英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

拍車

R0017443.jpg
GRD2 ISO400 f9.0 1/1000s
週末はよいお天気でした。
日向に出ているとうっすらと汗ばむ程度で、暑くも寒くもないと言う気持ちの良い週末を過ごしました。
今日も比較的よい天気で、最高気温は25~26℃と言った所です。

R0017415.jpg
GRD2 ISO100 f3.5 1/470s
いきなりお姉さんが馬を引いて行く写真からのスタートですが、昨日は娘の同級生の女の子の誕生パーティーが有りました。
パーティーは、自宅から車で約20分程行った所にある、Trent Park Equestrian Centreという乗馬場で行われました。
さすがロンドン、こんな身近なところに乗馬場があって、素人にも乗馬レッスンのコースや乗馬体験つきの誕生パーティーのパッケージが用意されているなんて......。日本じゃあり得ません。ちなみに、自宅から歩いて15分程の所にも乗馬場が有ります。

R0017436.jpg
GRD2 ISO400 f9.0 1/1250s
それにしても、この乗馬場のweb siteを見ると、一日乗馬をして£60くらいは取る様ですから、パーティーとしてはお金がかかっていそうです(web siteには誕生パーティーのパッケージのお値段の記載無し)。
通常こういうパーティーは、3時間くらいの間に子供たちを遊ばせた上で、参加者全員に食事とデザート、ケーキを出して、そしてパーティー・バッグというちょっとした玩具が入っているおみやげを持たせて返しますから。
参加人数は、クラスのなかの何人に声をかけるかに拠りますが、クラス全員に声をかけると、だいたい20人くらいの出席者に成る事が多い気がします。

子供たちが乗馬(といっても小学3年生なので、馬じゃなくてポニーですが)の準備をしている間にも、次々と大人の方々が馬を受け取って乗馬場へと向かって行きます。
こういう世界が有るんですね~。

R0017407.jpg
GRD2 ISO100 f7.1 1/710s
子供でも、侮れません。写真の様に堂々とした乗馬ぶりです。
日本で乗馬が趣味とか聞いてしまうとどこのお金持ちのお嬢さんかと思ってしまいますが、コチラじゃものすごく身近なんですね、きっと(日本人には身近には思えませんでしたが、笑)。

今日は嬉しい事に、ラボの同僚の日本人ポスドク、循環器内科医のS先生が、無事にグラントを獲得したとの連絡が入りました。
彼は大学の後輩でもあり優秀な人材なので、先ずは結果が付いてきて自分のことの様に嬉しく思いました。
この不景気にラボにお金が入ることも喜ばしいことですし、また、キチンと仕事をしていればコネなど関係無しに(日本と違って)ちゃんと評価されるんだと云う事が再確認できた事も喜ばしい。
ご本人には、「自ら獲得した研究費を使って研究を推進できる」喜びをかみしめてもらいたいなあと思います。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/07/19(月) 18:14:28|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<マニアの集まり | ホーム | 上昇>>

コメント

誕生日パーティに乗馬場を選ばれるところが英国って感じですね。
日本だとおうちに何人か呼んでっていうのが主流のような気がします。
乗馬場の数も多いのでしょうか。

実は京都は市内に乗馬クラブがあるんですよ。
私が子供の頃はなんと八坂神社の横の円山公園にも小さな乗馬出来るスペースがありました。
よく馬を見に連れて貰ったんです(子供の頃、近くに住んでいたので)
御所の騎馬隊とかもあったりして。。。京都競馬場もあるし^^;
馬が沢山乗った車に出会う事も時々あります。
京都は近畿の中ではまだお馬さんにご縁があるのかもしれませんね。
  1. 2010/07/19(月) 23:33:36 |
  2. URL |
  3. kaotti1 #Oob10Koc
  4. [ 編集]

昔、馬がしゃべる米国のドラマがありましたよね。二枚目で思いだしました。

我々世代にはなじみが少ないのですが、最近は日本でも多少乗馬をやるひとが増えてるようです。
東京には代々木公園のそばに乗馬クラブがありますし、世田谷の馬事公苑は桜の名所でもあり
大阪よりも身近かもしれません。
  1. 2010/07/19(月) 23:56:30 |
  2. URL |
  3. kk #1jhbtX.k
  4. [ 編集]

kkさんと同じく、しゃべる馬のドラマ(たぶん白黒^^;)を思い出しました。
カメラ目線ですね。(笑)
馬の筋肉質ボディ、美しいですね。最後に実物を見たのはいつだったか・・・
新聞のチラシで、道具一式レンタルで1日体験6,000円というのを時々みかけるように
なりました。羽曳野や服部緑地の方でやってるみたいです。
でも、「乗馬が趣味です」なんて言うのは、なんだかお尻がこそばい世代です。(^^;
  1. 2010/07/20(火) 08:10:53 |
  2. URL |
  3. satothing #7UVZ4oV6
  4. [ 編集]

さすが誕生日といえども日本と祝い方が違いますネ。
乗馬の誕生日パックがあるとは・・カルチャーショックです!
数えるくらいしか乗馬をしたことがありませんが
乗馬は楽しいですね。
お子さんは大喜びだったのではないですか?
Dr.Kenさんも乗馬を楽しんだりされますか?

同僚の方がグラントを獲得なさったとのこと。
おめでとうございます!
これからも研究に邁進するのみですねv-410
  1. 2010/07/20(火) 11:45:56 |
  2. URL |
  3. 金田 #.gUhmmJ6
  4. [ 編集]

こんばんわ~

1枚目まさにポニーテール いい感じですよ~e-248
でもやっぱり2枚目の見事なカメラ目線がツボですっe-287
  1. 2010/07/23(金) 14:42:20 |
  2. URL |
  3. yo #vYXebdWU
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kaotti1さん
京都にはそういう乗馬させてくれる所、有りそうですね。
僕が住んでいた近所では緑地公園に乗馬クラブが有りましたが、英国に於ける程「身近」に感じられることは無かったですね。
身近と言うよりもカジュアルと言った方が近いかもしれません。
乗馬クラブ、多いと思います。
  1. 2010/07/24(土) 22:28:30 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kkさん
東京にも有るんですね。
知りませんでした。
でもやはり庶民には日本では敷居が高い気がしますね。
  1. 2010/07/24(土) 22:30:18 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

satothingさん
やはり日本で乗馬が趣味と言う方は、ちょっと庶民的じゃない気がしますね。
我々が子供の頃と比べると、テニス、スキー、ゴルフと言ったブルジョア(←死語?)の趣味に見えたスポーツは今や相当カジュアルで比較的誰でも楽しめるスポーツに成っていますが、乗馬はやはりそうはいかない気がします。
  1. 2010/07/24(土) 22:32:33 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

金田さん
おおっ、乗馬されたことがあるんですか。
僕は一度も無いです。
子供は、乗ったのはポニーでしたが楽しかった様ですが、同級生の英国人(白人)のCちゃんはイマイチだったようで、もうやりたく有りませんといってました(なにがあったんやろ?、笑)。

英国の誕生パーティ、めんどくさいですよ(笑)。でも、お誘いが有るとやはり子供たちは行きたがるので参加すると、我が家は呼び返すために「やらざるを得ない」訳ですよ。
一年に一回の一大イベントと言えば聞こえが良いですが、外人の子の面倒も見ないと行けなくて、しかも子供の話す英語は独特で、時に判らんかったりして(Tammyなんてことば、こちらに来るまで知りませんでしたもん、笑)。
  1. 2010/07/24(土) 22:37:00 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: こんばんわ~

yoさん
たまたま馬がカメラ目線をくれました。
こいつら、結構人になついていて、近づくとなでて欲しいのか、一所懸命にアピールしよります。
  1. 2010/07/24(土) 22:50:40 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/580-c848b261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。