fc2ブログ

英国医学研究留学記

システムの変更(コンピューターじゃないです)

R0010439.jpg
GRD2 ISO80 f4.5 1/250s
今日もまあまあの天気でした。
この2日間ほど、若干気温が高めで、再び夏らしい(といっても日本ほど高くはないですが)気候が帰って来る事を期待してしまいます。

子供たちは、無事に日本に着いたようで安心しました。
妻によると、めずらしく機内でもお利口だったようです。

英国ではぐんぐん豚インフルエンザ罹患者(疑い例も含む)が増えていて、とうとうタミフルの処方箋を発行するのに、GP(家庭医)へのコンタクトも要らないというシステムに変更するようです。websiteか電話で豚インフルエンザを疑うかどうかのチェックをして、疑わしいとなると、今まではGPにコンタクトをとって処方箋を発行してもらい、それを発症していない家族にとりに来てもらってから薬局へ行く、と言うシステムでしたが、今度は電話かwebでのチェックで疑わしいとなると、自動的にタミフルをもらうためのコード番号が発行されるので、それを持ってタミフルを配布する所定の場所に行くと、タミフルがもらえると言う風にするようです。GPが自分たちの身を守るためにしたのか、他の未発症の患者さんとの交差を避けるためにしたのか、もひとつ不明ですけど。

日本の水際作戦ももうひとつと思いましたが、この国も防疫対策はもひとつうまくいっていないですね。強毒化する前にこれですから、先が思いやられます。一方で、英国の製薬会社のGlaxoSmithKlineは相当豚インフルエンザワクチンの受注があるようで、リレンザの増産も決めた事から、この不景気にありながら災い転じて赤丸急上昇といったところでしょうか。強毒化する前である今の時期に、うまく機能するシステムにブラッシュ・アップして欲しいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/07/23(木) 18:36:34|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード