fc2ブログ

英国医学研究留学記

Swine Flu

R0010303.jpg
GRD2 ISO80 f3.2 1/200s
今日はまずまずのお天気でした。
あまり時間がないので簡単に。
英国政府が本日発表したところによると、英国における豚インフルエンザの罹患者数は約55000件数で、これによる死亡者は合計29名に登る事が明らかになりました。
死亡者のほとんどは何らかの基礎疾患を有する健康上のリスクの有る方ばかりだそうですが、一昨日、GP(家庭医)と6歳になる少女が亡くなったと言うことが、ややセンセーショナルに報道されていました(このGPと少女の基礎疾患の有無については報道されていません)。
ここのところ飛躍的に英国での患者数が増えているのに対し、日本では徐々に増えているもののあまりこれほど急激でないと言う違いは、もちろん防疫対策の質の違いで日本が優れているのならば良いのですが、個人的な印象としては国外からの流入者の数の違いと「気温」の違いが大きいのではないかと(勝手に)考察しています(あくまで個人の印象でモノを言っているので、専門の方はムキにならないでね)。
気温が高いとウイルスが増えることが出来ませんから、この2週間の最高気温が高くても20℃ちょっとしかない涼しい英国と、最高気温がかるく30度を超えるところでは、条件が全然最初から異なるという事です。
必要以上に怖がるのはナンセンスですが、この秋以降、強毒化しなければ良いのにと懸念しています。ワクチンの生産はどうやら遅れが出ていて、英国では8月以降に供給出来るようになるのではとのことです。
こういう新種インフルエンザの報道を聞くたびに、小松左京氏のSF小説「復活の日」を思い出します。
スポンサーサイト



テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/07/16(木) 17:50:01|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード