英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放恣

R0017241.jpg
GRD2 ISO80 f7.1 1/640s Snowdonia National Park, Wales
今日は朝から曇ったり雨がぱらついたりで、肌寒い一日となりました。

フランスの下院が、圧倒的賛成多数で、イスラムの女性が顔を隠すスカーフ(ブルカやニカブ)の着用を、公の場では禁止すると言う法案を可決しました。
これは、中東からの旅行者にも適応される様です。
French MPs vote to ban Islamic full veil in public
フランスの右派勢力はここまでしますかと、英国に於ける鷹揚な態度に慣れた身としては少々驚いてしまいました。顔を完全に覆って隠してしまう衣服は、フランス共和国が掲げる理念に反するのが理由なのだそうです。あまりイスラム圏の文化には詳しくないのですが、確かにタリバーンがアフガニスタンでブルカの着用を強要したりなど、男性が女性を「支配する」態度を連想もさせます。宗教・文化的背景を知らないで是非の議論は難しいのですが、それでも信仰の自由などを考えると、常識的にはこれを法で禁止するのは少々やり過ぎで「横暴」に感じます。

この手の法案はベルギーについで2件目だそうですが、このような「信仰の自由」や「文化」に関わる事ようなデリケートな事象にたいする法案が通ってしまう辺りが、どうもフランスには馴染めない所以かもしれません。

写真は、ウェールズの北にある、スノードニア国立公園内の風景です。
Ukにあまり高い山は無いのですが、このあたりには小高い山が乱立しています。
湖水地方と比べると、男性的で雄大な風景が広がっていました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/07/13(火) 22:04:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<星を継ぐもの | ホーム | 勝者>>

コメント

曇っている空と相まって雄雄しい感じがしますね。
でも年間通して気温が上がらないところだからか、緑は見えますけど背の高い木はないようですね。

フランスってすごいですね。そんな法案通すんだ。。。自由とは何なのか考えてしまいます。

参院選挙は沖縄選挙区では民主党立候補を出さなかったそうです。
党側から見れば妥当かもしれませんが、自分の非を認めているようで、逃げ腰な感じが否めません。

近畿は大雨です、ゲリラ豪雨ってこれかなっていうのが頻繁に降ってます。
  1. 2010/07/13(火) 22:42:21 |
  2. URL |
  3. kaotti1 #Oob10Koc
  4. [ 編集]

他国の文化を理解しないのは横柄に思いますが、顔を隠すことで犯罪が助長されることを懸念しているのかもしれませんね。
あるいは郷に入れば郷に従えということなんでしょうか。
どちらにしても乱暴な意見が通ってしまうお国柄なんでしょう。

山の写真でも日本とは違うのがよくわかります。
なんだろう。
岩の形や山のうねり具合が違うんでしょうか。
不思議です^^
  1. 2010/07/14(水) 04:10:12 |
  2. URL |
  3. 成記 #7daZ1kYE
  4. [ 編集]

神秘的な感じですね。山や海に信仰が生じるのがわかります。

宗教、文化って厄介ですね。これに金を加えれば、戦争の原因はほぼカバーできそう。
一方、宗教は人の活動の大いなるエネルギーでもあるので、否定もできないですし…
  1. 2010/07/14(水) 08:58:09 |
  2. URL |
  3. kk #1jhbtX.k
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kaotti1さん
気温の関係か、土壌の関係からか、おっしゃる通り、この風景の当たりには高い木はありませんでした。
場所によっては木が生えていましたから、何か理由があるのだと思います。

フランスは、ちょっと僕には理解し難いところがありますね。
英国人はフランス人の事をむちゃくちゃけなしますが、英国在住の日本人も、皆口を揃えて、旅行先で現地の人の立ち居振る舞いに嫌気がさすのは、フランスでのことが多いと皆云います。

沖縄は、投票率も上がりませんね。
諦めているのか、それとも日本に帰属している事へのささやかな抵抗なのか。

今年は(この時期一時帰国された日本人の方に聞くところによると)スコールのよなゲリラ豪雨が頻発しているそうですね。
やはり日本は亜熱帯化しつつ有るのと同時に、何かがおかしいと思います。
  1. 2010/07/14(水) 22:27:46 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

成記さん
確かに、テロなどに対するセキュリティ上の理由はうなずけますし、郷に入れば郷に従えと言うのも正論だと言うのも判ります。
でも、なんとなく捕鯨の問題に似て、「正義の押し売り」「欧米的価値観の押しつけ」に思えて、僕にはやはり横暴に思えるんですよね。

同じ日本の中でも、北海道の景色は本州には無い雰囲気を持っていますよね。
言葉にするのは難しいのですが、その土地のもつ自分たちが普段馴染んでいたものとは異質の空気感や景色があるからこそ、旅は刺激的で楽しいのでしょうね。
  1. 2010/07/14(水) 22:32:25 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kkさん
そうですね。
人種と宗教と貧困がコントロールできれば、たぶん戦争は皆回避できてしまうのでしょう。

以外だったのは、人種や信条の違いに基づく差別を教典の中で唯一つ否定して禁止しているのが、イスラム教なんだそうですね。
テロ行為ばかりが突出して危険な思想と勘違いされてしまいがちですが、実はごく一握りの教義をねじ曲げて解釈している連中によって大きな誤解を招いている、と解釈するのが妥当なのでしょうかね。

キリスト教だって、十字軍なども含めて、かなり血で塗られた歴史がありますからね。
  1. 2010/07/14(水) 22:36:27 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/575-5d8af114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。