fc2ブログ

英国医学研究留学記

食の安全

R0010752.jpg
GRD2 ISO400 f2.4 1/25s
日中は晴れ間がのぞきますが、仕事帰りの時分には小雨がぱらついたりします。この2~3日は、そんな天気が続いていました。
本日は曇りの予報で土曜日は雨らしい。日曜は良い天気の模様です。

アイルランド製の豚肉から基準値を超えるダイオキシンが検出されたため、アイルランド政府が回収に乗り出したとの報道。汚染された餌を豚に与えていたごく一部の業者からの肉だけから検出されたらしいのですが、アイルランド政府は全品の回収を指示しているようです。
英国政府のはなしではないのですが、この不景気で、そんなことをするとただでさえ経済が混乱しているアイルランドに取っては大打撃なのに、割と迅速な対応に僕には思えて、好感度大です。消費者よりも業界の方に向き合っている日本の農水省に見習ってほしい。

中国が欧州からの輸入品に許容出来ない添加物が検出されたとのことで、欧州からの輸入に規制をかけるとのニュースには、ちょっと「おいおい」と思いました。

英国に来るまでは、ここの牛肉はちょっと怖いなあとか思ったものでしたが、実際に来てみると、英国人はだれも気にしてないし、聞いてみるとBSE対策や流通の情報がすべてオープンなので、いまや世界でも一番安全なレベルと云っていいのではないかとの返事。で、気にすると生活成り立たないので、気にするの止めました。
まあ、多分に自国びいきが入っているにしても、この国のいろんなことに対する「政治的な対応」の早さや業界の自浄作用は信用してもいいのかなという気がしてきました。「常識」と言うのが、英国人の気質なのかもしれません。
だったら、サービス業ももっと迅速に対応してほしいものですが、行政サービスも含めてそうではないので頭が痛いところです。電話をくれると云った期日に何の連絡も無かったり、届くはずのものが期日に来なかったり、しょっちゅう。待たすのも待たされるのにも慣れているためなのかと思えば、保守的英国人の代表の様なラボ・マネージャーのS氏は、対応の遅い業者にいつも怒っているので、必ずしもサービスを受ける側が、たとえ英国人であってもそれで良しとは思っていない様です。

写真は、スミスフィールド市場(Smithfield Market)のなかにある時計。
ここは、ロンドンの肉の卸売り市場で、ヨーロッパ最古&最大のもので、実に800年の歴史を誇ります。
以前に紹介した、聖バーソロミュー病院のすぐそばにあります。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/12/12(金) 08:00:00|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<アテネの暴動 | ホーム | 決勝トーナメントへの椅子>>

コメント

こんばんわ~

800年ですか~v-405
中は改装されたんでしょうけど...
門にしても時計にしてもすっごく凝ってますね~
歴史を感じさせるヨーロピアンな風景ですっ
  1. 2008/12/12(金) 12:43:58 |
  2. URL |
  3. yo #vYXebdWU
  4. [ 編集]

こんばんは。
いつも思うんですけれど、ケンさんの写真ってステキですね。モノクロが多いのもイギリスの味が出ているっていうか、カラーもそれはカラーだから良いんだなぁって思って見とれています。なんだか偉そう。。すみません。
ところで狂牛病、イギリスでは大丈夫なんですね。私も一番恐いとこだと思っていました。
今は中国が恐いです。。。もう何年も前から買ってはいなかったのですが。。。ニュースで中国の人が喋った内容が信じられなくて、そこから信用出来なくなりました。
  1. 2008/12/12(金) 13:35:49 |
  2. URL |
  3. kaotti1 #Oob10Koc
  4. [ 編集]

こんばんわ

ヨーロッパ諸国の政府等の対応の
早さには、いつも感心するばかりです。
日本もこういうところをもっともっと
見習ってほしいと切に願う毎日です。

写真の時計も800年の時を刻んできたのでしょうか?
歴史を感じさせる重厚な時計ですね。
  1. 2008/12/12(金) 14:43:42 |
  2. URL |
  3. masa+ #-
  4. [ 編集]

こんばんは

yoさん
1666年のロンドン大火災等で消失したりして、何度か建物は建て替わっているようです。欧州の昔からのデザインって、日本人から見ると目を引きますよね。神戸が人気あるのもそれがあるからじゃないでしょうか。

kaotti1さん
写真はお恥ずかしいです。お褒めいただいて嬉しいのですが、下手の横好きの範疇を出ません。ま、写真で食べて行く訳ではないので、それで良いのかなあと思っています。
中国製は、怖いですよね。例のメラミン事件で、こちらのスーパーでも中国製のミルクキャラメル等が、スーパーから全面撤去されたりしました。
品質さえ疑わなければ、こちらは鳥、豚、牛肉はどれも日本よりも遥かに安いです。妻の作ってくれるシチューやカレーに日本にいたときよりもいっぱいお肉が入っているので、僕も子供たちも大満足です。

masa+さん
ほんとですよね。日本ではだれか強い明確なメッセージを内外に発信出来て、決断力のあるリーダーが現れないと、庶民の不安は日に日に増すばかりな気がします。ここ2~3年が、日本にとっても政治・経済・外交に於いて大きなターニングポイントに差しかかっているのかもしれませんね。失速せずにぜひとも浮かび上がってほしいです。
写真の時計は、そこまで古くないと思います。ゼンマイ等を利用した機械式時計の歴史そのものが、そこまで古くないですし。そうそう、時計が好きだと、グリニッジ天文台に行くと、マリン・クロノメーターの歴史等が展示してあって、結構楽しめます(実は結構好き)。
  1. 2008/12/12(金) 19:46:58 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

身の安全

こんにちは、お体の方はいかがでしょうか? マスク姿で失礼いたしますv-400 (←風邪ではありませんが^^;)

英国の市場は歴史ある佇まいで、何か日本とは違う感じですが、もともと市場として建てられたものなのでしょうか? それにしても素敵なデザインですね。もちろん、お写真もですv-425

BSEといえば、英国の狂牛病を思い出します。この事件で、実は献血ができない身です。v-74
-1980年から1996年の間でイギリスへの入国のある人-だから。トランジットのために立ち寄り、1泊したロンドン。牛肉を食べていないのに、です(トホホ)。でもFish & Chipsの美味しさを知ったのは、この2回目のロンドンの時でしたが(苦笑)。v-529v-355 
  1. 2008/12/13(土) 00:50:18 |
  2. URL |
  3. cafe owner #yw4sqTbg
  4. [ 編集]

cefe Ownerさん
もともとから市場として建てられたもののようですね。ここに行くと歴史を解説したプレートが並んでいますが、細かいことまで覚えていないですけど。
僕も厚生省ご指定の時期にロンドンを観光しているので、輸血出来ません。もっとも、医療従事者は感染症に対してはハイ・リスクなので基本的には献血すべきでない(何をいつもらっているのか解らないから)と云うひともいますが。
  1. 2008/12/13(土) 15:04:13 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/149-ce81ad09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード