英国医学研究留学記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Exciting

IMG_0710.jpg
Canon EOS M EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM Intelligence Auto (ISO100, 33mm, f8.0, 1/200) , Dorking, Surrey, UK

サリー州にある17世紀の建物を改修したホテルで行われた幹細胞のワークショップに参加して来ました。
主催はJournal of Cell ScienceやDevelopment等の学会誌を発行するpublisher(The Company of Biologists)で、たった100人足らずの参加者(参加は選ばれた人のみ)しか居ないにも関わらず、実にそうそうたる顔ぶれの研究者達(Austin Smithさん、Janet Rossantさん、Olivier Pourquiéさん、Benoit Bruneauさん、Gordon Kellerさん、Patrick Tamさんなどなど)が集い、実に濃い4日間を過ごしました。応募したところ是非参加して下さいと云っていただけたので、とても幸運でした。

良かった点は、自分の発表を少ないながらもスター研究者達にアピール出来るだけでなくて、参加人数が少ないのに大御所達がいっぱい居るので、朝食、昼食、夕食の際に、必ず誰かが一緒のテーブルになるため、今まで話した事がない方々ともコミュニケーションが取りやすかった事、また、学術誌Developmentのeditorさん達と顔なじみになり色々とお話し出来た事でしょうか。日本にいたら、学術誌の編集に関わる方々と「非公式」に色んな事を話出来る機会はほとんど有りませんでしたが、研究者達でおっと思う仕事をしている方々は例外無く明らかに以前からこの学術誌のeditorさんたちとお知り合いであり、この環境の差は圧倒的だと感じました。

欧米の色んなところからの方々が集いましたが、中国、日本等からの参加は無く、アジアからはシンガポール辺りからの人止まりなのも気になりました。日本人、中国人、韓国人の参加者は、皆、今の活動の場は本国ではなく欧米の方々のみでした。日本人は、東大から昨年Stanford大へ電撃移籍された中内先生と、僕と僕の研究室のポスドクのSさん、そしてCambridge大に学部学生の時からいる大学院生の男の子の総勢4名のみでした。

本当は、このワークショップのキーノート・スピーカーは笹井さんでしたが、あのような悲劇が起こってしまい、叶わなくなってしまいました。笹井さんが亡くなった事で、幹細胞に関する仕事に関し、日本は取り残されて行ってしまうのかも(iPSと山中さんがいるじゃないかと反論する人もいますが、すでに応用や基礎研究に関して、色んな方の発表を聞いた限りではその分野でも相当差を付けられつつ有ると思いました)、そんな危機感すら抱かされてしまうようなワークショップでした。会の最後に、Austin Smithさんが、笹井さんに対する追悼のスピーチを、彼が扉を開いた新しい研究の方向性が如何に重要かに力を置きつつされたのが印象的でした。

たった4日間だけでしたが、かなり刺激されて帰って来ましたので、今後の研究の方向性に少しでも生かしたいなと考えています。

写真は、泊まっていたホテルの外観です。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2014/09/26(金) 12:46:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Result

IMG_0208.jpg
Canon EOS M EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM Intelligence Auto (ISO160, 31mm, f3.5, 1/500) , Cambridge, UK

週末から来週の水曜日まで国際学会に参加するため、その準備にも追われて相変わらず忙しくしています。

事前の世論調査で、どう転ぶか解らないと危ぶまれていたスコットランド独立の是非を問う住民投票は、ふたを開けてみたら僅差ではありますが、下馬評通り、反対派の勝利に終わりました。
これ、もし賛成と云う事で可決されるならば、とんでもない歴史的事件に立ち会うことになるのではと思っておりましたが、杞憂でした。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2014/09/19(金) 17:00:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご栄転

IMG_0631.jpg
Canon EOS M EF-M22mm F2 STM Intelligence Auto (ISO1250, f2.8, 1/30s)

先日、大学の後輩から、僕の一つ上の医学部テニス部の先輩が、この9月から某医科大学の教授(脳卒中医学)に就任されたとの連絡を受けました。早速、お祝いのメールを送りました。下級生の折にはダブルスのペアも組ませていただいていた方で、下宿も近かった事から良く練習後にお邪魔してうだうだしていたのが懐かしいです。近しい方のご栄転のニュースは嬉しいですね。
昨年の年末には、医学部の同級生が母校の循環器内科の教授に就任すると云う嬉しいビッグニュースもあって、僕の周辺では皆さんがどんどんと偉くなって行っている気がします。

僕はと云えば、まあそういう周囲の出世を前にして焦る気持ちは無いと云えば嘘になりますが、臨床教室の教授と云うのはある意味しんどい仕事で、それ相応の(僕には無い)器が有ると思うので、肩書き云々よりも僕は僕のやりたい研究をこつこつとさせてもらえる環境さえ有ればそれで幸せかなと思っています。

写真は、娘がSecondary SchoolのFood & Textiles Technology(いわゆる日本で言う家庭科でしょうね。技術は別個にProduct Designなる授業が有るそう)の授業で作って来たカップケーキ。ケロロ軍曹チックなカエルをケーキにすると云う奇抜な発想するヤツはまず普通には居そうに無いので、(色からして食欲をそそるにはほど遠い気がしますが)多分独創性と云う観点からか先生には大絶賛だったそうです。日本だと変わった変なヤツにしか思われない事も、この国ではこう言うのが個性として高く評価されると云う良い例な気がします。ちなみに右上の目玉の集合のようなヤツはカエルのタマゴだそう。は虫類/両生類が苦手な妻は絶句しましたw。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2014/09/18(木) 15:03:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Scottish Referendum

IMG_0611.jpg
Canon EOS M EF-M22mm F2 STM Intelligence Auto (ISO6400, f2.2, 1/30s) , Blackfrairs, London

スコットランドの独立を問う国民投票がとうとう明日になりました。
ひょっとすると大変な時期に英国に滞在していることになるのかもしれません。
半年前の世論調査では圧倒的に独立反対が多かったので、正直、独立なんてナイナイと、高をくくっておりました。
此処まで近接して緊迫するとは!
どうなってしまうんでしょうね、これは。ドキドキモノです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2014/09/17(水) 17:21:51|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同級生

IMG_0567.jpg
Canon EOS M EF-M22mm F2 STM Intelligence Auto (ISO2500, f3.2, 1/30s) , Madrid, Spain

夏がすっかり終わってしまったロンドンですが、大陸の高気圧のため、今日と明日はやや気温が高めです。今日は、central Londonで22℃くらい有る模様。

先週の週末から、京大医学部の武田俊一先生と奥様が学会参加のために英国へ来られています。奥様は、実は僕の高校の同級生で、2年生の時に同じクラスでした。金曜日に武田先生ご夫妻と夕食をご一緒しました。プチ同窓会と云った感じで、楽しい時を過ごしました。武田先生はその後ケンブリッジの方へ移動されましたが、奥様はロンドンに残り、昨日、日本学術振興会ロンドン事務所の新しい所長さんでいらっしゃる竹安邦夫先生のご自宅のホームパーティーに武田先生の代わりに参加されました。このパーティーには、既知の在英研究者の方々はもちろん、初めてお会いする在英日本人研究者の方も何人か来られていて、国境を越えてグローバルに活躍されておられる方々の姿に刺激を受けて帰って来ました。なかなかストレスフルな日々が続いておりましたので、前を向いて頑張らねばと、改めて気持ちを強くしました。

がんばります!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2014/09/02(火) 14:25:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。