fc2ブログ

英国医学研究留学記

TOYOTAの撤退!?

R0015422.jpg
GRD2 ISO80 f5.0 1/320s
今朝は寒い朝でした。
夜間にかなりまとまった雨が降っていたようで、出勤時は道は水浸しで、空も曇っていましたが、午後からは晴れ間も見えました。

今期のレースがついこの間すべて終了したばかりのF1ですが、残念なニュースが続いています。
http://www.asahi.com/car/f1-scene/OSK200911030040.html
中嶋一貴がシートを失い、ブリジストンがタイヤの供給から全面撤退。
それに加えてTOYOTAが正式に今季限りでの撤退を表明する模様です。
ピレリもミシュランもタイヤ供給から撤退していたので、現状でタイヤの供給メーカーはゼロに。
エンジン供給メーカーは、昨年のホンダの撤退もあって、メルセデス、BMW、ルノー、フェラーリの4社だけになってしまいました。
こうなってしまうと、タイヤメーカーの違い、チームのボディとエンジンの違い、そしてドライバーの力量と相性と言った、いろいろな要素が楽しめた昔のF1が懐かしいです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/11/03(火) 21:39:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<過渡期 | ホーム | 携帯をなくす>>

コメント

F1ですか。金食いらしいし、ECO時代には運営が大変でしょうね。
セナ、プロストの白赤マクラーレンや頑張れ中嶋ロータスの時代が一番でしたよね。見なくなりました。
  1. 2009/11/03(火) 23:19:58 |
  2. URL |
  3. tak+ #-
  4. [ 編集]

こんばんは

えぇ~ < ;`∀´>マジっすヵ!!
トヨタまでF1から撤退ですか!
ブリジストンに続いて日本企業の撤退
F1って、相当お金がかかるんでしょうね(+_;)
宣伝効果も考えられないほど、経営が圧迫してしているのかな??

来シーズンのF1どうなるんでしょうか?
楽しみが半減しそうです(+_;)
  1. 2009/11/04(水) 13:50:48 |
  2. URL |
  3. masa + #-
  4. [ 編集]

スポーツカーが若者に人気だった頃はF1のスポーツイメージも大切だったのかも知れませんが、今となってはスポーツタイヤのポテンザと言っても、多くの人は分からないでしょうし、走ってる車と言えばミニバンなので、タイヤ選びはエコや省燃費が注目されるんですから思う程の宣伝効果はないのだと思います。トヨタがF1進出したのはヨーロッパでのシェアアップにはスポーツイメージ向上が至上命題だったと思います。ケルンに拠点を置いたのも理由の一つだったと思います。でもやはり日本車のvalue for moneyはアメリカ人の合理主義には合うのでしょうが、ヨーロッパ人のデザインセンスに訴えるだけの訴求力が日本車にあるとは思えませんし、保守的なヨーロッパの競合メーカーの牙城を崩すのはさすがのトヨタも読み間違えたのではないでしょうか。事業部制で名を馳せた松下も、カンバン方式で讃えられたトヨタも、やはりいつまでも通用する経営方針というのはないのでしょうね。タイヤは韓国メーカーになるようですがやはり自分の国のメーカーがないと見ていても面白くないですね。セナやシューマッハがいた頃がピークだったんでしょうね。寂しい限りです。
  1. 2009/11/04(水) 14:19:11 |
  2. URL |
  3. Adelie #-
  4. [ 編集]

私はF-1に趣味はないのですが、きっとひとつの時代が終わり
パラダイムシフトが起こりつつあるのだと思います。
未来は、SFが描く近未来は、じわじわやって来るんだと思います。

だって、昔はケータイなんか実用化されるとは思わなかったし
21世紀なんて来るはずないと思ってましたもん(笑)
  1. 2009/11/04(水) 15:17:07 |
  2. URL |
  3. kk #mQop/nM.
  4. [ 編集]

tak+さん
大学生のときは一生懸命見ていたF1も、社会人になってから僕も見なくなっていました。
英国に来てから、やっぱりモータースポーツはこちらは人気があって盛んなのと、ライブでの放送が昼まで体が楽なこともあって、子供と一緒にまた見始める様になりました。

masa+さん
日本のメーカーは、これですべてが姿を消しました。このままだと、日本GPも怪しいのではないかと思います。日本人からすると、興味が減りますよね~。これで小林も中島もシートが確保できないとなると、ますます.......

Adelieさん
英国では右ハンドル左側通行と言うこともあって、日本車は人気です、多分、燃費も良いのだと思います。中身を評価する英国とかドイツ語圏では受けが良いような気がしますが、いかがでしょうか?
確かに、TOYOTAもHONDAも、F1に参加する事にメリットが見いだせなくなったのでしょうね。
僕たちが子供の頃はスーパーカーと言ってドキドキするような、車に夢を見れた時代でしたが、いつの頃からか、車はステータスシンボルでも、夢を見れる道具でもなくなってしまった様ですね。

kkさん
そうですね。20年前の自分が今の時代の携帯やiPhoneやPCを見たら驚愕するに違いないですものね。僕が高校生のときのPC8800なんか、CPUは8bitで、メモリーが64kbですからね(笑)。
  1. 2009/11/04(水) 21:30:13 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/398-50f50edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード