英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マニアの集まり

R0016672.jpg
GRD2 ISO80 f5.6 1/500s
今日は日差しが強くないものの、やや湿度が高く蒸し暑い一日でした。
気温も29℃程。未だ夏らしい日が「時々」訪れてくれるのは嬉しいモノです。

少し忙しくしているので今日は簡単に(コメントへの返事は、遅れると思いますのでご容赦を)。

今日は、ロンドンの一流大学であるUniversity College London (UCL)に所属するInstitute of Child Health(ICH)という研究所で開かれた、London Heart Development Meetingという小さい研究会に参加して来ました。ICHは欧州最大の小児病院Great Ormond Street Hospital for Childrenの側に併設している研究所です。
年2回催されていて、僕が渡英する前から既知を得ていた先天性心疾患の成因の研究では若手のホープPaul Rileyさんと、この分野では世界的に有名な研究者の一人、MRCのTim Mohunさんが世話人で、僕が3年前にロンドンに来て直ぐにPaulが仲間に入れよと誘ってくれました。もともとロンドン界隈で心臓の形が如何に正しく形作られるかに興味を持って研究している人が集まり、情報交換したりして皆でロンドンでの研究を盛り上げようと20~30人くらいの集まりだったのが、この3年で参加者が100人近くに成り、英国全域から人が集まってくれる様になって、年々大きくなっています。

僕は発表しませんでしたが、前からお話してみたかったこの分野では有名な(もはや大御所の風格が漂い始めた)女性研究者のNadia Rosenthalさんと歓談できて、ちょっと収穫でした。
偶然にも、米国のDuke University Medical CenterにいらっしゃるJohn KlingensmithさんがサバティカルでICHに滞在中で、この研究会にも参加されていました。彼とも初対面だったのですが、彼のところには僕の日本でのお師匠H教授のラボから僕の後輩がつい2年程前までポスドクとして留学していたこともあって、話が盛り上がって楽しく過ごせました。世の中、広いようで狭いですね。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/07/20(火) 19:50:49|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<London Snap | ホーム | 拍車>>

コメント

こんにちは!

29度は夏を感じる気温ですね。
こちらの最高気温は(今朝の予報ですが)35度となっていましたv-393
日本の夏は年々、暑くなるばかりですので
イギリスの気候がうらやましくなります!

医学の事はわかりませんが
素晴らしい研究会、いい出会いがあったのですね。
前回の記事に引き続き、読んだこちらまで
嬉しくなりました。

お忙しい折、お返事はお気になさらずに・・
  1. 2010/07/21(水) 06:37:57 |
  2. URL |
  3. 金田 #.gUhmmJ6
  4. [ 編集]

東京は酷暑です。最高気温が36度を超えました。夜でも29度です。
シウマイになりそうです…
  1. 2010/07/21(水) 14:56:51 |
  2. URL |
  3. kk #1jhbtX.k
  4. [ 編集]

Re: こんにちは!

金田さん
日本はえらい気候の様ですね。
英国の夏を経験すると、日本は「暑くて」「湿度が高くて」「蚊がいる」ので、夏は英国の方が圧倒的に過ごしやすいと思います。
避暑にいかがですか?
日本から遠く離れていつ帰るともアテが無いとなると、そんな日本の夏休みも恋しくなったりするから不思議ですよね。やっぱりふるさとなんですね。
  1. 2010/07/24(土) 22:39:29 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kkさん
シウマイだと蒸すだけですが、新聞報道出る限りは焼き餃子(蒸し焼き)に近いような.....
シウマイにグリーンピースを載せ始めた元祖は崎陽軒だそうですね。
どうでも良いはなしですが.....
  1. 2010/07/24(土) 22:41:04 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/581-6367da67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。