英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復調

R0015294.jpg
GRD2 ISO400 f2.4 1/25s
今日は朝からすばらしい天気。本当に今年の9月はよい天気が多くて気持ち良いです。
昨年、一昨年(雨ばっかりでした)とは比較になりません。

火曜日の晩から始まった子供の高熱は、木曜日の午後には解熱傾向が認められ、金曜日にはほぼ平熱にまで下がりました。
解熱はしたものの、本調子じゃなさそうなので、昨日も学校をお休みさせました。
結局、39℃台の発熱は2日あまりで治まったことになります。
嗄声のうえに咳や鼻水も出ていたので、気道感染症である事は間違いないのですが、新型インフルエンザじゃないならば、RSウイルスなど、小児で少し症状のキツくなる風邪のウイルスであったかなどといろいろ考えてしまいますが、結局はこういうケースでの確定診断と言うのは難しいです。
インフルエンザの場合は、家族間では暴露されるウイルスの量が多いことと、インフルエンザ・ウイルスの増殖スピードが速いこともあって、潜伏期間は1~2日しかないケースも多々ありますが、いまのところ、上の子はぴんぴんしていますし、僕や妻は手洗いやうがいをしていたこともあって、いまのところ感染兆候は有りません。

ちなみに、医師になって、外来で沢山のインフルエンザ患者さんと接触を余儀なくされて来ましたが、社会人になってインフルエンザに感染した事は未だ一度もありません。たまたまなのかもしれませんが、ワクチンを毎年受けていたにしても、やはり「手洗い」と「うがい」は効果があるのだと実感しています。

本日は、上の子が午前中は日本人学校の補習校で国語の授業。
昼に学校が終わった子供をピック・アップして、そのあしで車で20分ほど行った所にある、美味しいと言う評判の飲茶を食べさせてくれる中華料理屋に行きました。昼ご飯なので、値段がカジュアルで財布にやさしいのもグッドなのですが、なるほど、どれを食べても美味しかったです。

ひとまずは、子供が元気になって、一安心です。
妻も、今週は子供の病気で少々お疲れ気味。
この週末は、自宅でのんびりと過ごす時間が多くなるのではないかなと思います。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/09/26(土) 21:39:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<休息 | ホーム | 緊急参戦>>

コメント

お子様の復調、良かったですね。
友人の医師の話を聞いていても、毎日、数多くの患者と接しながら
感染しないほうが不思議なくらいに思えます。臨床医はたいへんな
リスクを抱えた仕事だなあといつも思います。

私もまだインフルエンザにはかかったことがありません。
実はワクチンも接種したことがなく、手洗い、うがいを励行し
なるべく人混みに出ないようにしています。映画が好きなんですが
これからのシーズン、映画館はやはり避けるべきスポットで残念です。

ところで、今日の写真はどこでしょうか。よく見ると美術館のようですが。
海外は撮影可の美術館が多くて良いですね。
  1. 2009/09/27(日) 01:43:20 |
  2. URL |
  3. kk #mQop/nM.
  4. [ 編集]

良かったですね~。咳も鼻水も辛かったと思います。あともう少しですね^^
なるほどやはり手洗いとうがいですか。この先も続けてまめにしていきたいと思います。

写真は飲茶のお店に飾られているものでしょうか。
私、どうしてもこういうタイプはシーサーにおもえてしまうのです、ハハハ、病気です。
  1. 2009/09/27(日) 12:15:41 |
  2. URL |
  3. kaotti1 #Oob10Koc
  4. [ 編集]

日本的というより中国っぽい雰囲気の像ですね。
お子さんが早く快復されて良かったですね。^^)
私もkkさんと同じく予防接種もしたことないです。
節々が痛む風邪に罹ったのは20代後半が最後でした。
一生インフルエンザに罹らない人って、いるんでしょうか。
  1. 2009/09/27(日) 14:02:07 |
  2. URL |
  3. satothing #7UVZ4oV6
  4. [ 編集]

kkさん
ご心配いただき、ありがとうございます。症状と現在割と「流行している」事実を客観的に考えますと、やはり新型だったと考えるのが妥当かなとも思うのですが、正直、お金をかけて抗体価でも測定しない限りは正解は出ません。驚かれるかもしれませんが、風疹に似た発疹を呈するウイルス感染症は多々あるので、学校とかで流行していないと風疹ですら自信を持って症状から「風疹です」と外来で断定でき無かったりするんですよ。麻疹・水痘・流行性耳下腺炎のような、疑い用の無い「固有」の症状が無いと、感染症の確定診断を症状からするのは難しいです。

おっしゃる通り、インフルエンザも気をつければ、かなり感染を防げると思いますが、出来るならばワクチンも受けておいた方が良いでしょうね。

写真は、残念ながら美術館においてあるような立派なものではなくて、飲茶を食べた中華レストランの駐車場入り口に鎮座しているものでした。

kaotti1さん
今日の日曜日はもう元気いっぱいで、熱があるときは少々のわがままは「仕方ないなあ」と許せましたが、もう今日は許せなくなって、叱りつけてしまいました(笑)。

仰せの通り、中華レストランの駐車場の入り口に置いてあったものです。シーサー、良いっすねえ。本帰国が出来て長期休暇が取れれば、真っ先に沖縄に遊びに行きたいですねって、そうでした。沖縄の大学院大学のポジションを狙うべし、でしたね。

satothingさん
まさしく、中華レストランのものなので、中国っぽいそのものですね(笑)。

ご心配いただき、ありがとうございました。
ワクチン、出来るなら射っておいた方が良いとは思います。インフルエンザは変異しやすいので、それ故にワクチンの効きも不確かであったりしますが、変異で急激にビルレンスが増強する場合もあり得ますから。一生かからずに済むかどうか、難しいですね。人と接触せずに住んでいれば、かからないでしょうけど、それは難しそうです。

  1. 2009/09/27(日) 20:30:41 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

東京も大阪も意識的には全然ですが、すっかり流行期ド真中のようです。小学校も中学校も全学年学級閉鎖なんてこともあるようです。マスコミが今は色々と話題が豊富なのでイマイチ真剣にインフルエンザを取り上げないからかも知れませんが、マスクが品切れ!とか少し報道しただけで買い占めパニックや高値のオークションが行われるのですから日本の危機意識は低いですね。本格流行までにダイキンのインフルエンザ菌を100%除去の謳い文句の新型空気清浄機を密かに購入予定を立てたり、既に家族分のマスクを3ヶ月分程買い占めた私もイマイチなんですけどね(笑)
  1. 2009/09/28(月) 14:05:36 |
  2. URL |
  3. Adelie #-
  4. [ 編集]

Adelieさん
日本はほぼ流行期に突入したと考えて良いでしょうね。罹患した方がマイノリティだった時には、僕の想像ですが、日本だと陰口たたかれたりとか差別的な扱いをされた方も結構いたんじゃないかなと思うのですが、ここまで増えると、もう誰が感染してもおかしくないでしょう。

集団ヒステリー的なある種のパニック状態に陥るのが日本の社会の伝統だと思うのですが、一時的に舞い上がるのではなくて、新型も季節性インフルエンザの場合も同じように、流行期にはルーチンとして「うがいをする」「手洗いをする」「必要に迫られない以外は人ごみを避ける」「出来るならワクチンを射っておく」などに気をつけるような習慣付けが大事じゃないかなと思います。特に、マスコミには、一時的に野次馬的に危機感をあおるだけじゃなくて、流行期には継続的に注意喚起をするようにして欲しいなと思います。
  1. 2009/09/28(月) 18:05:46 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/361-4aff7418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。