英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

謝罪

R0011897.jpg
GRD2 ISO80 f2.4 1/100s
今朝家を出るときは曇り空で、夜間は雨模様だった様ですが、研究室にたどり着く頃には雲が切れて青空が広がっていました。
何日かぶりにさわやかな空を見た気がします。

帝国主義時代に、英国の貧しい家庭の子供たちが、政府によってお前達は孤児だと嘘をつかれて、オーストラリアに移民として強制的に送り込まれた歴史があったそうです。
この子供たちは、その後、辛い肉体的使役に就かされたり、迫害されたりしたそうで、昨日はオーストラリア首相が、この時の子供たちおよびその末裔たちに政府として謝罪したと言う報道がBBCでされていて、気になりました。
年内に、ゴードン・ブラウン首相も謝罪の声明を出す事を期待されている様です。

今日は上の娘の同級生の英国人(女の子)が、家に遊びに来ていた様です。
こちらでは、人の家に遊びに行く事をPlay dateと言って、夕食も食べて帰って行きます。
こちらならではの風習ですが、家に呼ぶ場合は、子供でもベジタリアンだったりしますし、宗教的な理由で食べられないものがあったりするので、あらかじめ食べれる物を確認しておいたりとか、いろいろと気を使う様です。
妻の企画で、皆でクッキーを焼いたりして、楽しく過ごした様です。

週末は、サッカーは国際マッチ・デーでプレミアはお休みでした。イングランドはブラジルに負けています。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/11/16(月) 22:13:38|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<研究費予算も削減? | ホーム | 日本人研究者が集まって麻雀大会>>

コメント

Play dateですか、一見は楽しそうですけど色々と迎える側は大変。息子の友人に帰国家族がいて、よく行ってましたわ。
イングランド代表の状態、気になりますねぇ。
Bチャールトンから応援してます。
  1. 2009/11/17(火) 09:40:25 |
  2. URL |
  3. tak+ #-
  4. [ 編集]

こんばんは

木々が少しずつ色づいて来ていますね。
でも日本のような紅葉はないんでしたよね。

ヨーロッパのサッカーは力が拮抗しているので
少しの差で調子の波が順番に来ている様な気がします。(素人考えです)
  1. 2009/11/17(火) 14:56:50 |
  2. URL |
  3. masa + #-
  4. [ 編集]

こういう紅葉の仕方すごく懐かしいです。
学生寮の並木道もこんな感じでした。
前に黄色系の紅葉だとおしゃっていましたが、
今日のお写真で思い出しました。
めちゃヨーロッパですね。
  1. 2009/11/17(火) 17:53:09 |
  2. URL |
  3. Adelie #-
  4. [ 編集]

tak+さん
最初は妻も非常に気が重く感じていた様ですが、今はだいぶなれた様です。こちらの子供たちは変にすれていなくて、素朴なかわいい子が多いですしね。
イングランド、少なくともカッペロさんに監督が変わってから、ずいぶんと良くなった気がしますよ。
EURO2008で予選落ちしたのが嘘の様です(メンツはあまり変わっていませんけど)。テオ・ウォルコット(アーセナル)なんて生きのいいのが出て来ていますしね。楽しみです。

masa+さん
仰せの通り、真っ赤な葉になる木は、あまり多くなくて、全体的には黄色が多いです。
こちらに来て目が肥えて来たのか、スペイン・リーグやプレミア・リーグといった国の違うリーグの色みたいな物が、何となく感じられる様になりました。
いまのところ、欧州のリーグでは、イングランドのプレミアが少しレベルが抜きん出ている気がします。でも、確かにスペイン・ドイツ・オランダ・フランス・イタリアのリーグなど、実力は大きな差は無い気がしますね。
俊介のいたスコットランド・リーグは、セルティックとレンジャーズだけが欧州でそこそこ通用するレベルですが、イングランドのプレミアのトップ・チーム(Man U, Arsenal, Chelsea, Liverpool)と試合をすると、かなりレベルに差があるなあと感じます。
そうそう、純粋にサッカーを見て楽しむのに、小難しい事は抜きで、楽しみましょうよ。素人も玄人も無いですよね(僕も素人ですし、毎週見ているから少し詳しくなって来ただけです)。だまされたと思って、イングランドのプレミアの試合、もし日本で放送されるならば(夜中でしょうから録画して)見て見てください。オモロいですよ。

Adelieさん
こちらに来て意外に思ったのは、針葉樹が思ったよりも少ないんですよね。
見慣れてくると、英国内でも街に拠って木々も少しずつ様子が異なりますね。
  1. 2009/11/17(火) 23:14:48 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

オーストラリアといえば、もっぱら流刑に地、というイメージがあります。
米国だけじゃなく英国からもあったんですか。暗い歴史ですねえ。

これから夏に向かうオーストラリアは人気の旅行先です。
同僚も二人が遊びに行く計画です。格安航空券だとへたな国内旅行より
安かったりしますしね。私もニュージーランドを散策したいです(笑)
  1. 2009/11/18(水) 00:31:21 |
  2. URL |
  3. kk #mQop/nM.
  4. [ 編集]

kkさん
そうなんでしょうね。
植民地としての開拓を、そういったマイノリティ達にさせたと言う事なのでしょう。
英国はあまり積極的に奴隷を使いませんでしたが、中東地域や清国なんかにはかなりひどいことをしていますから、あり得る話と思いました。

オーストラリア、天気がよくていいですよね。実は、留学先にシドニーの研究室も考えていて、そこはwelcomeと言ってくれたのですが、英国では大学のスタッフ(講師)で雇ってくれましたが、向こうへ行けばただのポスドクだったので、家族はシドニーの方が明るくてハッピーだったかもしれませんが、仕事の観点からではロンドンで正解でした。
生活の上ではシドニーは良い所ですが、子供が身につけるべき「英語」に関しては、オーストラリアン英語よりもブリティッシュ英語の方が、ずっと良かったと思っています(笑)。
  1. 2009/11/18(水) 21:00:23 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/408-52ef975b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。