英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

勝者

R0017105.jpg
GRD2 ISO80 f6.3 1/640s Ruislip Lido, London
昨日からやや気温が下がり気味で、今日は天気予報通り、やや気温は低めです。
最高気温は23度くらいで曇りがち。
今週は不安定で、22~23度くらいの最高気温で推移する様です。
すでに秋の気配でしょうか?

ワールドカップは、スペインの初優勝で幕を閉じました。
スペイン・リーグのバルセロナの戦術と何が違うのかと言った批判めいた意見(スペイン・チームのメンバーの多くは、バルサ所属)も聞こえて来ますが、素早い正確なパス回しで相手を崩して攻めると言う華麗なサッカーで、王者らしい見事な勝利と思いました。
皮肉な事に、1970年代に優勝こそ逃したモノのオランダの黄金期とも云える時代を築いたヨハン・クライフの「無様に勝つよりも美しく負ける方が良い」というサッカー美学を色濃く受け継いでいるのは、クライフの母国のオランダよりもスペインの方で(現在のバルセロナの基礎をクライフが監督として築いています)、オランダはクライフの件の台詞を引用して、「美しく負けるよりも無様に勝つ」と言ってはばからなかったモノの、クライフ直伝の華麗なるサッカーに屈服した形になったのはちょっと皮肉なものと感じました。

一方の日本人の関心ごとの決戦は、言わずもがな参院選なのですが、皆が思っていた通りの結果が出ていて、あまり面白みが有りませんでした。

なんとなく、今回も「マスコミが作り上げた空気」に民衆が一斉に同調してその時その時の空気感を生み出し、それによって選挙結果が大きく左右されている様に目に映り、恐ろしくも感じます。←別に民主党の支持者と言う訳ではありませんので念のため。
ついこの間の衆院選挙からここまで一気に冷めるのか?と言う事が云いたい訳です。
英国では労働党政権は1997年から13年間におよびました。その前の保守党政権は、1979年にサッチャー政権が誕生してから、1997年にブレア政権が出来るまで、実に8年間続いているのです。
思えば、小泉内閣の郵政選挙の頃から、こういった度合いが強くなって来た気がするんです。
加えて、またまた二世議員が新人として当選しているのも、正直がっかりしています。やはり自分たちの地域優先の国政選挙であって、「国益を優先する国政選挙」には成り得ていないように思います。

自民党は、「消去法」的に、民主に入れたくないから仕方ないから自民へといった票が多かったのではないかと推察します。だとしたら、自民党は慢心せずに、従来の既得権益の党から是非に脱皮してもらいたい、そう思います。←別に、自民党の熱烈な支持者でもありませんので、念のため。

便利なもので、ネット経由でTV番組は見れないモノの、ニ◯ニコ動画がライブで選挙速報を流していて、自宅でF1 British GPを観戦しつつ、選挙の速報もライブ映像つきで海外で知ることが出来ると言う、今の時代の恩恵を強く感じました。F1はレッド・ブルとマクラーレンの2強にフェラーリが追随しているような構図になって来ています。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/07/12(月) 17:53:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<放恣 | ホーム | いよいよ決戦>>

コメント

のどかなエリアですね。遠景に人口建造物がないのがイイです。
東京、大阪でも、小一時間、電車に乗った郊外には、のどかなスポットがありますが
年々、出不精になってしまいました。

日本はバブルを境に、解決策の見えない迷路に陥ってしまいましたね。
政治の世界から「ガラガラポン」を起こすのは難しそうですが
資本主義経済の宿命で、経済面からいずれもっと大きなパラダイムシフトが起こりそうです。
「マーケットは大多数の人の利益になるようには動かない」という言葉が忘れられないです。
  1. 2010/07/13(火) 02:54:14 |
  2. URL |
  3. kk #1jhbtX.k
  4. [ 編集]

もう秋の気配ですかぁ?夏は短いですね~。切ないですね~。んー。大丈夫ですかぁ?さびしくないですかぁ?8月に北海道旅行したときに、TVでストーブの宣伝しててびっくりしたのを思い出しました。まぁ考えてみればロンドンは樺太と同じくらいの緯度なんですものね~。

私、日本への郷愁は募るばかりで、YouTube とかで懐かしい歌を聴くと涙出てきちゃいますけど、日本の政治は大変革して欲しいですね。明治維新の頃は、どうしてあんなにスゴイ人たちがあんなに多くも輩出されたんでしょう?時代、なんでしょうか?国民に似合った政治家が出てくる、とか、国民レベルに合ったマスコミが、とか言いますが、私たち日本人はそんなにひどくない気もしますけどねぇ。v-8
  1. 2010/07/13(火) 04:06:58 |
  2. URL |
  3. KT #mQop/nM.
  4. [ 編集]

タイトルにふさわしく、先頭の白鳥が勝者って感ですね。(^^

政権交代時に消費税を向こう4年間は上げないと言っておいて、菅さんが説明不足のまま
消費税アップを声高に熱弁するというバラバラ感が不信感に拍車をかけたような気がします。
それにしても、ついこの間の衆院選からここまで急激に冷めるのかと驚きましたね。
あまりに短期間で結果を求め過ぎとも思いますが、かと言ってそんなに悠長なことも
言っておられず。。。
国外から見ているとマスコミの報道に煽られている様子が丸見えかと思います・・・
  1. 2010/07/13(火) 07:55:31 |
  2. URL |
  3. satothing #7UVZ4oV6
  4. [ 編集]

空に何か飛んでます?UFO?なぁんて^^;
気持ち良さそうな空と湖です。
もう23℃ですか~ちょっと寂しい気がします。。って言っておきながら、真夏には「はよ、秋にならへんかな」とのたまう私です。

国民は長い不景気の為、少々焦っているのではないかと思います。
なので早急な何かが欲しいような。
マスコミもひとつの事に突き過ぎなところもありますが、それにのせられている国民も考えものです。
ただ今回はタレントなど芸能人の立候補者に票は集まりにくかったですね。
そんな人じゃなく、今すぐちゃんとお仕事してくれる人が必要と感じてきているのではないでしょうか。
私自身は2世議員でもしっかりやってくれる人なら議員になっても構わないと思っています。
でもそうでない人もいますからね。そこは問題です。
わが党の為。。。とかまだ言っている人を見ると、とてもしらけます。そんな議員いらないというのが本音です。
  1. 2010/07/13(火) 14:01:35 |
  2. URL |
  3. kaotti1 #Oob10Koc
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kkさん
非常に生活圏に近いところにこういった場所が有るのが、英国の良い所だと思います。

日本人は、外の出た事が無いヒトたちが「自信」を持ち過ぎなんじゃないかと思います。
もっと世界に若い世代を出して行かないと、結局は井の中の蛙のまま、沈んで行ってしまう気がしてなりません。
  1. 2010/07/13(火) 22:08:35 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

KTさん
たぶん、今少し夏らしい日は楽しめるとは思いますが、それでも日本のようなわけにはいかないです。
僕は結局仕事人間なので気候はあまり気になりませんが、家族はそうはいかないですね(笑)。
とはいえ、時々日本の夏が恋しく思うことはあります。

明治維新の頃は、踏み出す方向を誤ると「国が滅ぶ」危機にあった訳ですから、それこそ「命がけ」でしょう。今の官僚や政治家で命がけの人がいますでしょうか?ゼロだと思います。きっと国が滅ぶかもと言った所までに陥れば、すごいヒトが現れるのじゃないでしょうか。

日本人の潜在能力はひどくないと思いますが、いまの日本は、社会に蔓延している「事なかれ主義」や「排他的」な態度、談合的傾向など、海外に暮らし始めて好きになれない事が多数目につく様になってしまいました。
  1. 2010/07/13(火) 22:15:38 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

satothingさん
民主党の支持率が下がってしまっていることのかなりの部分は「自業自得」的部分が有るのは良く判りますが、それにしても結果を求めるには性急過ぎますね。
自民も今まで自分たちが「こんな国」にして来たくせに(民主党政権の9ヶ月で転がり落ちた訳ではない)、え~かげんにせいよと言いたくなります。
ひとまず、「国を左右する政策決定に関わった者達は、キチンとそれに対する責任をとる」様な形にして、気合いの入った仕事をしてくれれば、だれしもが良い仕事をするのでは無いかなあ、と。
  1. 2010/07/13(火) 22:21:06 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kaotti1さん
偶然写ったUFOに気づきました?
.....って、嘘です。多分、鴨です(笑)。

ともかくも、総理大臣がコロコロ変わり過ぎ。そんな国、どこの国が相手するでしょうか?
国民も、ねじれ国会にして政策運営がとどこる事に拠る損益をよく理解した上で投票した結果なのでしょうか?
どうも、マスコミに煽られた「感情論」で投票が決まっているとしたら、あまりに幼稚に見えてしまいます。
UKが何もかにも素晴らしいとは云いませんが、暮らしていると、どうしても比較してしまうのですよ。

  1. 2010/07/13(火) 22:25:20 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/574-2bb26980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。