英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Brussel 2日目(1)~Antwerpへ~

R0016762.jpg
GRD2 ISO100 f3.5 1/570s
ブリュッセル滞在2日目。この日は生憎の天気でしたが、曇ったままで結局雨は降りませんでした。
この日は、ブリュッセルから約45kmほど北にある街、アントワープへ半日観光ツアーに参加しました。

事前に聞いた情報では、音声テープに拠る日本語ガイド付きと聞いていましたが、実際は街につくまでに街の基本情報をテープで聞かせてくれるだけで、現地のツアーは英語・フランス語・オランダ語、そしてスペイン語でした。
一人、ツアコンが同伴しましたが、このかた、一人で同じ事を4カ国語でしゃべり通していました。ある意味、すごいです。

ベルギーには流通をになう大きな水路が発達していて、15世紀頃からアントワープには大きな港があって、今でも流通の要所との事です。

R0016779.jpg
GRD2 ISO100 f3.5 1/540s
旧市街地の近くでバスをおろされて、旧市街を散策です。
ここは旧市街の中心、グランプラス(Grand-Place)。ブリュッセルのグランプラスは世界遺産ですが、グランプラスとはどうもフランス語で広場と言う意味の言葉の様です。
正面に見えているのは、ギルドハウス。

R0016783.jpg
GRD2 ISO100 f3.5 1/540s
こんな感じで、雰囲気のある建物とカフェが並んでいます。
天気がよければさぞかし人でにぎわっていたでしょうね。

R0016778.jpg
GRD2 ISO100 f3.5 1/810s
これは市庁舎。正面にあるのはブラボーの像。
この像はアントワープの街の名前の由来を示しているとの事です。ブラボーと言う勇者が、悪さをした怪物の手(ant)を切り捨て放り投げた(werpen)様子が描写されているとの事。

R0016769.jpg
GRD2 ISO100 f7.1 1/710s
向こう側に見えている尖塔がある建造物が、お目当てのルーベンスの絵があるノートルダム大寺院。
1352年に建造が始まり、実に建てるのに170年程かかったらしいです。
時計がついている左側の棟を建造し終わった段階で建設資金が底をつき、右の棟は未完のままなのだそうです。

R0016782.jpg
GRD2 ISO100 f3.5 1/350s
近くで見ると、こんな感じ。アントワープの観光は、今回はもうこれが全てって感じでした(笑)。
いよいよ中に入ります。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/09(水) 21:35:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6
<<Brussel 2日目(2)~Antwerpへ~ | ホーム | Brussel 1日目>>

コメント

まさに古き良きヨーロッパですねえ。パトラッシュに会えそう〜
  1. 2010/06/10(木) 03:56:56 |
  2. URL |
  3. kk #1jhbtX.k
  4. [ 編集]

いいですね、この街並みはやはりヨーロッパ。カメラを手放せないなあ、これは。 日本の古都とはまるで違います。
  1. 2010/06/10(木) 09:20:49 |
  2. URL |
  3. tak+ #-
  4. [ 編集]

2枚目の細長い建物,、肩寄り添いあってるみたいで可愛いです。
魔女のキキがほうきにまたがって飛んでいそうですね。
3枚目見てドラクロアの絵を思い出しました。
ベルギーのアントワープってステキですね。
次はいよいよルーベンスの絵ですね。。。
ルーベンス。。。。。と言えばバリチェロと思った私^^;ハハハ(すみません)
  1. 2010/06/10(木) 14:27:24 |
  2. URL |
  3. kaotti1 #Oob10Koc
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kkさん
観光した後にフランダースの犬を見たら、ああっと思う景色が有るかも知れませんね。
この後の記事に書きますが、じつはベルギーやアントワープの人たちにはあまりあの物語は知られていないのだそうです。
  1. 2010/06/10(木) 21:11:36 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

tak+さん
地震が無く、比較的空気が乾燥しているのが大きいのではないでしょうか。
それと煉瓦作りが中心で。
日本は地震と高温多湿な気候、それゆえ木造の建築が中心で、古い景観を残すのは難しい(コストがかかる)ことなのかも知れませんね。
まあそれはそれとして、たしかに古くからの欧州の町並みには独特の風情が有って、我々から見るとなかなか写欲をそそられる被写体であることは間違い有りませんね。
  1. 2010/06/10(木) 21:14:06 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

アントワープは旧市街はこじんまりとしている感じですが、貿易の要所でもあります。
旧市街の外は以外と工場街だったりします。
ベルギーは世界のダイヤモンドのかなりの部分を取り扱うダイヤモンド輸出国(産出国から運び込んで、研磨・カットして宝飾品として完成させて輸出する)でもあります。

バリチェロさん、頑張って欲しいです。こういうNo2的なドライバーは何故か応援したくなりますね。大昔だと、ゲルハルト・ベルガーとか。
画家のルーベンスは名字ですね(ペーテル・パウル・ルーベンス)。←揚げ足とるつもりではないので、気にしないでくださいね。
  1. 2010/06/10(木) 21:20:46 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/547-fee8c5ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。