fc2ブログ

英国医学研究留学記

あれから16年

img036.jpg
Rolleiflex 2.8FX Planar 80mm f2.8 HFT/Fuji Pro 400
今日も朝から雨が続いていて、この2週間で太陽を見た記憶がありません。
旬なうちに、年末年始に日本でローライフレックスで撮ったフィルムの写真を続けてアップしておこうと思っています。といっても、1ロールで12枚しか写真が撮れませんのでそれほど枚数は無いですし、家族を撮った写真は載せるつもりはないので、風景の写真などは大したものが無いのですけどね。

映画「ソーシャル・ネットワーク」が話題になっていて、日本から帰ってくる飛行機(ちなみにJALではありませんでした。写真はJALですが)の中で見れたはずなので、見ておけば良かったとちょっと後悔しています。ゴールデン・グローブで4冠ですか。Michael Connellyの小説を読むのに夢中になってしまったので、見逃してしまいました。映画と言えば、見たかった「沈まぬ太陽」は実家でWOWOWで見ましたが、さすがにあれだけの内容の小説を2時間強の時間の映画に納めようと言うのが無理があるなと感じました。見終わった後に何となく無力感が漂ったので、映画の作り手側からするとある程度狙い通り成功しているのかも。それを考慮に入れるとまずまずの出来かな?。あの小説/映画の内容は、今の日本の縮図かもしれません。

阪神大震災から、今日で16年が経ちました。僕の子供たちに取っては遠い昔の話で、彼らに取っては僕が小学生の時に社会科の教科書で知った関東大震災や新潟地震に近い感覚でしかとらえられないのではないかと思いますが、リアルに体験した関西在住の我々の世代(といっても、僕は大阪の大学病院の中にいたので神戸の方の体験とは比べようも無いのですが)に取ってはつい昨日の事のように思います。妻とも今朝の朝食のときにそんな話をしました。当時、僕は卒後2年目で(当時は現在の臨床研修医制度では無かったので)集中治療室勤務を自ら志願して一年間ICUでお世話になっている後半の時期で、ちょうどその日は当直に当たっていて、地震があった時刻は徹夜で重傷患者さんのケアに当たっている最中でした。記憶を風化させず、如何に防災の対策が大切かを思い起こす契機にすべき日です。上に書いた「沈まぬ太陽」の話題にも通じますが、危険に際しどう備え、万が一遭遇したときにどのように動けるのか、個人も企業も行政も考えるのにも良いきっかけに思います。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/01/17(月) 13:27:28|
  2. Rolleiflex
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード