fc2ブログ

英国医学研究留学記

削減への道

R0010420.jpg
GRD2 ISO100 f3.5 1/200s
先日、国連気候変動枠組み条約の事務局が2006年度の各国の温室ガス排出量を公表しました。
これに因ると、基準となる1990年の温室ガス排出量に対して、全体では5%減だそうですが、2000年と比べると2.3%上昇しているそうで、危機感を募らせているそうです。

ちなみに、1990年と比べると、EU全体では2.2%減、ドイツが18.2%減、英国は15.1%減とそれぞれマイナスで温室ガス削減に関しては世界に率先して行っている様に見えますし、個人的にはさすがやなあと感じました。
以前、スパーのレジ袋追放の記事にも書きましたが、英国では市民のエコに対する意識も高いですしね。
最大の排出国は米国で、14.4%も増。
政権が変わって、この件に関しては転換が図られるでしょうか?。
日本は5.3%増。
これは何をしているんや、と率直に思いました。
技術大国をうたうなら、おそらくいろいろな技術で温室ガス削減に関しては世界の中でイニシアティブをとっていける下地が僕はあると思っている(信じている)のに、どうしてなんでしょうか。
京都議定書を作成した時点では、イニシアティブを取っていたはずなんですよね......?
是非とも、たとえば燃料電池の商業レベルで実用化とかいったハイテク技術で、日本の温室ガスも大きく削減し、リードを取ってほしいですよね。

GR BLOG トラックバック企画「Candid」に参加
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/21(金) 08:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード