fc2ブログ

英国医学研究留学記

世界糖尿病デー

R0019295.jpg
GRD2 ISO80 f5.6 1/500s
昨日はからっと晴れ渡り、穏やかな日曜日でした。英国ではRemembrance Sundayで、戦没者を弔うための儀式が行われる、日本で云うと終戦記念日的な行事が王室出席のもと執り行われていました。下の息子が2週間前には発熱して寝込んでいましたが、今度は上の娘の方が週末から熱を出し、穏やかなお出かけ日和の日曜日にも関わらず、一日家にこもるはめになりました。これ幸いと、医学部の学生達を教えるための準備と書類の作成、読書など「自分のために」時間を使わせて頂きました。

先週の水曜日から、自宅のブロード・バンドが調子が悪くなってしまい、ネットへ自宅からアクセスできずじまいでした。無くても生活は出来るのですけど、使えないとやはり不便ですね。それにしても、相変わらずBTのインフラのだめっぷりにはため息が出ます。これで今年の3月に引っ越してから3回もインターネットに繋がらなくなりました。日本はブロード・バンドの一般家庭への普及率は劣るものの、インフラは素晴らしいですね。普通に光ネットですからね。UKでは光ファイバーに順次変える作業が進んでいますが、ほとんどが未だにADSLです。

今日は打って変わって、この時期のロンドンらしい、霧がかかり、ちょっと小雨がぱらつくどんよりとした天気になっています。14日は世界糖尿病デーと暦には書いてあって、なんでかなと思ったらインスリンを発見したFrederick Bantingの誕生日なんですね。今朝、ちょうど医学部の学生を相手に2時間ほど糖尿病に付いて、病理病態から治療・管理に至るまで、いろいろと話をしてきたところでした。長い人類の歴史の中で、基本的には人(生物)の体は「如何に飢餓に耐えるべきか」を基本に進化をしてきました。ところが、特に先進国に於ける我々は飽食の時代を迎え、普通の食生活のつもりでもかつて人類が直面した事のないくらい「栄養に恵まれた」食生活をしています。このような急激な食生活の変化に、我々の体が追いついていないのでしょう。僕にはそれが(特に2型の)糖尿病を生じてしまう根本的な理由に思えてなりません。

GR BLOG トラックバック企画「染」に参加
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/11/14(月) 13:31:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード