fc2ブログ

英国医学研究留学記

St Bartholomew-the-Great

R0011382.jpg
GRD2 ISO80 f2.4 1/25s
昨日は一日ひどい雨でした。
今日は、Remembrance Dayです。

写真は、St Bartholomew-the-Great教会です。
先日紹介した、St Bartholomew's Hospitalのすぐ脇にあります。
1123年にSt Bartholomew's Hospitalと同時にSt Bartholomew's Hospital内の修道院として建立されました。
この教会、歴史的な背景だけではなくて、むしろいろいろな映画のなかで出てくる(結婚式などのシーンでロケーションとして撮影されている)方が、有名かもしれません。
ロケで使われた代表的な映画は、
情事の終わり;1954年、デボラ・カー主演
ロビン・フッド;1991年、ケビン・コスナー主演。
恋に落ちたシェークスピア;1998年、グウィネス・パルトロー主演
Elizabeth: The Golden Age; 2007年、ケイト・ブランチェット主演
The Other Boleyn Girl;ナタリー・ポートマン主演、日本未公開、2008年
昨年、ひょんなことから仕事の都合で中に入れたのですが、そのときはカメラを持っていなくて残念ながら中の写真は撮れていません。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/11(火) 08:00:00|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<硬水 | ホーム | Remembrance Sunday>>

コメント

こんばんは。

1123年というと平安時代、ロンドンには既にこんな立派な
レンガ造りの建造物があったんですね。
1991年!ケビン・コスナーのロビン・フッドって、そんな前の映画でしたか・・・
ダンス・ウィズ・ウルブズやボディガードで人気のあった頃ですね。
月日が経つのは早いです。
  1. 2008/11/11(火) 15:16:36 |
  2. URL |
  3. satothing #7UVZ4oV6
  4. [ 編集]

いつもコメントありがとうございます、satothingさん

こんにちは。
あと数十年で鎌倉時代へと突入しようとする平安末期に、英国では病院と言う形態があったことにも驚きました。日本にはお医者さんはいたと思いますが、貴族の家に往診の形じゃないでしょうか。庶民は医療サービスを受けられたんでしょうか?こういう日本の歴史、いつかは調べてみたいです。

ケビン・コスナーは懐かしいですよね。最近はどうしているのでしょうか。出世作の映像の魔術師ブライアン・デ・パルマ監督の撮ったアンタッチャブルは、1987年!もう20年も前なんですねえ。あの頃は僕も若かったです(大学生でした)。
  1. 2008/11/11(火) 16:17:44 |
  2. URL |
  3. Dr Ken #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/tb.php/106-2f27ab92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード