fc2ブログ

英国医学研究留学記

日本の生命科学研究の行く末

R0010478.jpg
GRD2 ISO80 f4.7 1/320s
今日は、晴れ間が覗いたと思えば曇ったりにわか雨が降ったりと、いかにもロンドンらしい天気です。週末は、土日ともとてもよい天気で気持ちの良い週末でした。金曜日から週明けに至るまで、仕事だけじゃなくて、日本からのお客さんも相次いで、忙しくてブログの更新すらままなりませんでした。

まずは金曜日の夜に、日本にいた研究室の大学院生2名が、昨日の日曜日からエジンバラで開催される国際発生生物学会に参加するために英国にやって来ました。金曜日の夜に我が家に一晩泊まったあと、当初は2晩泊めて欲しいと言っていましたが、一日早くエジンバラ入りする事にしたため(学会の開催で、エジンバラに向かう交通手段の混雑が予想されるため)、土曜日の昼過ぎにKingscross駅からNational Railにて旅立って行きました。実り多い学会になる事をお祈りします。宿泊料としてキューピーマヨネーズを約束通り持って来てくれたため(英国のマヨネーズは味が薄くて美味しくありません。キューピーマヨネーズは日本食材店で買えますが、日本で300円も出せば買えるものが、5ポンド以上します。約千円くらいですか)、妻は大喜びでした。

この学会には、僕の元ボスが招待講演をするために招かれているので、学会ついでにロンドンに寄って行って欲しいと打診していたのですが、学会前はとある学術雑誌の編集会議で忙しく、終了後は奥様の強いご希望で欧州のロンドンではない別の町に足を伸ばすことになってらっしゃるそうで、またの機会に立ち寄ってくださるとの連絡を受けました。ちょっと残念でした。

日曜日は、ケンブリッジで開催されていた別の学会に参加されていた小児科の先輩医師K先生(といっても、この方も僕と同じく「グレて」しまってお医者さんは辞めてしまい、基礎医学の研究者になってしまったのですが)が、帰国前に是非顔を見たいと、寄って行ってくださいました。朝方、街中でピックアップしたあと、研究室をご案内して、同僚の小児科医T先生のご家族と僕の家族と合流して、K先生をヒースロー空港にお送りする前に、空港から車で20分ほどのところにある、以前にこのブログで紹介した美味しくて雰囲気の良いお気に入りのパブにちょっと遅めのお昼ごはんを食べに行きました。
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/blog-date-20080920.html

K先生とのお話の中身は、最近のお互いの近況や研究面で興味のある事、僕の古巣の小児科の最近の状況、昔お世話になった(もう退官されている)O小児科名誉教授の近況など多岐に渡りました。中でもひときわ花が咲いた話題が、政権交代のどさくさに麻生政権が行った最先端研究開発支援プログラムの「中心研究者及び研究課題」の決定についてでした。
http://www8.cao.go.jp/cstp/sentan/kekka.html
これは政府主導で一つの研究プロジェクトに30億円を配分する(30件の採択で総額2700億円)というもので、文科省の科学研究費補助金や科学技術振興機構の競争的研究資金(CRESTやさきがけ)とは異なり、審査過程から透明性を確保した画期的なものだと言うふれこみでした。採択課題が先日発表になったのですが、工学系など分野外のものは門外漢なので判断しかねますが、生命科学領域に関しては、正直「がっかり」しました。すでにかなり多くの研究資金が以前から投入されている研究室ばかりで新鮮みが無いだけじゃなくて、失礼ながら中には過去の業績のオリジナリティを世界的規模で考えたときに、「何でこの研究室が?」と思うものも(いや、提案された研究計画がひょっとするとすばらしいものなのかもしれませんけど、詳しい中身は見れません)。柳田充弘先生のブログに拠ると、採択課題の半数以上3分の1(9月8日、訂正)が「東京大学」なのだそうで、民主党が白紙撤回もあり得ると言っていますが、僕も「白紙にしてやり直したら?」と思った次第です。少なくとも、これだけの税金に基づく資金を一つの研究室や、共同研究としてタッグを組んだ複数の研究室に使わせるならば、1. 落選した課題について、それはどこの研究室の提案したもので、何が足らなかったから採択されなかったのか?、2. 採択された研究提案の概略(詳細は模倣される恐れがあるので、知的コンテンツの保護の観点から出せないと思いますが)と、審査の過程で何が他の採択課題よりも優れていてポジティブに捉えられて採択されたのか?の2点は、少なくとも政府は国民にきちんと説明する義務があると思います。

柳田先生もブログに書いておられますが、すでにかなり潤っている研究室が「さらに潤う」ような仕組み(ある意味、いろんなところで見ることの出来る既得権益に近い)、即ち、できあがった格差が益々大きく広がるような科学技術政策がまかり通って行くようでは、日本の科学技術に将来は無い気がします。なぜなら、今現在、あまりスポットライトを浴びていない(日の目を見ていない)分野に、金鉱が眠っているかもしれないのです。科学とはそういうものだと思います。一見、何の役に立たつのか判らない内容が、10年後、20年後に大化けしたりするのです。海外でポジションをとっている日本人の生命科学領域の研究者達は、今回のこの採択内容を見て、「日本の研究環境がすばらしいから是非に日本に帰りたい」と思う人は誰もいないと思います。少なくとも、ぼくはがっかりしましたし、英国の方が研究資金の獲得に関してずっとフェアで恵まれた環境にあると思いました。海外でも一点集中しているラボはもちろんあるのですが、日本よりも間口が広くきちんとファンドされているように見えますし、日本のような極端な研究費配分の偏りは見られません。オックスフォードやケンブリッジに大半の研究資金が集中するような事態にはなっていないのです。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/09/07(月) 17:00:32|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<知らぬ間に | ホーム | またまた多忙につき>>

コメント

同じ空でも違いますね。大阪はちゅーと半端な入道雲やったり出来損ないの筋雲でどっちやねんって感じです。シャープな筋はやっぱり飛行機雲ですか?

日本は新型インフルエンザのワクチンで盛り上がっていますがイギリスはどんな対応なんでしょうか?日本は国家としてのワクチンそのものの入手より、誰の命に重きを置くかに躍起になってみっともない取り合いで情けないです。
  1. 2009/09/07(月) 18:27:47 |
  2. URL |
  3. Adelie #-
  4. [ 編集]

うーん、考えさせられますね。

東大は国立大学の全予算の10分の1を使っているといいます。
当然、総合力は最高なのでしょうが、それゆえ内向きでコンサバに
なるんじゃないでしょうか。既得権益を守ることにエネルギー使ってそうだし。

自然科学系のノーベル賞受賞者は京大のほうが多いなんて
予算と実績が見合ってないじゃないですかね。
まあ、5人対3人なんですけどね。名古屋大が2名なんですね。
  1. 2009/09/08(火) 12:50:45 |
  2. URL |
  3. kk #mQop/nM.
  4. [ 編集]

こんばんは

とてもキレイな空です。もう秋空でしょうかね。
雲も印象的な形をしていますね。

僕もこのような雲をみつけるとおもわず
シャッターを押していると思いますよ。
  1. 2009/09/08(火) 14:41:32 |
  2. URL |
  3. masa + #-
  4. [ 編集]

Adelieさん
こちらはすっかり晩秋の空です。筋はご指摘の通り、飛行機雲です。ロンドンには国際空港が4つあるので、見上げた空を飛んでいる飛行機の数が半端じゃない事と、ちゃんとした理由は調べていないのですが、日本の空よりも飛行機雲が発生しやすいようです。

豚インフルエンザワクチンの接種は、政府とNHSの方針がすでに打ち出されて、こちらでは接種のプログラムは直に始まります(一部では試験的に既に始まっているはず)。日本の報道がどういったニュアンスなのかはTVのニュースが見れないので文字面だけではよくわかりませんが、こちらでは不公平だと文句が噴出するとか、みにくく奪い合うと言った事にはなって無いと思います。市民生活も、病院も、医療従事者も、何もかもが冷静に見えます。日本では、優先順位について、そんなに皆さんが文句を言っているんですか?。ちなみに英国の優先順位は、
0)医療従事者
1)6ヶ月から65歳の人で、季節性インフルエンザのワクチンの優先接種の対象者
2)妊婦
3)免疫が低下している者(HIV感染者、免疫抑制剤使用者など)
4)65歳かそれ以上の高齢者で、季節性インフルエンザのワクチンを通常射っていた者
になっています。
われわれ健常人には、生産量と生産スピードのこともあって、たぶん当分の間は回ってこないでしょうね。

kkさん
税金に拠る研究費は、かなりの部位が東大や京大に配分されてしまいます。東大や京大にクオリティの高い研究をしている研究者の数が多いのは確かですが、中には(生意気かもしれませんが)首を傾げたくなる(なぜ大型予算があたり続けるのか理解できない)ラボもあります。これも、採択の基準が欧米と違って、基本的には過去の業績の信用とコネに基づいて配分されているからだと思っています。欧米は、もちろん過去の業績に基づく判断も加味されていますし、場合によってはコネも有るのでしょうけれど、「今何をしているのか」「それを次のステップでどうするのか」も重視されていて、日本とは違うなと思うのですよね。特に駆け出しの若い研究者向けには、所属施設がいかにしてバックアップしてくれる体制にあるかも重視されています。だから若い人にも研究提案の中実が良ければ十分にチャンスがあります。欧米型でないと、業績がまだ駆け出しであまり蓄積していない、でも能力のある若手にはなかなかチャンスがありません。一方では、日本型だとすでに「あがってしまった(旬を過ぎた)」人にも大きな予算がつき続けると言う可能性がある訳です。どこかで欧米型に予算配分の審査の過程を転換しないと、日本は本当にヤバいのじゃないかと真剣に思っています。

コストパフォーマンスの悪さは、たとえばハーバードなんかも同じじゃないでしょうか。日本に於ける東大のように税金に拠る研究費の一極集中は米国ではないと思いますが、それでもハーバードは医学/生命科学では米国で(下手すると世界でも)最も研究費が潤沢な大学のはずです。でも、ノーベル医学生理学賞受賞者数は、米国の他の大学と比べて傑出しているわけではありません。これに関して、実は今読んでいるペーパーバック、Malcolm Gladwell著の「
Outliners」に興味深い分析が載っています。スペースの関係でここには書きませんが、一流と言われる大学で教育を受ける事とノーベル賞受賞には正の相関は無いそうです。

masa +さん
ヨーロッパは、湿気が少ない分空の色が深くて、ついつい空にカメラを向けたくなってしまいますね。関西も秋に向けて、楽しい被写体が目白押しですね。紅葉や、万博のコスモスとか。masa+さんの写真を楽しみにしていますよ。
  1. 2009/09/08(火) 17:28:06 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

まだ世間の認知はニュースを見ていてもどこかで起きてる事件的な感覚でマスクも一時程の品切れだったりはしていませんが、涼しくなってきたので世間の認識も変わってくると思います。ワクチンの優先順位もそんなに不平不満はまだ出ていませんが一つの医療機関に一日数本程度しか回らない計算とかで、多くのお医者さんはこんな数では打たないと言わざるを得ないと言っています。そんな中指定医療機関に集中して配布なんてことも言われているようですが、そんなことにでもなったらまたパニックでしょうね。輸入ワクチンを割り当てられることになる私たちは本当に助けてもらえるのだろうかって感じです。
  1. 2009/09/10(木) 16:59:53 |
  2. URL |
  3. Adelie #-
  4. [ 編集]

Adelieさん
英国にはグラクソ・スミス・クラインという巨大製薬会社があって、新型インフルエンザのワクチンも製造していて、世界中からの発注に応えるために増産体制に入ったと2ヶ月ほど前(7月)に報道されていました。それでも、英国民全体にいき渡るワクチンの量の確保にはほど遠いのが現実です。英国政府は、毒性が増した株が出現する前には、必要数は確保したいようですね。日本は生産能が低いのがネックです。こういうことこそ、政府主導で「お金を用意して」増産体制に入れるようにせんといかんのじゃないかと思うのですが。

今一番肝心なのは、「国民が冷静に行動する」事じゃないでしょうか。今までの医学的なデータを見ても、糖尿病や肺気腫・喘息と言った慢性呼吸器疾患とか心臓病などの基礎疾患がなければ、決して致死率が高いものには見えません。ワクチンにも「副作用」というリスクがつきまといますし、接種しても抗体価が全員で上がる訳でもないので、効果がなかった人も現れる訳です。何が言いたいかと言うと、100%絶対な予防方法は無いと言う事です。それならば、まずは感染の確率を出来るだけ下げる努力をする。「必要がなければ人ごみを避ける」「手洗いとうがいを励行する」「規則正しい生活を送り、きちんと食事を食べ、節制する」などは季節性インフルエンザに感染する確率も減らすことが出来ますから、まずは身の回りで出来る予防策をする事じゃないかと思います。次に、もしかかってしまったら、速やかに信頼できる医療機関の指示に従って治療を受け、かつ、入院が必要なケースの症状なりを良くお医者さんから聞いて把握して、必要な更なる治療の開始のタイミングが遅れないように自衛も必要でしょうね。英国では日本よりも死亡者数も感染者数も圧倒的に多いですが、皆がマスクを買いに一斉に薬局に走るというような、ある種の集団ヒステリーは全く起こっていませんし、僕もあまり心配していません。なるようにしかならないですしね。
  1. 2009/09/10(木) 19:02:07 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/344-85b797d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード