fc2ブログ

英国医学研究留学記

London Bridge

R0010774.jpg
GRD2 ISO400 f9.0 1/1250s
仕事でUniversity of LondonのKing's Collegeの医学部に用事があり、出かけてきました。
King's Collegeの医学部のGuy's campusはLondon Bridgeから歩いて5分ほどにあるGuy's Hospitalのそばにあります。
用事のついでに、BlogのネタとしてLondon Bridgeに寄ってきました。
上の写真がLondon Bridgeの写真です。
えっ、これが?と思われた方は、大阪的に言うと「おいしい」です。
まあ、有名な話なので知っている人も多いと思いますが、童謡(マザーグースの唄)で有名な橋なのでさぞかしクラシカルな趣の橋かと思いきや、きわめて近代的な橋で、なんて事は無いコンクリートの普通の橋です。
20年ほど前に、学生のときに初めて旅行でロンドンに来たときは、びっくりしたと言うより「えっ、これ?」と拍子抜けした事を覚えています。
London Bridgeは歴史的には何度も架け替えられているそうで、研究室の英国人に聞いた話では、一世代前の橋は1960年代の後半にTower Bridgeと勘違いした米国人が買い取って米国へ持って行ったのだそうです。
R0010773.jpg
GRD2 ISO400 f9.0 1/2000s
上の写真は、London Bidgeから東の方を向いて撮った写真です。
遠くに見えているdecorativeな橋が、多くの方がLondon Bridgeと良く勘違いするTower Bridgeです。
川は勿論テムズ川。
写真は2枚とも、前日の夜に暗いものの写真を撮るためにISO設定を400にしていたのを忘れたままシャッターを押したので、こんなLovelyな天気にも関わらず、なんでそんな設定で写真撮っているの?と言われてしまいそうな撮影設定になっています(お恥ずかしい)。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/08/23(土) 00:22:55|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏休み | ホーム | ジャノメチョウ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/54-8da1972f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード