fc2ブログ

英国医学研究留学記

歴史

R0017873.jpg
GR Digital2 ISO400 f2.4 1/30s
今日は朝方は曇り空でしたが、午後から日が射していて、今窓の外を見るとさわやかな夕焼け空です。

今日のニュース、は今朝からローマ教皇のPope Benedict XVI世の英国訪問一色という感じです。
Papal visit: Thousands attend Mass in Glasgow
英国に取っては、結構意義深いローマ教皇の公式訪問だと思います。なぜならば15世紀末に誕生したチューダー朝2代目の王ヘンリー8世が離婚するためと英国を統一する道具にするため16世紀にイギリス国教会が設立されて以来、ローマ・カトリックと対立が深まったという歴史的背景があります。前法王が非公式に英国訪問をしていますが、公式訪問は16世紀以来なわけです。

これによって、英国とバチカンの間に和解が進むのではという期待がある反面、昨夜のBBCニュースなどによると、同性愛などを認めないカトリック教会に対する英国市民の根強い反発もあるそうで、そうは簡単に行かないようです。歴史的には、国教会とカトリックは血で血を洗う闘争の歴史的背景もありますので、こういうのは根深いと思います。例えば、エジンバラ大にいるB教授にエジンバラの町を案内してもらった際に、国教会とカトリックの対立が如何に根深いかの一例として、グラスゴーにあるサッカーチームのセルティックとレンジャーズの話を聞きました。この2チームはライバル・チームですが、セルティックはカトリック系、レンジャーズは国教会系という背景もあって、サポーター同士のいがみ合いは、下手をすると殺人が起きるほど激しいのだそうです。

ちょうど今、上の娘(現地校4年生)が学校でチューダー朝の勉強をしています。ヘンリー7世の8人の子供の名前をすらすらとそらんじて言えるのに、驚嘆しました(習ったらしい。もちろん僕は言えません、笑)。娘に取っては、ちょうどタイムリーな話題かも知れません。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/09/16(木) 17:50:02|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード