fc2ブログ

英国医学研究留学記

大統領選

R0011666.jpg
GRD2 ISO200 f6.3 1/640s
ずっとよくない天気が続いています。
もう一週間以上太陽を見ていない気がします。
うっかり風邪を引き、体調もいまいち。
こちらは日本よりも空気が乾燥しているせいか、すぐにのどがやられます。
写真は、一ヶ月ほど前の出勤時の商店街。
早く晴れてくれないかなあと言う期待を込めて。
人通りも少なく、斜めに差し込む光が美しいと思いました。

米国大統領選、最終的に黒人へ投票してもらえない可能性などが指摘されて、もしかすると.....、というような報道もありましたが、結局予想通りオバマ氏の圧勝でした。
共和党は、世に蔓延するブッシュ嫌いに相当足を引っ張られた気がします。
結局、安全保障か経済政策か、という二択で経済を国民が選んだという見方もできるようです。
これだけ景気が悪いと当然かもしれませんが、世の中が一斉に特定の空気・雰囲気に包まれて突っ走っていてしまう(ちょうど9.11直後にナショナリズムが高まってイラク攻撃にほとんどの人が異を唱えなかったのにも似ている)危うさも感じます。
この点は今の日本も全く同じで、あまり好ましい状況には個人的には思えません。
だからといって、マケイン氏が良かったとも思いませんが。
「たられば」を言っても仕方ありませんが、ゴア氏がブッシュ氏に勝っていたら。いまはもっと違う世の中だったのかもしれませんし、大差なかったのかもしれません。

周囲にいる英国人のほとんども、オバマで良かったと言っていましたから、ブッシュ氏は別の意味で歴史に名を残した大統領と言えそうです。
起こした戦争の後処理はまだまだ長引きそうですが、政権交代で経済も含め安定の方向へ向かうのか、まだまだ混迷を極めるのか、見つめていきたいと思います。

GR BLOG トラックバック企画「道」
に参加

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/06(木) 12:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<利下げ | ホーム | ネット>>

コメント

おはようございます。
おやおや、風邪を引かれてしまったのですねv-405 ほんとうに乾燥は大敵です。

オバマ氏の経済界ブレーンに伝説の投資家・バフェット氏がいるのも興味深いところですね。
こちらも風邪がひどくならないとよいのですが。

今日は亥の月亥の日で立冬、昔はこの日におこたを出したのだそうです。
まだまだ秋と思っていたのにもう冬なんですね...。
それでは、お大事にv-48
  1. 2008/11/07(金) 01:40:56 |
  2. URL |
  3. cafe owner #yw4sqTbg
  4. [ 編集]

イングランドって霧が多くて湿気があると勝手に思っていました^^;
この街並みは一瞬日本?って感じがします。
京都の北山の一角にもありそう。。。

でも1ヶ月前でもう寒い感じのする写真ですね。
やはり日本より寒いんでしょうね。。。。

ブッシュさんの時はやってしまえー!いてしまえー!って政策みたいでこわー!って思ってましたが、オバマさんになったらどう変わるのでしょう?
ピンとはきませんが、初の黒人大統領、過激な人達の反撃がなければなぁとパッと見、浮き足立っているアメリカの中継をボンヤリ見ながら考えました。
  1. 2008/11/07(金) 06:40:59 |
  2. URL |
  3. kaotti1 #Yv0W3BDQ
  4. [ 編集]

こんにちは

cafe ownerさん
いつもコメントありがとうございます。
ブログの記事。興味深く拝見させていただきました。昨日(11/6)のBBCニュースも、今回の大統領選の分析を行っていて、かつてのマイノリティーがメジャーになりつつあり白人中心では立ち行かなくなって来ていると言っていました。
日本も冬に向かっているんですね。こちらは9月末ぐらいから2月くらいまで気温も含めてあまり大きな気候の変化はありません。日が短くなる事くらいですか。風邪、早く治したいです。

kaotti1さん
確かに雨の日がめちゃめちゃ多く、霧も日本と比べると良く出るので、ウェットと云えばそうなのですが、気温が日本よりも低い分絶対湿度は高くないので、家の中とかビルや地下鉄の中など温度管理されている所ははどうしても日本と比べると乾燥してしまうのだと思います。お盆あたりでもう気温が20℃を切り始めるので、日本より寒いと云えばそうなのですが、冬は大阪の冬よりも絶対に暖かいですよ。
昨晩のBBCニュースで、米国の地方都市(田舎)の白人男性が、米国伝統の保守的な考え方や態度(おそらく白人から見た、と言う事だと僕は解釈しました)が廃れるのようでは社会はだめになると云った様な事をインタビューに答えて言っていました。時に変革が生じるのは健全な事だと個人的には思いますが、kaotti1 さんのおっしゃる通り、過激な右翼などが出てこないと良いですね。
  1. 2008/11/07(金) 15:26:25 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/123-42181b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード