fc2ブログ

英国医学研究留学記


GRD2 ISO100 f2.4 1/25s
個人的には、視覚的にいい雰囲気に撮れるので満足しています。
でもGX200、ちょっといいなあ(海外在住につき軍資金無し、大蔵大臣はたぶん認可せず)。
今日はいい天気。ちょっと蒸し暑いです。
それにしても、夜の10時前でやっとこの明るさ。
夏は一日が長いです。
子供が明るいのになんで寝ないといけないのだと、文句を言って困ります。
英国は、古いものを大切にする保守的な人たちが多いと思い込んでいたので、さぞかしフィルムカメラも日本よりは大事にされてるだろうと、重いのを我慢し妻に文句を言われながらも、何台ものフィルムカメラを(スーツケースに詰めて)持ってきました。
でもはっきり言って、それは僕の勝手な思い違いだと言うことを直ぐに思い知らされました。
少なくとも、趣味としてのフィルム写真を取り巻く環境は、まだまだ日本の方が断然に良いです。
商店街のDPEでネガフィルムこそ現像とプリントはしてもらえますが、ポジフィルムなんかDPEでは取り扱いお断り。
日本の様に現像所への仲介すらしてくれず。
ポジの現像は、ネットで依頼するか都心のプロショップに直接お願いしないと受け付けてもらえません(少なくとも僕の住んでいる地域は)。
フィルムもほんとに売っていませんし、種類も無い。
ポジは言うに及ばず、個人的に気に入っていたちょっと拘ったネガ、たとえばKodak Portra 400 NCなどはネットかプロショップでないと手に入らない(しかも、高い!)。
郊外へ行くほどデジタルしか受け付けない傾向が強い様に感じます(僕の個人的な印象なので、違っていたらごめんなさい)。
中判フィルムなんてどないするねん?と言った感じです。
おかげであんなに使うのが楽しかったRolleiflexが、撮影した後が無茶苦茶めんどくさいことになってしまいました。
日本だと、フィルムの入手や現像・プリントのためのアクセスのルートがたくさんあったので、コレには参りました。
日本の方が圧倒的にフィルムカメラ愛好家が多いのでしょうか?。
その日本でも、フィルムは先行き怪しいですよね。
米国にいる僕のカメラの師匠によると、師匠の住む地域ではここ迄ひどくないようで、まだまだフィルムは現役感が強いようです。
Kodakのお膝元だからでしょうか?。
古いものを大事にする英国の国民性は確かのそのとおりだと思いますが、その中にちゃんと合理性も共存しているのだと言うことなのでしょうかね。

テーマ:GR DIGITAL - ジャンル:写真

  1. 2008/07/15(火) 11:01:38|
  2. GRD2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Right Stuff | ホーム | 夜の気配>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/12-29f589a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード