fc2ブログ

英国医学研究留学記

強気

R0015789.jpg
GRD2 ISO400 f2.4 1/2.5s
今日は一日冷たい雨が降っていました。雪にはなりませんでした。明日はみぞれとか。
今日も仕事に行きました。昨日と同じく、ほとんど人がいない状態でした(あたりまえか....)。
明日も仕事をして、年内の仕事はほぼ仕上げてしまいたいと思っています。

今日のBBCのトップニュースは、中国が執行した英国国籍を持つパキスタン出身のAkmal Shaikh氏の死刑のニュースでした。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/8433704.stm
中国ではヘロインの所持や密輸は死刑になる可能性があり、Akmal Shaikh氏はヘロインを密輸した罪で、今年死刑が確定している状態でした。ところが、被疑者は躁鬱病を患っていたとの事で、家族はだまされて運搬させられていたに違いない(確かに躁鬱の「躁」の状態にあれば、常軌を逸した行動はあり得ます)と訴えており、英国政府は人道的立場や人権に鑑みて、精神疾患罹患者を処刑すべきではないと外交交渉をしていたのですが、全く聞き入れられなかった様です。処刑の報道に、Gordon Brown首相は強く遺憾の意を表する声明をだし、中国政府を批判し、EUと国連も連動した様ですが、中国は全くの強気です。中国外務省のJiang Yu氏は北京での定例会見で、何人も中国の法治権に口を挟む権利も無いし、英国政府は英中関係を損なわない様に自らの誤りをすぐさま正すべきだとの声明を出しています。

独立国家の主権は侵せないとはいえ、個人的な感想では中国の対応も先進国とは思えない偏狭さに見えます。この対応だけ見ても、やはり共産党一党に拠って思想が統制されている社会であって、自由や人権が当たり前の様に謳歌できる我々の住む世界とは異質だなと感じます。

この年の瀬に、米国での航空機爆破テロ未遂といい、暗い気持ちにさせられるニュースが続いています。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/12/29(火) 23:03:13|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード