fc2ブログ

英国医学研究留学記

heart unit closure~続報~

R0018033.jpg
GRD2 ISO80 f5.0 1/400s
朝から今日もPBLのセッションを受け持ちました。2時間、英語でしゃべり続けるのは未だにちょっと疲れます。もっと気楽にペラペラとしゃべれるようになりたいモノです。

先日、ブログに書いた、Royal Brompton Hospitalの小児心臓外科のUnitが閉鎖されるかも知れないと云う記事の続報です(paediatric heart surgery 参照)。

一応、英国の高等法院のjudgeが出ました。NHSの一部がNHSの別部門を訴える形でしたが、高等法院はまずはRoyal Bromptonの小児心臓外科を閉鎖するという意思決定のプロセス、特に施設が医学の進歩や最先端の研究成果に対して十分に精通できるどうかの審査過程(Royal Bromptonはこの点が"poor"と判定されていました)が適切ではなかったと認めました。
Royal Brompton Hospital wins review into heart unit closure

一方で、Royal Brompton側の主張の多くが退けられています。
たとえば、Royal Brompton側が主張する以下の事、
1. 審査が始まる2010年度以前から、Evelina HospitalとGreat Ormond Street Hospitalを残すと云う決定が既にされていた。
2. 小児心臓外科を閉鎖すると集中治療上の技術が低下もしくは失われ、呼吸管理部門にも大きな影響が出る。
3. 審査側の委員の多くが、小児心臓外科が残されることになったEvelina HospitalとGreat Ormond Street Hospitalの出身である。
などは根拠が無いと云う事です。

この裁判所の判断で、じゃあ、小児心臓外科のセンターの統廃合/再編成に伴ってRoyal Bromptonのクビがつながるかと云うと、そうは問屋が卸さないらしく、BBCの記事を見ると、ただ単に先延ばしになっただけのように見えます。つまり、結局もっともらしい理由をつけられて閉鎖されてしまう可能性が高いような印象です。

病院名は僕は未だ把握していませんが、小児心臓外科ユニットとしての成績や機能が十分に基準を満たしているにも拘らず閉鎖の危機に瀕している病院がRoyal Brompton以外にももう一つあるそうですから、やはり端から見ると「イングランド/ウェールズ内で最初にいくつ残すか?」がすでに決まっていて、後は帳尻を合わすためにどこを閉鎖するのか、という議論がなされたようにしか見えないです。それならそうと、「患者数と予算から算出した必要なセンターの数」を基に、正面からそういう議論をすれば、未だましだったのかな?と云う気がしないでもありません。僕の目からみると成果の出ている(技術を維持している)部門を閉鎖するのは何とももったいないですけどね(いちど無くすと、元の状態へ戻して再開するのはとても時間とエネルギーが必要です。なぜなら、医師のスキルだけでは動かないから。看護師や医療技師などのスキルは、やらないと失われてしまいますから、失われた組織のスキルを取り戻すのは簡単では有りません)。

この騒動、落ち着くまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

GR BLOG トラックバック企画「染」に参加
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/11/07(月) 13:51:55|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード