fc2ブログ

英国医学研究留学記

ハーフ・タームに突入

R0015929.jpg
GRD2 ISO80 f2.4 1/13s マクロ
先週の金曜日から、ハーフ・ターム(各学期の中間休み)に入りました。
この一週間、妻は毎日家で子供たちとの「戦いの日々」が待っています(笑)。
今週は学校がハーフ・タームのお休みとあって、休暇をとって家族で旅行している人も多いのか、朝の通勤の電車はとても空いていました。
一転、帰りの地下鉄は、信号機の故障かなにかで電車の本数が少なく、むちゃくちゃ混雑していました。
天気は時々晴れ間が覗くものの、雨まじりのロンドンらしいお天気。
明日もあまり気温は上がらず、みぞれまじりの模様です。

昨日はバレンタイン・デーでした。
こちらでもバレンタイン用のチョコが並んで売っていましたが、普段からスーパーにはむちゃくちゃな種類と量のチョコが普通に売っていますから、特別な感じはあまり強くありません。
日本の様に高級チョコがずらっと並ぶと言う事もあまり無い様に見えます。
こちらでは、バレンタイン・デーに、男女の間でお互いにチョコやちょっとしたプレゼントをやり取りしたりするようで、日本のような「イベント」化した状況とはほど遠いと言うのが正直なところでしょう。
我が家では、妻がチョコレート・ケーキを作ってくれ、家族みんなで食後のデザートとしていただきました。
甘すぎるのは個人的には苦手なのですが、その辺は妻はよくわかっているので、ビターチョコがベースで大人の味で美味でした。

週末のニュースは、英国人作家ディック・フランシス氏の死去のニュースで持ち切りと言った印象でした。
米国のアラバマで起こった研究者の起こした銃乱射事件は、BBCのサイトでは報じられていましたが、TV programmeでは、全く目にしませんでした。
銃社会は本当に恐ろしい。英国は銃に拠る犯罪がほとんど無いのは安心ですが、一方では若者達に拠るナイフの犯罪は増加傾向の様です。
景気が悪いと、軽犯罪が増えますので、その点は気がかりです。

GR BLOG トラックバック企画「ハート」に無理矢理参加
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/02/15(月) 22:31:24|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード