fc2ブログ

英国医学研究留学記

足止め

R0016501.jpg
GRD2 ISO80 f4.0 1/200s
今日は、朝がたは曇りでしたが、午後に向けて徐々に雲が切れて晴れました。
ただ、週末から次第に空の「青さ」と「高さ」が失われて、日本で見るような青みの少ない「低い」空に見えます。
たまたま気象条件によってそのように見えているのか、上空のダスト(火山灰)があるおかげでそのように見えるのかについては、僕自身には判じかねますが。

EU moves to ease Europe flight curbs
英国ではスコットランド、北部イングランド、北アイルランドの空港が再開した模様です。
次第に上空の状況は好転しているようですので、早くに航路が通常に戻る事をお祈り致します。
ラボのポスドクSさんは、結局ドイツから長距離バスでロンドンに帰って来ました。
本人曰く、チケットが手に入ったのはラッキーだったとのことでした。
今朝のBBCのニュースでは、明日からイースター休みが終わって学校が再開するものの、学校の先生も生徒の家族もイースター休暇で旅行へいったまま帰って来れないでいる人たちが相当数に上るのではとの事でした。
自分がいる医学部でも、招待講演や教授就任記念講義などが続々とキャンセルになっています。
空港閉鎖は最悪のタイミングだったとも言えそうです。
英国では、海外に取り残されている自国民の国内への移動に、軍の出動も視野に入れ始めている様です。

今日は、いろいろな事情でラボの中の人員が少なかったです。
ボスが留守にしているので、月曜日の朝の研究報告会の司会を僕がすることになっていましたが、ラボ内のシニアクラスと相談の上、今日は中止にしました。
そのかわり、研究の進捗状況をチェックし、今週何をすべきか議論する必要のある大学院生や学部学生とは、個別にミーティングを持ち、ディスカッションをしました。
自分が使える時間が圧迫されてしまいますが、英語の訓練と思って、こういうのは「楽しもう」と自分に言い聞かせることにしています。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/04/19(月) 21:01:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード