fc2ブログ

英国医学研究留学記

それぞれの道

R0016010.jpg
GRD2 ISO00 f8.0 1/1000s
今日の日曜は、朝から良く晴れて気温もさほど冷え込む事なく、穏やかな気候です。
でも、例年と比べると、やはり気温は低めで、未だあまり水仙も咲いていませんし、普通は今頃は既に花を咲かせ始める桜も有るのですが、それも目に入りません。
本格的な春が待ち遠しいです。

昨晩から、ボス(教授)のお宅で、我々のラボに居る日本人スタッフが全員集合して、小児科T先生の送別と、入れ替わりに日本からやって来た彼の仕事を引き継ぐことになった心臓外科医K先生の歓迎会を、泊まりがけで行いました。
いつもごちそうになった上に、家に泊めていただいて、奥様には感謝するばかりです。
名残惜しいのか、朝の4時ごろまで語り明かして、就寝となりました。
本日の日曜日は、T先生とK先生は、仕事の引き継ぎを兼ねて研究室に「仕事」をしに行きました。
最後の最後までよく働きますが、T先生にとっては今日が大学と研究室の見納めでしょう。
今後は、欧州の学会を引っ掛けて、機会があれば是非にラボに顔を出しにきていただきたいと思います。

これでこの春からのS教授主催の研究室に於ける日本人スタッフは、僕(元小児科医、分子生物学/発生生物学が得意、講師)、循環器内科医S先生(ポスドク、S教授研究室のエースです)、心臓外科医N先生(ポスドク)、そして心臓外科医K先生(客員研究員って言う感じのポジションかな)、という布陣で臨むことになります。
各々が、各々の将来像を夢見ながら、各々の道を模索する旅が続きます。

今日は午前中に、1ヶ月前に直していただいた家の中の不具合を、大家さんの希望でその後問題がないかどうか、業者に来てもらってチェックしていただくはずだったのですが.......
約束した11時になっても来ないので、11時半になってから「来るの?」と連絡した所、アポが有った事自体を忘れとりました(笑)。
平謝りだったので、許してやることにしました。というか、こういう事はここでは「非常に良くある事」なので、いちいち怒っていたら身が持ちません。
すっかり欧州基準に自分自身が調教されてしまっていますね。
来週の日曜日に約束し直しました。
来週は、朝一番に確認の連絡を入れておこうと思います(←僕って、親切......、っていうか、日本じゃあり得ない事なんですけどね、笑)。

GR BLOG トラックバック企画「街」に参加
人生、いろいろありますが、常に青信号であるとは限りませんが、出来うる事ならばあまり赤でとどめられる事なく、青信号のまま進みたいものです。
ロンドンも含めた欧州の建物の形や信号の形などは日本とは全く違うので、当然ながら全く違う風情を見せますが、電線が無いことも欧州の街の特徴ですね。そういったインフラは、基本的にはすべて地中に有ります。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/03/14(日) 12:23:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード