fc2ブログ

英国医学研究留学記

日本人学校

R0010265.jpg
GRD2 ISO100 f2.4 1/15s
土曜の夜中に少し雪が降り、日曜の朝は薄くですが雪景色でしたが、雨であっという間に雪は無くなってしまいました。
先週の金曜日から寒波が北極海からやって来て、ロンドンはここ数日とても寒いです。
それでも最低気温は3~5℃くらいで、氷点下までは下がりません。

土曜日は、子供の通う日本人学校補習校(土曜日だけ、国語のみ)で、古本市を兼ねたイベントがあったので、ボランティアとして参加してきました。
久々に重いものを運んだりとかしたので、ちょっと腰に来ましたが、子供は楽しかったようで良かったです。
古本の販売以外に、おみくじや(日本の)駄菓子、文房具の販売やら餅つき大会やら、企画は盛りだくさんでした。
収益は、そのまま日本人学校補習校での運営に当てられるそうです。

日本人学校は、こちらでは私立扱いで、全日制と補習校に別れます。
日本の文科省の管轄ですが、日本に住民票の無い海外駐在員の子供たちに対しては、義務教育ではなくなってしまうので、通わせる義務もありません。
全日制は、日本の学校と全く同じ学校で、日本のカリキュラム通り日本の教科書を使用して日本の授業スタイルで教育が進められます。
ただし、結構費用が高く、正直言いますと僕のような大学教員の給料では通わせる事がとても無理な値段です。
企業の現地駐在員さん達は、会社がその費用を出してくれるので、日本に何年かして帰る事が確実な方で、特に現地校への拘りの無い方は、帰国した際に子供が馴染み易いのでそちらを選ばれるようです。
我が家は、経済的理由もさることながら、折角なので、英語が身に付いてグローバルな視点を子供に身につけさせることが出来ればと、現地校に通わせています。
現在、全日制に通うお子さんよりも、土曜日だけの補習校へ通うお子さんの方が人数が多いそうで、やはり英語を出来る様にさせたいと考えるご両親が多いのではないかなと思います。

GR BLOG トラックバック企画「道」に参加

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/24(月) 08:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<減税 | ホーム | 佇思>>

コメント

こんばんは

信号機とすぐ横の消火栓の形が日本とは違いますね。
でも日本と同様に暮れ時のイイ雰囲気です。
北極海からの寒波なんて想像するだけで寒そう!
海外で触れられた駄菓子や餅つきは、密度の濃い楽しさだったでしょうね。
うちの息子は、イギリスからの留学生の友達ができたので勉強になると
喜んでますが、きっと留学生が関西弁をシッカリ覚えて帰って行くだけと
思います(笑)
  1. 2008/11/24(月) 11:00:13 |
  2. URL |
  3. satothig #7UVZ4oV6
  4. [ 編集]

こんばんわ~

かなり暗い時間帯ですね~
でもひょっとして...午後の2時とか3時なんでしょうか
なんか...ノースリーブっぽい人が写ってますけどv-405
ロンドンっ子にとってはこんなのまだ秋なんでしょうか
  1. 2008/11/24(月) 13:57:30 |
  2. URL |
  3. yo #vYXebdWU
  4. [ 編集]

こんばんは

satothigさん
日本と離れていると、日本では当たり前に身の回りにあるけれどもこちらには無いものが、とてもありがたく思えます。
satothigさんの息子さんにとっては、良い刺激でしょうね。今は仕事の都合でやむなく外人と接しないといけなくなりましたが、初めて海外に出たときはビビってしまいましたしね。外人にビビらなくなるだけでも儲け物ですし、出来ればその英国人が帰国後もコンタクトをとっておいて、大学生や社会人になってからもお互いに行き来出来る間柄であると、お互いに得られるものは大きいと思いますね。ちなみに、僕の周りにいる大阪人は、必ず「儲かってますか?=How are you?」「ぼちぼちでんな=I'm fine, thank you.」が大阪の伝統的な挨拶だと外国人に教えていて、大阪弁を覚えてもらうどころか、誤った大阪感を植え付けている様な気がします。僕は、観光案内を頼まれたときには、心斎橋からなんばへ向けて歩いてかに道楽と今は亡き食い道楽系のサイケな置物を見学した後、電気街・通天閣・づぼらやのふぐを見せて、串カツで締めることにしていました。

yoさん
実は....、この写真は7月1日のもので、夜の9時半です。いまは4時半には日没で、4時を過ぎると真っ暗なんですよ。夏なのでノースリーブはこの時期は当たり前なのですが、いまのこの寒い時期でも、女性はノースリーブ、男性は半そで・半ズボンのやつがいて、白人の寒さに対する強さは理解不能です。僕は、もはや日本人とは同じ人類とは思わない方が良いと思うくらい、耐寒性には白人と東洋人の間には差があると思います。ちなみに、白人の平熱は37.5℃までだそうで、日本人は子供以外は37.5℃は発熱状態だと云うと、驚かれます。ちなみに、日本の小児科では、37.5℃までは発熱とは見なしません。
  1. 2008/11/24(月) 15:49:47 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/135-2fe6ac40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード