英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

五輪閉会

R0015949.jpg
GRD2 ISO100 f9.0 1/1250s
週末は大陸から大きな低気圧がやって来て、ちょっとした嵐でした。
それでも、最高気温は10℃くらい有って、次第に暖かくなって来ているのを実感できます。
今日の月曜日は朝から快晴で、気温も10℃程。
こういう天気が増えてくれると良いのですが。

ハイチに続いて、チリでも凄まじい破壊力の大地震。
あらためて自然の力に畏怖の念を禁じ得ません。
何度もブログに書いていますが、地震国の日本が救援に対してイニシアティブを取ってもらいたいです。

オリンピックもとうとう終了。終盤になって次はロンドンだ!との論調の報道は見ましたが、英国ではいまいち盛り上がりに欠けていました。もちろん、BBC2などで競技の放送はしているのですが、BBC1のニュースのスポーツコーナーで特に取り上げられる事もなく、何よりも仕事場で英国人達の会話にもオリンピックの競技の話題が登らないのは、皆があまり興味を持っていない証拠に見えました。
日本人的には、真央ちゃんは少し残念でしたが良くやったと思いますし、最後のスピードスケートの団体追い抜きでのメダル獲得も(金までもうチョイで惜しかったのですが)よかったと思います。
しかしながら、日本がスポーツ大国とまではいかないまでもそれなりにメダルを獲得しようと思ったら、国策としてどうしたら良いのか良く分析して取り組まない事には、メダルはそうそう取れないでしょう。個々の選手はみなさん限界まで頑張っておられますので、そのがんばりを否定するつもりは全くありませんが、やっぱり「お金」がキチンとファンドされて効率良く生かされて来たのかも結果に大きく効いてくる事なのは、かつてのスポーツ大国だったロシアが思う様にメダルが取れなくなった事実が、雄弁に物語っている様に見えました。才能の有る選手が、お金の心配なく練習をつめて、しかも自らの立ち位置を確認する上でも普段から世界に出て行って戦える環境でないと、いくら才能があってもここ一番一発勝負のオリンピックで勝つのはなかなか難しいのではないかと思うのです。政府も国民も、日本はスポーツ大国にならなくて良い、参加する事に意義が有るので好きな者が自力で練習をして参加すれば良いと言うのならば、メダルメダルと騒ぐのは逆におかしい事になってしまいます。

オリンピックの話を吹き飛ばすかの様に、米ツアーで宮里藍選手が開幕2連勝。これはすごい。オリンピックもそうですが、2010年も男よりも女性の方が断然元気に見えます。

プレミアリーグは佳境に入って来て、4強のうちリバプールだけが蚊帳の外の状況で、アーセナル、マンU、チェルシーが3ポイント差でひしめき合う混戦の状況を呈して来ました。こうなると最後まで取りこぼさない様に粘り強く我慢したチームが、最終的に笑っていることになりそうです。

今週は、いろいろと(仕事以外の)予定が入って忙しいです。水曜日にはお世話になっている教授の就任記念講義(おそらく僕の苦手な懇親会付き)があります。また、日本の古巣の大学の医学部小児科の(僕の臨床のお師匠の一人である)K先生と若き心臓外科医3名が、Imperial Collegeで開催されているセミナーに参加するためにロンドンに来ていて、ご帰国される前にお会いして夕食でもご一緒にと言う話になっています。土曜日には、医学や生物学だけではなくて、物理学、統計学、建築学、経済学などなど分野の垣根を越えて既知を得た日本人研究者一同がロンドンに集結して宴会が予定されています。企画はもうすぐ本帰国の予定になっている小児科医T先生によるものなのですが、なにやらずいぶんと沢山の人が集まると聞いて、「大宴会」になりそうな予感がしています。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/03/01(月) 22:49:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<再会 | ホーム | Sleepover>>

コメント

青空と雲の間にある木々のシルエットがステキです^^

オリンピック終わりましたね~。
一度はあの開会式が閉会式を生で見てみたいと思っているのですが、、、
チケットがとーっても高いようで。。。(TT)
カナダは金メダルを取る為に100億投じたとかテレビで言ってましたね。
日本では行政刷新で冬季オリンピックでメジャーじゃないメダルを狙えない種目に
お金をかけないといけないのかと言っていた議員がいました。
どの種目かは忘れてしまいましたが、小さな会社に所属している選手の為、そこの社長さんが自分のお給料を減らしてでも費用に回したとか。。。
ボブスレーも競技用のソリ?をどこかの国から借りていたり、競技用のウェアも私から見ると他国よりずっとシンプルなものだったりと節約して競技に臨まれている姿を見ました。
何て言うかこのままではもうスポーツも衰退していってしまいそうでこの先が不安になります。

そんな中、宮里藍ちゃんの開幕2連覇は素晴らしい!
テレビの前で拍手してしまいました^^大変な時期もありましたから、尚更嬉しい感じです♪

今週はまたお忙しそうですね。
色んな沢山の方にお会いになられるようで気を遣ったりもあると思いますが、
楽しい事もありそう。。。でしょうか^^
  1. 2010/03/02(火) 01:02:16 |
  2. URL |
  3. kaotti1 #Oob10Koc
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
2012年にロンドンです。いかがですか?
僕たち家族は、まだロンドンに居るはずですので、お財布の許す範囲で楽しみたいです。

そうなんですよね。個人の才能だけではどうにもならない現実が有ります。練習だけに専念できる人と、練習の合間に遠征などの金策もしないといけない人とでは、自ずと差が出るのは、誰が考えても自明でしょう。

お師匠に会うのは3年ぶりなので、もちろん楽しみでもあります。ただ、ばたばたしてしまうのは、基礎研究にはあまり良くありません。バランスが大事ですね。
  1. 2010/03/02(火) 22:33:44 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

姉からメールが来て、息子(わたしの甥)が仕事でチリに滞在しているの
で地震のニュースを見てとても心配したそうです。幸いかなり離れた所
にいたので難を逃れたとのことでしたが、またしてもたくさんの被災者
を出してしまって自然の前での人間の小ささを感じます。

オリンピックの閉会式はちらちら程度に見ましたが、重圧から解放され
た選手たちの表情がとてもよかったです。
個人的には真央ちゃんがかわいいという印象です。
日本の成績についてはさまざまな意見があるようですが、さまざまであ
ってよいと思います。

少しずつ春らしくなってきましたね。
  1. 2010/03/03(水) 01:53:41 |
  2. URL |
  3. 風 #q4UduRVA
  4. [ 編集]

空、木々、緑の地面、なんだかとてもイイ感じです。
手前の木が奥行き感を出してるんですね。
  1. 2010/03/03(水) 14:00:59 |
  2. URL |
  3. kk #1jhbtX.k
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

甥っ子さん、ご無事で何よりでしたね。
でも、チリは治安が悪化しているらしいので、まだまだご心配でしょうね。
津波警報を把握しながら国民に警報を発しなかった海軍の事が報道に載っていますが、こういう「システム上の欠陥」によって更に甚大な被害を生み出したとなると、今回の津波の被害者のかなりの部分が「人災」とも言えそうで、痛ましい限りです。

スポーツや五輪に関して、様々な意見が有っても良いと言うご意見、賛成です。
ただし五輪で勝つ事が国益になると考えるのであれば、議論が必要でしょうね。
でも、東京への五輪の誘致に関しても住民と行政との間にずいぶんと温度差がある様に感じていましたから、実は昔ほど国民は五輪には関心がないのかもしれません。
  1. 2010/03/04(木) 22:45:55 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kkさん
ありがとうございます。
構図を考えだすと優柔不断でむちゃくちゃ迷うことがあるので、最近はスナップモードで「出たとこ勝負」のことが多いです(外付けファインダーで適当に構図を決めちゃいますが、視差があるので実際に写る絵とはかなりずれがあります)。

写真家の立木 義浩氏が、こういう「ずれ」に期待したりすると雑誌のインタビューに答えていました。自分の美意識で決めた構図なんてたいしたことがないから、「ずれ」たおかげで良い絵になったりすることがあると。まあ、僕の写真と一緒にするのはレベルが違いすぎて大変に失礼なのですが、その気持ちは共感できます。
  1. 2010/03/04(木) 22:52:05 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/472-b46c05d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。