fc2ブログ

英国医学研究留学記

父兄面談

R0011494.jpg
GRD2 ISO400 f2.4 1/10s
ハーフ・タームが終了し、昨日の月曜日から子供たちの学校が再開しました。
お休みに前後し、必ず学校の先生と父兄の間で面談があります。
面談日が指定されているので、その指定された日の中で都合の良い時間に先生のアポイントメントをとって、学校にはなしをしに行ってきました。
どこの家庭も夫婦で話を聞きにいくのが通常なので、夕方に夜の9時過ぎくらいまで、仕事帰りにも面談が出来る様にスケジュールが組んであります。

Primary Schoolの中で僕の子供は低学年(Infant School)なので、担任の先生の他に、ボランティアや補佐の先生が二人(ボランティアは大概リタイアした元学校の先生)、それ以外にボランティアで父兄が教室に参加する方も入れると、常に3人から5人の大人が教室の中で子供たちの勉強を見ています。
ひとクラス30人ですから、大人の数の多さに驚いてしまいます。
日本の様に、皆が一斉に同じ授業を受けて、黙って先生の話を聞き板書をノートへ写す、という授業ではなく、個々の児童の進展度にあわせて3~4人単位の小グループで課題をこなすスタイルなので、教育レベルの善し悪しは別として、システムとしてはすばらしいと感じています。
日本でもこれから高齢者が増えますし、引退された学校の先生がボランティアとして教育に参画する様にできれば、もっと手をかけた教育が可能なのではなかろうかと、おもうのですがいかがなものでしょうか。
ただ、将来日本に帰国したときにこのスタイルの慣れてしまうと、日本の授業スタイルには容易に馴染めないのではないかとすごく心配にもなりますが。

面接では、子供の現在の到達度の報告を聞き、次の休みに入るまでの各教科(literacy, math, science, art work, physical examinationなど)に対する先生がたてた子供の到達目標をお伺いし、この年齢の子が出来るべき到達度に達するために家庭と学校でどうすべきかをディスカッションします。
出来ていない箇所はきちんと指摘してもらった上で、先生は決して否定的なことはいわず、前向きにどうしていきましょうかと言うはなしをしますし、子供の良い点は徹底的にほめてくれます。
まだこの国の教育を語れるほど経験も知識もありませんが、小学校の低学年の子供にとっては、とても良い環境なのではと感じています。

ところで、数日前のスポーツ新聞のネット上の記事に大物音楽プロデューサーKが逮捕間近と書いてあり誰だろうと思っていたのですが、今日の新聞記事を見て率直に驚きを隠せません。
分相応を忘れるとこうなってしまうと云う典型なのでしょうか。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/04(火) 08:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード