英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

London 夏 Snap

R0017458.jpg
GRD2 ISO100 f7.1 1/810s Charing Cross, London
ここのところ、午前中は雲が多く、夕方から晴れ間が覗くパターンが続いています。
気温もさほど上がりません。23℃くらいでしょうか。

車の不具合の修理に出かけたり、自宅にも仕事を持ち帰ってデスクワークをしたりなど、週末はなんだかバタバタしていました。
なんとか、本日の論文の抄読会もこなして、ちょっとほっとしています。
でもでも、やらないと行けないことは山積で、一つずつ着実につぶして行かないといけません。

今朝のBBCのニュースで、スーパーの棚にクローン牛由来の牛乳が商品として並び始めたとのことで、これに関してやや感情的な思惑が錯綜している報道が。報道に拠ると、EUではこの7月に、クローン動物由来の肉や牛乳の流通と販売の禁止を呼びかけたのだそうです。この件に関しては、英国人の超有名な発生生物学者Robin Lovell-Badge教授(僕の友人が、Robinのラボにいてはります)が、 BBCに以下の様にコメントを寄せています。
Is it safe to consume milk and meat from cloned cattle?
>「遺伝子改変動物ではなく、動物自体は全く健康で正常で、これがFDAがクローン牛の肉とミルクの消費を許可した理由だ。この件に関するEUの態度は全く理解できない」<
"There is no genetic modification. It was for this reason that the FDA has approved consumption of milk and beef from the offspring of cloned cattle - they are just normal animals, and I do not understand the EU position on this."
なるほど、科学者らしい意見で、客観的に見て彼の意見の方が全く正しいと思います(べつに産業としてのクローンを奨励するつもりは僕には全くありませんが)。

夏休みの間に実習をしに来ることになっていた6月まで面倒を見ていた医学部の学生君は、本当は今日からラボに来るはずだったのですが、今朝にメールをよこして来て、来週から来ますとの事。
記事「思ったようにはなかなか行かない」を参照
彼は夏休み(7月と8月の8週間分)の生活費を、ここで実験をするために支給されているはずなのですが(この生活費支援も、申請者のごく一部だけが獲得できると言うとてもcompetitiveで狭き門だったはず)、来週から来るとなると実質は3週間ちょっとしか研究室には来ないことになります。う~む、これはええのやろか、詐欺とちゃうんかとおもいつつ、べったり来られてもはっきり言って仕事の邪魔になる可能性が高かったりするので、中途半端に来るんやったらもう来んでええと言うのが本音です(笑)。ちなみに、来週は仕事を休んで家族で泊まりがけで出かけようと考えていたりするので(どこかへ出かけようよと言う家族からのプレッシャーに負けました、笑)、僕が留守の間にしてもらう実験について彼と議論するために今週の金曜日にラボに呼びつけることにしました。留守の間の学生の面倒は、誰かに押しつけお願いしようと思っています。

GR Blog トラックバック企画「夏」に参加

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/08/02(月) 18:49:54|
  2. GRD2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<London Snap | ホーム | Criccieth Castle>>

コメント

こんばんは!

Dr Kenさん、相変わらず忙しいようですね。
無理はなさらないでくださいね。

ロンドンいやヨーロッパらしい写真ですね
こういう建物を見ると写欲がフツフツと
沸いてきますよね^^
この通りを歩くと、どのように切り取るか
ばかりを考えて歩いてしまいそうです^^;
  1. 2010/08/03(火) 14:39:54 |
  2. URL |
  3. masa + #-
  4. [ 編集]

気温23℃とは思えないぐらい皆さん薄着ですね。

得たいの知れないものに対する恐怖心はなかなか簡単には消せないと思いますが、安全が確認されているならばクローン由来であれ販売可能なのは当り前だと思います。
それよりも使用を禁止しなければならない農薬や添加物の入った食品等のほうが当り前に売られているように思います。
  1. 2010/08/03(火) 15:23:36 |
  2. URL |
  3. 成記 #7daZ1kYE
  4. [ 編集]

Re: こんばんは!

masa+さん
自分のブログと向き合うことが出来ないので、みなさんのブログにもなかなかコメントできずにいます。
写真も撮り溜めたモノの中から出さざるを得ません。
のんびりと撮り歩きたいですね。
  1. 2010/08/05(木) 21:48:16 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

成記さん
白人は寒さにむちゃくちゃ強いですが、一方で暑さにむちゃくちゃ弱いです。
だから、僕たちが震えている所でも、半袖半ズボン、女性だったらノースリーブとかでも全然平気そうですよ。

どうも、クローンと遺伝子改変が全く理解されずにごっちゃになっているんじゃないかと言う気がします。
欧州では科学者が市民に判りやすく科学について説明をする習慣が日本よりもずっと根付いているにも関わらず恋うなので、日本だともっとややこしいかも知れませんね。
おっしゃる通り、クローンよりも先に規制しないといけない添加物はいっぱいありそうです。
  1. 2010/08/05(木) 21:56:34 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/590-342d8d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。