英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歯科

R0015305.jpg
GRD2 ISO80 f6.3 1/640s
今日は曇りがちな一日でした。

今日は、仕事をお休みして、学校を早引けさせて、昼から子供を歯医者さんに連れて行きました。GPや病院と同じく、すべてが予約診療なので、学校が終わった後の時間に予約を入れられなかった場合は、学校を休ませるか、今日のように早引けさせないと行けません。医療システムが日本と大きく違うだけじゃなくて、妻が治療方針の話し合いといった場合に英会話に少し不安を抱えているので、仕事に融通を付けて僕も付き添わねばならない点が、日本にいたときと状況が違う所でしょうか。

もともと虫歯が出来ていたところへ、夏休みの間、日本で「美味しい」お菓子を暴食して来た我が子たちは、英国に帰って来てみると虫歯が大きくなっていて、先日高熱を出した下の方の子は、局所の感染まで起こして歯茎が腫れてしまいました。あわててかかりつけの先生に予約を取って診てもらっていたのですが、抗生剤の投与でも完全に腫れ(つまり炎症が)引かなかったため、当該地域のなかで中核的な役割を担うような少し設備が充実したベテランの先生がいる歯科医院を紹介され、今日はそこを受診して来たと言う訳です。かかりつけだった先生は、若い先生で、感染を伴った齲歯の処置にすこし自信が無いようでした。かかりつけに抜歯した方が良いのではと言われていたのですが、今日の先生はレントゲンも撮った上で、保存的に感染のコントロールを試みて、無理ならば抜歯しようと言う話になりました。治療方針は大体固まったので、次回以降の受診には、ひとまずは妻に連れて行ってもらおうと思っています。

以前も書きましたが、英国の歯科はあまり評判が芳しく有りません。まず、NHSの手続きに乗っ取った医療を提供してくれる歯科医院の絶対数が少な過ぎて、大人は医院への登録先を見つけるのが困難になっています(GPと同じく、登録先の医院にしかアクセスできません。登録人数はGPと同じく一つの医院に「定員」が有るので、定員いっぱいの医院は当然登録を受け付けてくれません。小児に関しては、比較的容易に見つけられるそうで、我が家も子供の歯科医院への登録はスムーズに行きました)。原因は、NHSの医療をするよりもプライベートの方が儲かる上に、歯のトラブルは痛みを伴って待てない事が多いので、なおさらプライベートでも「なんとか支払おうとする」人が多いことに起因する様です。といっても、ちょっとした虫歯の治療で1000~2000ポンド(かるく10万円以上)を請求される事はざらだそうです。そんなプラーベートの歯科でも、お金はかかっても技術は日本の歯科のレベルと比べると比較にならないくらい技術がお粗末だそうで、同じプライベート診療ならば技術がずっとましなベルギーなどの大陸に治療を受けに行く英国人がとても多いと聞いています。歯科に関しては日本は「めちゃくちゃに恵まれた環境にある」と言えそうです。ちなみに、駐在員さんたちは、歯が痛くなった場合は、日本に緊急帰国するそうです(笑)。この国に住む以上は、歯のケアは日本にいたときよりも神経質になった方が良さそうです。虫歯は気をつければ防ぎ得るので、英国では絶対に虫歯を作ってはいけません(笑)。

阪神大震災を身を以て体験した一人としては、昨日のサモアの大地震に継いで、またもや生じたスマトラ島の地震に心が痛みます。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/09/30(水) 20:01:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<安全性の再確認 | ホーム | Cancer jab>>

コメント

歯医者さんは。。。非常に緊張して行きます^^;
英国は技術がもうひとつなんですね。
先日テレビで顕微鏡で歯の治療をするとかの特集をしていました。
見えにくいところ、細かいところもしっかり治せるとか。。
歯1本、10万円は掛からないようでしたから、英国のプライベートは仰る技術ならぼっ〇くりですかね(笑)
いやぁ、日本が良心的なのでしょうか。

地震、更に津波でサモアもスマトラも大変な事になっていますね。
テレビを見てやはり阪神淡路大震災を思い出しました。
  1. 2009/10/01(木) 03:38:25 |
  2. URL |
  3. kaotti1 #Oob10Koc
  4. [ 編集]

サッカーボールも昔とは大違いですね。私は五角形の白黒デザインのしか蹴ったことがありません。
はて、もう何年前のことだろう(笑)

確かに日本の医療制度は非常に優れた面も多いし、総合的には恵まれているのでしょうね。
ご存知のように、大都市圏では歯科医はすでに過当競争で患者の争奪戦になっているらしいです。
私の居所の近所でも、歯科医とペット病院はほんとうに多数あります。歯科医はともかく
小さな子供より、犬猫のペットのほうがきっと多い気がします。
  1. 2009/10/01(木) 13:38:12 |
  2. URL |
  3. kk #mQop/nM.
  4. [ 編集]

こんばんは

すべての医療技術が日本より勝れているイメージがありましたけど、意外ですね。
いまの日本の開業歯科は経営がすごく大変らしく、店じまいする所が多いみたいで、
だから、どこの歯科もお客(患者)の獲得のためにサービス合戦をしているそうですよ(^^;

遊んだあとの寂しさを感じるサッカーボールです。
モノクロだからその寂しさをよけいに感じます。
  1. 2009/10/01(木) 14:45:19 |
  2. URL |
  3. masa + #-
  4. [ 編集]

kaotti1さん
プライベート診療(NHSだともちろん全部無料なのですが)でかかる費用と、一時帰国する航空機代+一ヶ月分の健康保険料+支払う治療費が、ほぼ同じくらいになってしまう事が多い様ですね。なるほど、それならば日本に帰ろうと思いますよね(笑)。健康保険が大きいですね。

僕らから見るとぼったくりに見えますが、英国の人は「日本の歯科医の技術の優秀さ・確からしさ」を知らないですから、こちらの人でぼったくりと思っている人はいかほどいるのかしらと言う気がします。ベルギーとかは英国よりは良いと聞きますが、多分、日本人の器用さ・几帳面さにはかなわないのじゃないかと思っています。腕の良い日本人の歯科医がこちらでプライベートで開業したら、むちゃくちゃ儲かると思いますよ(だって、技術で勝負したら、絶対に上手ですから)。

kkさん
高い技術のレベルでの歯科医同士の顧客獲得競争、もううらやましい限りですよ、英国の歯科の惨憺たる現状を知るにつけ。政府も問題視している様ですが、なかなか抜本的解決案が出てこない様ですね。

こちらは、多分、最高の技術の所へたどり着ければ、良いサービスを受けられるのだと思います(そのかわり、最高のサービスは非情に数が少なくて、アクセスが困難か高額)。日本はどこへアクセスしても、そこそこ平均的なレベルは必ずクリアーされているのだと思います。ただし、最高のレベルの所でサービスを受けれるかどうかは、一般市民には情報がないために「運次第」といった所でしょうか。「名医」とか「評判の良い病院」と言った情報があるじゃないか!と思われるかもしれませんが、病院ミシュラン本を見て「うそやろ~」と思った記憶しか有りませんし、市民レベルの口コミや病院がはやっているかどうかも、必ずしも医師の腕前や病院の実力を反映しているとは思えなかったケースが多々あるのです。

医者や病院を、「主観的」な基準に基づき、業界内で持ちつ持たれつの状態でなれあって評価するのではなくて、きちんとした客観的判断に基づいて評価し、それを公表するような仕組みが出来れば、医療レベルが上がって、どこへ行ってもかなり高いレベルの医療サービスが受けられるようになるのではないかとも思います(下位に評価されたら患者さんが来なくなるので、死にものぐるいで評価を上げる努力を各病院がするようになるでしょう)。

masa+さん
すべてが日本選りすぐれていると言うのは、もはや幻想ですね。たしかに何十年も前はそういう時代も合ったかもしれませんが、一般的な医療に関してはそんなことは無いです。技術が劣る面があるとしたら、日本では数の少ないもの(脳死移植や実験的な試みに拠る難病に対する最先端医療など)などが有るでしょうか。

日本で店じまいした日本人歯科医で、我こそはと思う人は、英語の勉強と英国で診療行為をするためのライセンスを取る勉強をして、こちらで開業してくれませんかね~。儲かると思うのですけど。日本語の通じる歯科があれば、日本人コロニーもハッピーですし。
  1. 2009/10/01(木) 19:26:47 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/364-a38f872e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。