fc2ブログ

英国医学研究留学記

帰国

R0016114.jpg
GRD2 ISO100 f7.1 1/640s
昨日に英国に帰って来ました。
本来は日本が母国なので、日本へ向かう事が「帰国」なのですが、今の僕には生活の主体はロンドンであるので、やはりこちらに帰ってくる事が「帰国」という気分になります。
住めば都と言う事でしょうか。

4月2日(金)の成田発のJALでロンドンのヒースロー空港へ向かった訳ですが、なかなかスリリングなハプニングが有りました。
品川から成田エキスプレスに乗ったのですが、フライトの3時間半前の電車に乗ったものの、低気圧の通過に伴う暴風によって電車が徐行を余儀なくされ、品川から通常1時間の運行の所を、たっぷり3時間かかりました。フライトの30分前に成田第2ターミナル駅に着くと言う、きわどい状況に陥りました。おかげで、時間があったら空港でおみやげを物色したり、ラーメン屋が有ればラーメンでもと考えていたことは、すべて水泡に帰しましたが、フライトに間に合っただけでラッキーと思うべきなのでしょう。

成田エキスプレスの中では、たまたま品川駅で話しかけられたテキサスへ帰ると言う米国人のコンピューターエンジニアのかたと、日本にもう10年も住んでいると言うグラフィックデザイナーの英国人(ヨークシャー出身との事)のかたとずっとたわいもないおしゃべりをしたおかげで、英国に帰る前に頭の中身を英語モードに切り替える良いきっかけにもなりましたし、何よりも電車の中の皆がフライトの時間を気にかけないといけない状況であったので、みんなで渡れば怖くない式に、あまりイライラせずに済みました。同じコンパートメントには、結構外人たちが乗っていて、車内のアナウンスはすべて日本語であったために、放送の度に僕のところに集まって来て、「なんて云ってるんだ?」と言う状況も、なんだか通訳になったみたいで面白い経験でした。

飛行機の中では、隣にはブラジル人のおねーさんと、その隣には一人旅をしている日本人のピアノの先生という素敵なおねーさんと隣り合わせて(もちろん、この二人はお互いに連れでもなんでもありません)、時折たわいもないおしゃべりに興じさせてもらい、退屈せずに済みました。ブラジル人のおねえちゃんは、閉所に収まらないといけなかった事がストレスだったのか、頭痛がするとかいろいろな不定愁訴を訴えて、しんどそうでした。まあ、エコノミークラスは仕方ないでしょうね。ブラジル人のおねーさんと日本人のピアノの先生のお二方とも、ロンドンにいるご友人を頼っての観光との事。ロンドンへの旅が素敵なものになる事を祈っています。日本人のピアノの先生は東大阪出身との事で、関西人と知って俄然親近感が湧きました。じつは、ロンドンから初めて成田に降り立った時はすごく違和感があって、自分が日本人でありながら日本に自分の居場所がない様に感じていましたが、大阪に降り立ったときにほっとした自分がいたので、違和感は「東京」が醸し出したものの様でした。ヒースローと関空を結ぶ直行便が全くなくなってしまったのは、重ね重ね残念な事です。

ヒースローに着いても日付は変わらないまま、金曜日に到着しました。ロンドンはラッキーな事に晴れ間が覗いていましたが、最高気温は8℃とのことで少し肌寒いものでした(白人には関係ない様です)。
お金を節約するために、地下鉄でえっちらおっちらと自分の家にたどり着くことが出来ました。
日本へ行った時よりも時差ぼけは楽に感じます。
英国は4月2日の金曜日はイースターによるハッピーフライデーでお休み、4月5日の月曜日はイースターマンデーで、バンクホリデーとしてお休みなので、4連休の最中です。
今日、土曜日は朝は雨模様でしたが、これを書いている午後4時前は晴れ間が広がっています。
April Showerという言葉が指し示す通り、4月のロンドンの天気は山の天気の様に一日の中でめまぐるしく変化します。
家にいても仕方がないので、明日の日曜は体調が良ければ仕事に出かけようと思います。
日本で撮りだめた写真が有るので、それらの中で気に入ったものは漸次アップして行こうと思っています。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/04/03(土) 14:56:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード