fc2ブログ

英国医学研究留学記

テネリフェ島

朝から大雨です。
福田首相の突然の辞任のニュースに驚きつつ、つづきのレポートです。

R0011131.jpg
GRD2 ISO80 f5.6 1/400s マクロ
テネリフェ島は、カナリア諸島の島の中で一番大きな島です。
長期滞在型のリゾートとしての歴史も古いそうです。
強者はアパートメントを借りて、1ヶ月とか2ヶ月とか滞在するそうです。

R0011031.jpg
GRD2 ISO100 f5.6 1/400s
島としては結構大きく東京都くらいの面積。
島の中央の方向に富士山級の高さの山、テイデ山がそびえています。
歴史は結構古く、15世紀末には世界遺産であるラ・ラグーナという街が出来たそうです。
ラグーナ大学は18世紀初頭にその源流を求める事ができるそうで、僕の卒業した大学よりも遥かに古い歴史を持っています。

R0011015.jpg
GRD2 ISO80 f6.3 1/500s
治安は大変に良いと聞きました。
バルセロナ等のスペイン本土の都市はスリも多く軽犯罪に巻き込まれるケースが大変多いので基本的には気をつけた方が良いと、バルセロナ出身のポスドクが言っていましたが、そこまで警戒する必要は無いようです。
日本にいる様な無防備さは論外とは思いますが、基本的にリゾートホテル街にはジプシーなぞ全く見ませんし、割と夜遅くでも着飾った若いおねえさん達が、かなり開放的な服装で町中を歩いていたりしていました。

R0010981.jpg
GRD2 ISO80 f6.3 1/500s
それにしても、このさんさんと降り注ぐ日差しは嬉しい。
ロンドンに住んでみて、欧州の人が太陽を求める気持ちがわかってきました。
此の地で観光客がしゃべっている言葉を聞いていると、スペイン語は勿論ですが、英語・独語・仏語が圧倒的に多い気がしました。
レストランに入ると、北欧系の言語のメニューも用意されていたりするので、そちらからの観光客も多いのではと感じました。

R0010983.jpg
GRD2 ISO80 f5.6 1/500s
観光シーズンは欧州の主要都市はどこへ行っても日本人だらけだったりしますが、全く日本人を見かけないのも特別なことをしている様な気がして、ちょっと嬉しかったりします(屈折してますね、笑)。
やっぱり東洋人の観光客は珍しいのか、どこへ行っても「お前達はどこから来たんだ?えっ、日本?、そうか、よく来た!」的な会話をされます。
EU圏内の住人とおぼしき観光客にはそんな事質問している様には全く見えませんでしたから、やはり東洋人観光客の全体数はまだまだ少ないのだと思います。
やはり、日本から欧州に観光に来る日本人は、折角だからできるだけ名の通った主要都市を回りたいだろうし、南国情緒は日本国内からカナリアへ来るよりももっと近いところ(沖縄、ハワイ、オーストラリアや東南アジアのリゾート)があるので、よほど変わった人か此の地に思い入れのある人じゃないと、わざわざ此処まで来たいと思わないでしょうね。
でも、たとえばハワイのワイキキでは、日本語でヴィトンやらフェラガモやらを買い物出来てしまう様に、ある意味ジャパン・マネーに向かった商売をしていますが、此の地は全くそのような所がないので個人的には新鮮で良かったです。
日本からのアクセスは良くないですが、日本人であふれかえった海外リゾートにうんざりしている人にはとてもお勧めです。
つづく

GR BLOG トラックバック企画「夏」に参加

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/09/02(火) 08:48:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Playa De Las Americas | ホーム | カナリア諸島>>

コメント

確かに

日本人にとって、日本人であふれかえっていない海外リゾート地以外を探すのは難しいですよね。
今度そのバルセロナ出身のポスドクさんに聞いてみてください。以前スペインのアリカンテというところに行ったことがあるのですが、いかがなものでしょう?。
気の向くままに「異邦人」を口ずさみながら海辺を旅していた時期を思い出しました。
ヴァカンス返上中♪の身の上、数々のお写真、目に染み入ります...
  1. 2008/09/02(火) 14:53:18 |
  2. URL |
  3. cafe owner #yw4sqTbg
  4. [ 編集]

いつもお越しいただき

ありがとうございます、cafe ownerさん。すごくいろいろな所に旅をなさっておられるのですね。
欧州は、学生時代に4年間バイトで貯めたお金を一挙に使って3週間ほど放浪しましたが、初めての海外だった事もあり、やはり主要都市のみの旅でした。でもバックパックだけで、シャワー/トイレも共用の安宿に泊まる旅なんて、学生時代にしか出来なかった旅だと思います。
アリカンテ、バレンシア州の方ですね。同僚が最近アンダルシアに家族で行って来て、とても良かったと言っていました。僕は今回のカナリアが初めてのスペインだったので、またの機会にいろいろ訪れたいと思います。妻は、マヨルカ島を次の「標的」にし始めたようです。子供がもう少し大きくなってくれると、守備範囲が広がるんですけどね。

別に日本人が多いのが「悪」とは言いませんが、多いと同じ国籍を持つものとしてTPOをわきまえない人(もう死語かもしれませんが、現代風に言うと「空気が読めない人」と言うことになりますか)や恥ずかしい事をする人が眼につくので、それが嫌です。もっとも、日本人以外でもそういった人はいますけどね。
  1. 2008/09/02(火) 15:46:50 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/57-fcd1dce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード