fc2ブログ

英国医学研究留学記

スポーツ・パブ


GRD2 ISO400 f2.4 1/4s
ぱっとしない天気が続いています。
でも、今日は、ほんとに久しぶりにlovelyな天気です。
太陽と、すこしいつもより暖かい、小春日和と言った感じです。
天候が冴えないこの季節、市民の一番の楽しみのひとつはサッカーの観戦でしょう。
プレミア・リーグやチャンピオンズ・リーグなど。
直接見に行けたらよいのですが、アーセナルやチェルシーなどの人気チームのチケットはなかなか取るのも難しいそうです。
で、テレビで観戦したい訳ですが、これがどうして、好カードの試合はBBCやITVなど一般のチャンネルでは放送してくれなくて、Sky Sportsといった有料のチャンネルでしかやってくれない試合も多いのです。
皆が皆、自宅で有料の放送を見れる様にしている訳ではないですから、そこでスポーツ・バーならぬスポーツ・パブへ行って、ビール片手にこういう有料放送でしか見れない試合を見に行ったりする訳です。
パブの表には「Sky見れます」と云う様な看板をわざわざ掲げているお店もあったりします。
この不況で、相当数のパブがつぶれるのではないかとの報道を目にしますが、英国の文化ですから残っていってもらいたいものだなと思っています。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/14(金) 08:00:00|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Regent Street (Upper) | ホーム | 死を受け入れると云う道>>

コメント

写真が良いからかもって思うんですが^^
この落ち着いた感じのスポーツパブ、行ってみたいです。日本のスポーツバーとは雰囲気が違いますねぇ。
ロンドンのパブって日本のパブとはやはり違うんでしょうか、お店によって違うのかな?
  1. 2008/11/15(土) 03:30:54 |
  2. URL |
  3. kaotti1 #Yv0W3BDQ
  4. [ 編集]

ふたたび、こんにちは、kaotti1さん

写真はお恥ずかしいです.....
日本のとは、雰囲気が全然違いますよ。
町中の若者の多い所のパブは、少し騒々しいですが、日本の居酒屋の様に大騒ぎしている人は全くいません。ビール片手におしゃべりを楽しむ所ですね、基本的には。日本のスポーツバーの様にサポーターがなりものをならしながらわーわー応援したりもないですね。
郊外のパブは、若い方から子供連れ、お年寄りまで、静かにビールや食事を楽しみながらゆったりと会話を楽しむ様な感じです。郊外では景色も良いですよ。以前の記事をご覧になってみてください。
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/blog-date-20080920.html
  1. 2008/11/15(土) 14:03:29 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/127-8a1a6715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード