fc2ブログ

英国医学研究留学記

マニアの集まり

R0016672.jpg
GRD2 ISO80 f5.6 1/500s
今日は日差しが強くないものの、やや湿度が高く蒸し暑い一日でした。
気温も29℃程。未だ夏らしい日が「時々」訪れてくれるのは嬉しいモノです。

少し忙しくしているので今日は簡単に(コメントへの返事は、遅れると思いますのでご容赦を)。

今日は、ロンドンの一流大学であるUniversity College London (UCL)に所属するInstitute of Child Health(ICH)という研究所で開かれた、London Heart Development Meetingという小さい研究会に参加して来ました。ICHは欧州最大の小児病院Great Ormond Street Hospital for Childrenの側に併設している研究所です。
年2回催されていて、僕が渡英する前から既知を得ていた先天性心疾患の成因の研究では若手のホープPaul Rileyさんと、この分野では世界的に有名な研究者の一人、MRCのTim Mohunさんが世話人で、僕が3年前にロンドンに来て直ぐにPaulが仲間に入れよと誘ってくれました。もともとロンドン界隈で心臓の形が如何に正しく形作られるかに興味を持って研究している人が集まり、情報交換したりして皆でロンドンでの研究を盛り上げようと20~30人くらいの集まりだったのが、この3年で参加者が100人近くに成り、英国全域から人が集まってくれる様になって、年々大きくなっています。

僕は発表しませんでしたが、前からお話してみたかったこの分野では有名な(もはや大御所の風格が漂い始めた)女性研究者のNadia Rosenthalさんと歓談できて、ちょっと収穫でした。
偶然にも、米国のDuke University Medical CenterにいらっしゃるJohn KlingensmithさんがサバティカルでICHに滞在中で、この研究会にも参加されていました。彼とも初対面だったのですが、彼のところには僕の日本でのお師匠H教授のラボから僕の後輩がつい2年程前までポスドクとして留学していたこともあって、話が盛り上がって楽しく過ごせました。世の中、広いようで狭いですね。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/07/20(火) 19:50:49|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

在英日本人研究者達

R0015423.jpg
GRD2 ISO80 f3.5 1/160s
今日は時々晴れ間が覗きましたが、午後からは時折激しく降る雨模様の一日でした。
気温は比較的高かった様に思います。

昨晩は、学術振興機構のロンドン研究連絡センター が主催する、在英日本人研究者会議に出席して来ました。
この会議は、英国の地で第一線で研究している研究者達、それも研究室の主催者からポスドク、英国で大学院に進学した者まで、幅広い人材をあつめて、以下は僕個人の受けた感想なのですが、(1)英国の研究環境の情報を交換し、日本と比較した上で良い部分・悪い部分を見極めて、日本における科学行政に反映させる、(2)英国において活躍中の日本人同士の相互交流を図り、お互いが一戦で活躍出来るために情報の交換の場を設ける、と言うのが主要な目的と感じられました。

会議の中で、University College London(世界の大学ランキングでは常に一桁の超一流大学。ちなみに東京大学は近年20位以内に入れない状態が続いています)で生命科学領域の教授(すげ~!)をされているO先生から、近年の日本人研究者の海外指向の傾向についての公演があり、ここ10年程、若者は海外留学したがらずに内向き思考で、海外で研鑽を積もうと考える人はほとんどいないらしい、という統計的データに皆さん、危機感を募らせました。というのも、研究の中身自体は、日本の一流ラボと欧米とで大きな差は無いと僕は思いますが、(1)どうしても英語の論文を書き、英語でプレゼンをしないと世界と対峙できないのに、日本にいたらいつまでたってもこの技術が磨かれず、結果的に世界と戦える研究者にはなり得ない、(2)勝つためには、敵の生活・文化などの背景も知ることは有益である、(3)交渉ごとの技術の習得(日本独特の慣習ややり方は、世界標準ではない)、(4)直接対面で対話するからこそ、広い研究上のネットワークを築く事が出来、お互いに助け合える間柄になれる、など世界と対等にやって行くためにやはり1年以上の海外滞在における研究活動から得られる物は、計り知れないくらい大きいと感じるからです。逆に、僕も含め、今僕の周囲にいる人たちの様に、海外で道が開ければ、別に活動の場は日本に限るなんて事は考えていない人たちは、絶滅危惧種なのかもしれません。

確かに、海外に出る事はとても大きく環境を変えることになるので、研究者本人にとってもその家族にとっても、大きな痛みを伴う事は否めませんし、我が家もとても苦労しました(今でも苦労の連続です)。しかしながら、研究者としてやって行くからには、常に変革は要求される事なので、これを乗り越えられない人は、ハナから世界と対等に渡り歩く事は無理と思われます。となると、若手がそういう状況と言う事は、日本の科学技術にとって、あまり未来は明るくない気がします。

一方で、現在日本で行われている「仕分け」において、科学研究ヘの予算が大きく削られる事になりそうだと言う現政権の行っている方針には、クビをかしげる意見が在英の日本人研究者達の間には多かったと思います(まあ、自民党政権下の科学技術行政にも、諸手を上げて賛成とは言いませんが)。蛇足ですが、日本の研究予算が大きく削減されようとも、英国にいる我々には何の影響もありません。なぜなら、日本の研究予算は、海外にいる日本人研究者の研究資金には基本的に一円たりとも使用されていないからです(国内の研究に限って支給されている、まあ、当たり前の事かもしれませんが)。純粋に、僕たちは日本の科学技術の行く末を心配している訳です。そもそも、基礎科学研究は、先進国では「国家的重要事項の戦略」であって、科学研究に大きくファンドして行く事は、いわば「国防」なのですが、この観点が今の日本の政府・政治家・多くの官僚、そして国民の中に希薄な気がします。もっとも、これは人のせいばかりには出来ない側面も大きくて、科学者自身が自ら自分たちの仕事の社会的意義をこれまで積極的にわかりやすい言葉で発信してこなかった事も問題で自業自得との考え方も出来ます。研究費を削るのはけしからんからもっとよこせと言った所で、逆に反感を買うだけでしょう。好転させるためには、我々研究屋が科学の重要性をもっと一般に理解してもらうための努力をして行かないと、いけないと思います。自分の親が、研究している自分を見て、ある意味「道楽」を仕事にして生活していると考えるに近い発想しか出来ないようでは、さもありなんでしょう(つねに、「いつまでもふらふらせずに、早く医者に戻れ」といったニュアンスが、そうはっきりとは言わないまでも、自分の親からも感じられるのです)。

国民全体が、研究を「道楽」としか考えることが出来ずに、これに多くの血税を費やすのはけしからん、もっと短期的に目に見えて効果のある物にファンドせよと言う意見が多数ならば、それも致し方ない事かもしれません。しかしながら、一部の生命科学領域では日本は既に中国には太刀打ちできない状況に陥りつつありますし、シンガポールにも国策としてスタンフォード大学(米国の超一流大学)の分校が出来て世界中から名のある研究者が集まりつつありますから、今の状況のままだと、おそらく早晩、生命科学では欧米の先進国はおろか、国策として断固として科学技術研究を推進している中国、台湾、インド、シンガポールといったアジアの国々にも全く太刀打ちできなくなるでしょう。今の日本の「科学技術は世界に誇れる」状況は、国家的な戦略で維持する努力を怠ると、もうそんなに長続きしないかもしれないのです。資源の無い科学技術立国がその地位を失った結果は、寂しい物になると僕は思うのです。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/11/21(土) 23:25:01|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

先延ばしにしない習慣

R0013639.jpg
GRD2 ISO100 f5.6 1/640s
今日は昨日とうってかわってぐずついた天気でした。週末は良く晴れる様です。
先週までは最高気温は連日20℃前後あったのが、今週になって16℃前後と急に上がらなくなりました。
もう夕方の6時半には暗くなって来てしまいます。

今日は、仕事の予定を入れすぎました。おかげでばたばたしていて、あまりゆっくりと書く時間がありません。研究活動に関しては、かなりの部分は自分で計画を立てて仕事の予定を入れるのですが、自分に甘えていると物事が延び延びになって遅れが出ます。その遅れが積み重なると、遅れが2~3日のつもりが週単位となり、やがて月単位や年単位になってしまいます。研究活動は、「競争」でもあるので、それでは世界と戦えません。ですから、自分で立てた予定は歯を食いしばって極力完了させるように心がけています。これは、日本で大学院生の時からずっとお世話になって来た元ボスから学んだ仕事の進め方です。今日済ませてしまえる事は、必ず済ませてしまうという態度を貫いている限りは、方法論が少々古くて時間がかかるものであっても、競争に負ける事は滅多にないのです。これは僕が今まで体験した事に基づく実感です。僕のお師匠さん(お世話になった教授)が、研究の競争で競り負けたのを、今まで一度も見たことが無いのです。「明日すればえ~かな」ではダメなのです。

今日の写真もPicnikのサイトを使って、昨日と同じように、まずLOMOチックに周辺光量落ちを伴うゆるい画像に変換し、次いでクロスプロセス処理をしました。それをPhotoshop上でlevel調整で好みの露出に調整後、諧調にギャップがあったのでノイズを足してギャップを埋め、アンシャープマスクを隠し味程度に加えました。

GR BLOG トラックバック企画「レタッチ」に参加

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/10/09(金) 19:14:24|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ラスカー賞

R0014680.jpg
GRD2 ISO100 f5.6 1/400s
今日は朝は清々しい秋の晴れ空と言った感じでしたが、一日はやや雲が多い日だったように感じました。

週末のプレミアリーグは、ArsenalがMan cityに負け、4強のうちただ一つ負けたチームでしたので、下位に転落してしまいました。昨日は息子を連れて近所の公園にサッカーボールを蹴りに行きましたが、そこで上の娘のクラスメイトのE君(7歳、英国人)がいて、息子がサッカーシューズを履いてボールを持っていたモノだから、サッカー好きの彼の方から寄って来て、少しばかりサッカー談義を。どこのサポーターかと彼が僕に聞くので、Arsenalを応援していると言ったら、ブーイングされました(笑)。彼はChelseaのサポーターだそうです。なんか、阪神フアンに立ち居振る舞いが似ているのに共感。F1はBrawn GPのワン・ツー・フィニッシュでしたが、最後の周回で3位につけていたHamiltonはまさかのスピンによるリタイアで、勝負事は最後の最後まで判らないです。

なんと言っても今日の話題は、米国のLasker Foundation(ラスカー財団)がタイトルにも書いた本年度のAlbert Lasker Basic Medical Research Award(いわゆるラスカー賞)を、Cambridge大のJohn Gurdon先生と、京大の山中伸弥先生に授与すると言うニュースにつきます。
http://www.laskerfoundation.org/awards/2009_b_description.htm
ラスカーを取った人はノーベル賞をもらう確率が非常に高いので、山中先生も現実味が出て来ました。それにしても、いつかはもらうだろうなとは思っていましたが、こんなに早いとは。米国でiPS細胞の仕事がいかに注目されているか(それだけ今手を出している研究者が多いか)の現れなのかもしれません。細胞周期の仕事では、増井禎夫先生がラスカーをもらっていながらノーベル賞はもらえませんでしたから、何年先になるかはわかりませんが今度は期待しても良いかもしれませんね。
John Gurdon先生を少し紹介しておくと、博士はカエルの卵の核を取り除いたあとに体細胞の核を移植し発生させるという、クローン動物作成の基盤を確立した方で、英国では女王陛下からすでにsirの称号を与えられ、Cambridge大にはご自身のお名前を冠したGurdon Instituteという研究所まである、体細胞の再プログラミングの研究では大変に高名で高い名声を勝ち得ている方です。いままでラスカーをもらっていなかったことの方がむしろ不思議なくらい。75歳ですが未だ現役研究者でGurdon Instituteにラボを構えておられます。う~ん、学術的な話は長くなるので書きませんが、こういういかにも英国人らしい研究スタイルには憧れてしまいます。つい2ヶ月ほど前に、今の研究室で僕に順番がまわって来た論文抄読会で体細胞の再プログラミングをテーマに選び、もちろんGurdon先生の仕事も簡単にですがラボのメンバーには紹介済みでしたので(今いる研究室には、こういった発生生物学的知識を持つ人が少ないので)、実にタイムリーで、皆が「ああ、あの仕事のGurdon先生ね」とすぐにピンと来たようです。Gurdon Instituteには、生殖細胞の発生の研究で有名なAzim Surani先生もいるんですよね。すごいです。もしノーベル医学生理学賞が本当に授与されるなら、Gurdon博士が高齢ですから(死亡するともらえない)、もしかするとものすごく近い将来(まさかこの10月に.....、なんて)になるかもしれませんね。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/09/14(月) 19:24:08|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

日本の生命科学研究の行く末

R0010478.jpg
GRD2 ISO80 f4.7 1/320s
今日は、晴れ間が覗いたと思えば曇ったりにわか雨が降ったりと、いかにもロンドンらしい天気です。週末は、土日ともとてもよい天気で気持ちの良い週末でした。金曜日から週明けに至るまで、仕事だけじゃなくて、日本からのお客さんも相次いで、忙しくてブログの更新すらままなりませんでした。

まずは金曜日の夜に、日本にいた研究室の大学院生2名が、昨日の日曜日からエジンバラで開催される国際発生生物学会に参加するために英国にやって来ました。金曜日の夜に我が家に一晩泊まったあと、当初は2晩泊めて欲しいと言っていましたが、一日早くエジンバラ入りする事にしたため(学会の開催で、エジンバラに向かう交通手段の混雑が予想されるため)、土曜日の昼過ぎにKingscross駅からNational Railにて旅立って行きました。実り多い学会になる事をお祈りします。宿泊料としてキューピーマヨネーズを約束通り持って来てくれたため(英国のマヨネーズは味が薄くて美味しくありません。キューピーマヨネーズは日本食材店で買えますが、日本で300円も出せば買えるものが、5ポンド以上します。約千円くらいですか)、妻は大喜びでした。

この学会には、僕の元ボスが招待講演をするために招かれているので、学会ついでにロンドンに寄って行って欲しいと打診していたのですが、学会前はとある学術雑誌の編集会議で忙しく、終了後は奥様の強いご希望で欧州のロンドンではない別の町に足を伸ばすことになってらっしゃるそうで、またの機会に立ち寄ってくださるとの連絡を受けました。ちょっと残念でした。

日曜日は、ケンブリッジで開催されていた別の学会に参加されていた小児科の先輩医師K先生(といっても、この方も僕と同じく「グレて」しまってお医者さんは辞めてしまい、基礎医学の研究者になってしまったのですが)が、帰国前に是非顔を見たいと、寄って行ってくださいました。朝方、街中でピックアップしたあと、研究室をご案内して、同僚の小児科医T先生のご家族と僕の家族と合流して、K先生をヒースロー空港にお送りする前に、空港から車で20分ほどのところにある、以前にこのブログで紹介した美味しくて雰囲気の良いお気に入りのパブにちょっと遅めのお昼ごはんを食べに行きました。
http://ukresearchlife.blog17.fc2.com/blog-date-20080920.html

K先生とのお話の中身は、最近のお互いの近況や研究面で興味のある事、僕の古巣の小児科の最近の状況、昔お世話になった(もう退官されている)O小児科名誉教授の近況など多岐に渡りました。中でもひときわ花が咲いた話題が、政権交代のどさくさに麻生政権が行った最先端研究開発支援プログラムの「中心研究者及び研究課題」の決定についてでした。
http://www8.cao.go.jp/cstp/sentan/kekka.html
これは政府主導で一つの研究プロジェクトに30億円を配分する(30件の採択で総額2700億円)というもので、文科省の科学研究費補助金や科学技術振興機構の競争的研究資金(CRESTやさきがけ)とは異なり、審査過程から透明性を確保した画期的なものだと言うふれこみでした。採択課題が先日発表になったのですが、工学系など分野外のものは門外漢なので判断しかねますが、生命科学領域に関しては、正直「がっかり」しました。すでにかなり多くの研究資金が以前から投入されている研究室ばかりで新鮮みが無いだけじゃなくて、失礼ながら中には過去の業績のオリジナリティを世界的規模で考えたときに、「何でこの研究室が?」と思うものも(いや、提案された研究計画がひょっとするとすばらしいものなのかもしれませんけど、詳しい中身は見れません)。柳田充弘先生のブログに拠ると、採択課題の半数以上3分の1(9月8日、訂正)が「東京大学」なのだそうで、民主党が白紙撤回もあり得ると言っていますが、僕も「白紙にしてやり直したら?」と思った次第です。少なくとも、これだけの税金に基づく資金を一つの研究室や、共同研究としてタッグを組んだ複数の研究室に使わせるならば、1. 落選した課題について、それはどこの研究室の提案したもので、何が足らなかったから採択されなかったのか?、2. 採択された研究提案の概略(詳細は模倣される恐れがあるので、知的コンテンツの保護の観点から出せないと思いますが)と、審査の過程で何が他の採択課題よりも優れていてポジティブに捉えられて採択されたのか?の2点は、少なくとも政府は国民にきちんと説明する義務があると思います。

柳田先生もブログに書いておられますが、すでにかなり潤っている研究室が「さらに潤う」ような仕組み(ある意味、いろんなところで見ることの出来る既得権益に近い)、即ち、できあがった格差が益々大きく広がるような科学技術政策がまかり通って行くようでは、日本の科学技術に将来は無い気がします。なぜなら、今現在、あまりスポットライトを浴びていない(日の目を見ていない)分野に、金鉱が眠っているかもしれないのです。科学とはそういうものだと思います。一見、何の役に立たつのか判らない内容が、10年後、20年後に大化けしたりするのです。海外でポジションをとっている日本人の生命科学領域の研究者達は、今回のこの採択内容を見て、「日本の研究環境がすばらしいから是非に日本に帰りたい」と思う人は誰もいないと思います。少なくとも、ぼくはがっかりしましたし、英国の方が研究資金の獲得に関してずっとフェアで恵まれた環境にあると思いました。海外でも一点集中しているラボはもちろんあるのですが、日本よりも間口が広くきちんとファンドされているように見えますし、日本のような極端な研究費配分の偏りは見られません。オックスフォードやケンブリッジに大半の研究資金が集中するような事態にはなっていないのです。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/09/07(月) 17:00:32|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード