英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スポーツ選手の薬物汚染

R0015358.jpg
GRD2 ISO80 f5.6 1/500s
昨日ちょっと触れた、元Tennis playerのAndre Agassiの話。
朝日新聞のサイトには全く出ていないので、日本ではあまり話題になっていない様ですが、8回もグランドスラムを制した選手が、じつは一時期覚せい剤に手を出した話が彼の自伝で明らかにされ、波紋を呼んでいます。
ちょうど女優のBrooke Shieldsと結婚した頃で、この頃から転落する様にまったく大きな大会で勝てなくなり、1997年末にはATPランキングを141位にまで転落しました。覚せい剤に手を出したのはこの頃の様です。離婚後、再び徐々にランキングを上げて来て、1999年の全仏で優勝して復活の狼煙を上げ、結局2006年に引退するまでに4大大会で8回の優勝、史上5人目の4大大会完全制覇など、一時代を築いた選手のはずでした。「偉大な」選手であるべき人物が実は一時期薬に手を出したと言う話に、メディアの論調は、落胆した、残念だ、裏切られた思いだ、といった感じです。

あまり薬に手を出した背景の話が報道されていない(知りたい人は、自伝を読めと言う事なんでしょうね、笑)のでわかりませんが、一流のアスリートが薬をやってしまうのは、本人の弱さもあるし、周囲のサポートにも要因がある気がします。Agassiの場合は、やはり彼の身近な人物が勧めた様です。ノリピーとさして変わらない気がしますね、こうなると。

1997年時のドーピング検査で覚せい剤が陽性に出ていたにもかかわらず、当時は何もお咎め無し(聞き取り調査では本人が覚せい剤の使用を否定したそうです)、当時嘘をついた事を懺悔した現在も、何も彼に対してペナルティーを課す様子もなさそうな状況を、それで良いのか?とメディアの論調は続きます。

それにしても、テニス界に関しては、Hingisのコカインの使用疑惑があるなど、もしかするとAgassiの件は氷山の一角なのかもしれません。だとすると、業界内部の薬物汚染はかなり根深いのかもしれません。

ちなみに、Agassiの自伝には、彼はテニスがずーっと大きらいだったけど、食べるために仕方なくやっていた、という下りもあるそうで、学生時代にずっとテニス部だった自分には、この発言もすごく意外でした。
今の奥さんは、あのSteffi Grafですが、Grafはそういうのをどう思うのか、ちょっと聞いてみたいです(離婚しないところを見ると、理解しているんでしょうねえ、きっと)。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/10/29(木) 22:30:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<水面下 | ホーム | ストばかりのRoyal Mail>>

コメント

薬。芸能界、スポーツ界、一般とすごいですよね。
芸能界なんてあれで復帰出来るのが理解出来無い!
教育も含め、もっと厳罰を与えるべき。
何度、夢やあこがれを壊された事か。
  1. 2009/10/29(木) 23:03:51 |
  2. URL |
  3. tak+ #-
  4. [ 編集]

tak+さん
おはようございます。
こちらは今ちょうど夜の11時過ぎです。日本は朝の8時過ぎですね。
芸能界は、ちょっと甘やかしすぎな気がしますね。復帰を許す業界の体質も、それを見る視聴者も、双方に甘さがある気がします。
実は英国でも若年層の薬物汚染はとても深刻な問題になっています。こういった薬物の流通は、もはや世界中でリンクしていると考えるべきなのでしょうね。昔の様に、暴力団だけを監視しさえすれば良いと言う状況ではないのでしょう。どの先進国も有効な手だてを打てていない現状は、すなわちとても対策が難しい問題だと言う事を端的に示している気がしますが、根絶するための絶え間ない努力は必要ですね、やはり。
  1. 2009/10/29(木) 23:23:30 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

大嫌いだったけど食べるため仕方なかった、という気持ちはちっとも珍しくないですが、
それであれだけの偉業を成し遂げた、というのはやはりレアケースですね。
まあ、それもクスリをやってなければなんですけどね。
ボルグやマッケンローが懐かしいです。
  1. 2009/10/30(金) 16:15:00 |
  2. URL |
  3. kk #mQop/nM.
  4. [ 編集]

kkさん
おっしゃる通りですね。島岡先生の言う、好きなことよりも、強みを仕事にしろ、と言う事でしょうか。
薬物やっていたから、4大タイトルのタイトルを剥奪とかって、そういうきついことはしそうも無いですしね。
ボルグやマッケンローの時代は、今思えば優雅な時代でもありましたね。何か秀でたものがあると(ボルグは後ろで打ち合う事、マッケンローはネットプレー)、良かった時代でもありました。いまはオールラウンドに何でもこなせて、かつ持久力とパワー(瞬発力)も併せ持たないと、勝ち続ける事が難しい時代です。そういう時代に勝ち続けているフェデラーは、ものすごく偉大だと思います。
  1. 2009/10/30(金) 21:14:28 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/393-a6597c79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。