fc2ブログ

英国医学研究留学記

Nightmare

R0015715.jpg
GRD2 ISO80 f4.5 1/320s
今日は比較的天気がよかったですが、気温は上がらずに雪は溶けないまま。
交通量の多い幹線道路は、車のためと凍結防止のにがりなどで道路は凍結していませんが、交通量の少ない住宅街などは雪がそのまま道路上に残っていました。
明日も晴れの天気予報ですが、最高気温は2℃で、雪は多分溶けきらないと思われます。

昨日の金曜日の晩に、大陸と英国を結ぶユーロスターが電気のトラブルで停止。
2000人以上の乗客がChnannel Tunnel(英仏海峡トンネル)の中で列車に閉じ込められたまま、16時間もの間過ごしたそうです。
なんでも、電気が来なくなって、ヒーターは止まり、食事も無く、トイレも使えずと言った状態で、一夜を「トンネルの中」で過ごさねばならなかったそうで、乗客たちは口々に「最悪だ」「悪夢だ」と証言していました。
ちなみに通常は、ロンドンーパリ間は2時間15分、ロンドンーブリュッセルは1時間51分しかかかりません。
BAがストをうつのに加えて、ユーロスターは現在運休状態だそうで、今日のキングス・クロス駅は、怒号が飛び交い殺気立っていた様です。

こういった場合のサービス業の対応は大体想像できますが、日本人からすると、「ふざけてるんか!」と怒鳴りたくなるような対応だったのではないかなと想像します。日本は消費者が本当に大事にされていますね。それが当たり前と思って海外に行くと全く違うので、日本の常識は世界のどこに行ってもまずは通用しないと思った方が良いのではないかと思います。

これに追い打ちをかける様に、今日は悪天候を理由に、Channel Tunnelそのものが閉鎖され、車と一緒にル・シャトル (Le Shuttle;車とその乗客を列車で運搬するサービス)で海峡をトンネル経由で渡るつもりだった車を含めて、ロンドンの高速道路M20も大渋滞となった模様です。

クリスマス休暇の気分に水をかけるような出来事ばかりが続いています。
写真は家の近所の公園です。
子供たちが雪で遊びたいと言うので、散歩がてらに出かけて行って、雪合戦などをしました。
雪だるまを作ろうとしましたが、気温が上がらないために雪がぱさぱさのパウダー・スノーのままで全くくっついてくれないために、断念しました。
この写真の時間で、だいたい3時半頃です。

GR BLOG トラックバック企画「光」
に参加
雪景色の夕暮れは、雪が大きなレフ板みたいで、夕暮れ時の風景も独特な印象をかもしますね。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/12/19(土) 22:34:00|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード