fc2ブログ

英国医学研究留学記

ハーフ・ターム

R0011729.jpg
GRD2 ISO80 f4.5 1/250s
今週は、ハーフ・タームと云って、各学期(今は英国は、日本で云うと学年始めの一学期)の中休みです。
各学期のど真ん中に1週間半ほどのお休みが入ります。
子供たちは学校がお休みで、お友達に会えなくなるのは少し寂しいようですが、学校がないので基本的には「ラッキー」のようです。
子供にとってお休みが嬉しいのは、これは万国共通なんでしょうね。
一方、母親は子供が一日中家にいるので、「アンラッキー」のようです。
自分が子供のときには、長期休暇に入ると子供が家にいるのをおかん(大阪で云うおかあさんのこと)が昼飯の支度をしないといけないし、相手もしないといけないし、云う事聞かないし、実は早く休みなんて終わってほしいと思っていたりする事なんて、知りませんでしたねえ(笑)。
特に英国では12歳より小さい子供が一人で外歩き出来ないので(法で禁じられている)、日本の様に友達と約束して親を同伴せずに一人で遊びに行ったりとか出来ないのです。
もし、子供が一人で行動していて交通事故などに遭遇した場合、その親が親としての義務を果たしていないと言う事で罪に問われます。
だいたいハーフ・タームや長期休暇中では、どこのPrimary Schoolでもキャンプと称してサッカー・スクールやお絵描きなどのコースを有料で設定しているので、お金を払うゆとりがあって、子供を外に出して少しでも自身のストレスを軽減したい「おかん」たちは、こういったキャンプを利用して子供が外にいる時間を作り出す努力?をするようです(笑)。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/10/28(火) 08:00:00|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<初雪 | ホーム | 冬時間>>

コメント

ケンさん、こんばんは♪お邪魔しまぁす。
今イングランドにいらっしゃるのですね、で、お郷は大阪ですか?だったら同じ関西ですね^^
大昔、イングランドの女の子と文通してました。お互い仕事を持って自然に連絡取らなくなってしまって。。。もったいないことしました。
金髪で青い目、アマンダ ウイリアムソンさんでしたねぇ。。。あぁ懐かしい。。
そのまた前はスコットランドに興味があり、エジンバラ行きた~い!!って学生時代ずっと思っていました。まだ行ったことないんです、ぐすん。
またこの歳(どの歳?)になって再びケンさんのブログでイングランドに触れさせて頂けるなんて、、、、とても嬉しいです。
また覗かせてくださいね~。
  1. 2008/10/28(火) 14:39:33 |
  2. URL |
  3. kaotti1 #Yv0W3BDQ
  4. [ 編集]

Dr Kenさん こんばんわ

キレイな紅葉ですね。
イギリスも紅葉するんですね?

ハーフ・ターム羨ましいなぁ
大人にもあったらいいのに(^^ゞ
  1. 2008/10/28(火) 14:51:34 |
  2. URL |
  3. masa+ #-
  4. [ 編集]

こんばんわ~

小さい子は1人で外出できない法律って初めて知りましたっv-405
ハリーポッター見てると子どもたち同士で遊んでたりしますけど...
もっと小さい年代なんでしょうか
  1. 2008/10/28(火) 15:03:53 |
  2. URL |
  3. yo #-
  4. [ 編集]

夕方の仕事の休憩中に失礼します。

kaotti1さん、こんばんは。
外国の方と文通していたんですか!若い頃はそんな度胸なかったなあ(って、別にそんな年寄りでもないんですが)。エジンバラ、良いですね。寒いですけど、風景は格別です。エジンバラ城があって、旧市街は12~13世紀頃、新市街は18世紀頃の建物に、人が住んでいたりお店に使っていたり、他には無い雰囲気があります(奈良や京都のように、歴史的重みが感じられます)。是非、夏の気候の良いときに。物価が高いのが難点かな、特にロンドンやエジンバラは。僕は、日本企業の現地駐在員や外交官のような至れり尽くせりの待遇と違いこちらの大学での現地雇用なので、昨今のインフレに鼻血が出そうな生活を強いられてます(笑)。

masa+さん。
2週間前に撮った公園の木ですが、この木はこの色合いが精一杯なんです。もうほとんど葉っぱが無くなってしまいました。日本の紅葉の様な真っ赤になる木もありますが、日本ほど多くありません。日本の春の桜と秋の紅葉は、世界に誇れる風景だとここにきて実感しています。ハーフ・タームは子供たちだけで、大人はないんですよね。僕も残念。

yoさん。
法的には、学校の先生や父兄といった大人が随伴していれば良いのですが、日本の様に「おかん、☆※□~くんと×◯△へ遊びに行ってくるわ」、と一人で出かけて行くのは、小学生にはNGなんです。子供を一人で放置する事は虐待と同じと見なされます。12歳未満の子供だけの入国も出来ないはず(親か、大人の引率者が必ず必要)。多分、誘拐とか元々はそういった関係の事から出来た法律の様な気もします。
ハリーは全寮制の学校ですよね。全寮制の学校はprimary school相当の年齢は対象になっていなくて、通常は11~12歳からだと思います。ハリーも12歳よりも年上のそういう年齢じゃないでしょうか(すみません、実はハリーポッター、映画も本も知らないんです)。英国で全寮制のああいった学校は、高額な授業料が必要な、そのかわりエリート教育でオックスフォードやケンブリッジへの進学率の高いパブリック・スクールになります。有名なのは、イートン校やラグビー校。ハリーは魔法エリートなのではないでしょうか。
英国の教育システムは、機会があればどこかで紹介したいと思います。


  1. 2008/10/28(火) 19:02:48 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/112-6519559b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード