的」に取り組まないと行けないのですね。時々医師をしていた方が幸せだったかもという事も頭をよぎりますが、収入は少なくても(勤務医もさして高収入ではないです。世間は高収入だと勘違いしていますが、人様の命に対して責任を負わされているのに、同年代の銀行マンの方が遥かの収入が良いです)僕にはこれが正解だったのじゃないかなと後悔はしていません。

思い通りに行かない。良いじゃないですか。だから人生は面白いのじゃないでしょうか。何もかにも思い描いたようにうまく事が運んだら、人生はきっとつまらないですよ。うまく行かない事だらけの中でうまく行く事が出てきたときこそ、しかも自分の努力に拠ってそういう事に出会えたときこそ、喜びもひとしおなのではないでしょうか。

偉そうで済みません。
  1. 2010/09/16(木) 18:14:57 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/618-e85a4455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード